【インタビュー】NOSAWA論外からの挑発に正体不明のマスクマン・獅龍が反論!「本場ルチャ・リブレルールでの開催を要求する」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月8日(水)に開催される武藤敬司プロデュース『PRO-WRESTLING MASTERS』東京・後楽園ホールは“達人集結”と言うコンセプトが打ち出されている中、“ルチャマスター競演!”と銘打たれ「ウルティモ・ドラゴン&獅龍&アンディ・ウーvsNOSAWA論外&MAZADA&ディック東郷」の一戦がラインナップされた。
 そして前回NOSAWA論外が取材で発した「後楽園ホールをアレナ・メヒコにする。そして全員のマスクを剥いで“達人”としての俺の腕を見せる。」と発言した事に獅龍が嚙みついた。

――2月8日後楽園ホールで開催される「PRO-WRESTLING MASTERS」にて“ルチャマスター競演!”と題し、そうそうたる“ルチャの達人”による試合が組まれましたが率直に如何でしょうか?
「ウルティモ・ドラゴン選手、アンディ・ウー選手と組める事を素直に嬉しく思っています。そして、相手にマスター(達人)に相応しいNOSAWA選手、MAZADA選手、ディック東郷選手がいるのも光栄です」

――ただ、NOSAWA論外選手が「3人のマスクを剥いだ上で勝つ」と言っていましたが?
「そうなんですね。では僕はNOSAWA選手に「その剥いだマスクをどうするのか?」と問いたい。目的は何なのか?単に私達の素顔を世間にさらしたいのか?ウルティモさん、アンディさん、私の輝いているマスクが欲しいのか?なぜマスクを狙うのか?その真意を聞きたいですね。正攻法で勝ちに来いと伝えて下さい」

――さらにNOSAWA論外選手は“本場のルチャ・リブレを見せる!”と強気でしたが?
「この6人がリングに上がったら間違いなく本場のルチャ・リブレの空間が出来上がるでしょう。では、私から本場ルチャ・リブレルールでのタッグマッチ開催を提案します」

――本場ルチャ・リブレルールと言うと?
「通常のプロレスルールの試合はタッチをしないと選手の交代が認められませんが、ルチャ・リブレでは試合権利のある選手がリング外に出た瞬間にノータッチで交代出来るルールなんですよ。この試合をそのルチャ・リブレルールでの開催を僕から要求します」

――そして、対戦相手の中にディック東郷選手がいますが?
「ディック東郷さんとは東京インターコンチネンタルタッグ王座を持っているんですよ。昔、東郷さんには付きっ切りで指導して頂きましたし、僕の“師匠”と言える選手ですね。“達人”として同じ空間にいれる事は率直に感慨深いですよ。ただ、今回は敵という認識です」

――パートナーのウルティモ・ドラゴン選手、アンディ・ウー選手に関してもお伺いしたいのですが?
獅龍「ウルティモさんは本当に達人ですよね。そして僕にとっては命の恩人なんですよ。アンディさんはメキシコの動きと中国武術の融合ですよね。それはこの濃いメンバーの中に入っても消えない個性だと思います。そんな2人がパートナーと言うのは本当に心強いですよ」

――では最後に後楽園ホールに観に来られるお客様に一言お願い致します。
「ここでしか味わう事が出来ない空間が“MASTERS”にあると思います。その中で僕達の世界がどれだけ輝くのか?この6人にしか魅せれない世界を味わって欲しいですね」

 急遽取材に応じた正体不明のマスクマン・獅龍は「光栄です」と出場に関して語ったもののNOSAWA論外の発言に話が及ぶと表情が一変。マスク剥ぎ宣言に対し「正攻法で勝ちに来い」と怒りを露わにした。
 そして「後楽園をアレナ・メヒコの雰囲気に変える」と語ったNOSAWA論外に対し「本場ルチャ・リブレルールでの開催を要求する」と一歩も引かぬ構えを見せた。
 この2人のやり取りを伝え聞いた大会プロデューサー・武藤敬司は実行員会と各選手へ確認を取り「ルチャ・リブレルールでの開催」の検討に入るという。華々しい雰囲気の“ルチャマスター競演!”と銘打たれた同一戦が風雲急を告げてきた!

『PRO-WRESTLING MASTERS』
日時:2017年2月8日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼ルチャマスター競演! スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
ウルティモ・ドラゴン(フリー)/獅龍(WRESTLE-1)/アンディ・ウー(WRESTLE-1)
vs
NOSAWA論外(東京愚連隊)/MAZADA(東京愚連隊)/ディック東郷(NVP)

▼メインイベント プロレスリング マスターズ集結!甦る平成維震軍 スペシャル8人タッグマッチ 60分1本勝負
武藤敬司(WRESTLE-1)/長州力(リキプロ)/藤波辰爾(ドラディション)/獣神サンダー・ライガー(新日本)
vs
越中詩郎(フリー)/ザ・グレート・カブキ(フリー)/AKIRA(フリー)/齋藤彰俊(NOAH)

▼恐れを知らないWILD MASTER 襲来!スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
高山善廣(フリー)/佐野巧真(フリー)
vs
大森隆男(全日本)/征矢学(WRESTLE-1)

▼GREAT GRAND MASTER 降臨!スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
藤原喜明(藤原組)/芦野祥太郎(WRESTLE-1)
vs
グレート小鹿(大日本)/熊ゴロー(WRESTLE-1)

▼STRONG MASTERS スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
高岩竜一(フリー)
vs
稲葉大樹(WRESTLE-1)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る