3年半ぶりに全日本プロレスに帰還した田中稔がジュニアリーグ優勝宣言!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月3日、後楽園ホールにて開催された『2017 ニューイヤーウォーズ』。1月2日の大会で3年半ぶりに全日本プロレスに帰還した田中稔が、3日にも連続出場。さらに2月17日後楽園ホール大会から開催されるジュニアヘビー級のリーグ戦『Jr.BATTLE OF GLORY』への参戦も発表された。

参戦選手は
【Aブロック】青木篤志、岩本煌史、竹田誠志(フリー)、田中稔(フリー)、石井慧介(DDT/世界ジュニアヘビー級王者)
【Bブロック】中島洋平、青柳優馬、佐藤光留(パンクラスMISSION)、田村和宏(HEAT-UP)、丸山敦(フリー)
となる。

 これを聞いた田中稔は「3年半ぶりに古巣に帰ってきて、メンバーも全然違うからあまり懐かしいという感じもしないのかなぁって思った。いざリングに上がって全日本のマークを見たらなつかしいなって…帰ってこないと思ってたけどよかったです。リーグ戦は全日本時代に4回出てるんですけど、新日本のスーパージュニアの決勝は何回も行ったんですけどどんだけ調子のいい時に出ても決勝すら出ていないんですよ。魔物が住みまくっている印象があるんで、いい機会なんでそれを克服して、克服したら間違いなく優勝なんで。打倒魔物!俺が絶対優勝します!」と優勝宣言を行った。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る