【試合結果】12・18 JWP両国大会 コマンドボリショイ vs中島安里紗 【JWP認定タッグ】中森華子&木村響子vsDASH・チサコ&木村花

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『FLY high in the 25th anniversary』
日程:12月18日(日)
会場:両国・KFCホール
開始:13:00
観衆:210人

▼タッグマッチ 20分1本勝負
●KAZUKI/ライディーン鋼
12分53秒 クラッチ・デ・WANTEDを切り返す→片エビ固め
○Leon/つくし(アイスリボン)

▼ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い 20分1本勝負
○藤ヶ崎矢子
8分59秒 旋回式ダイビング・ボディプレス→片エビ固め
●あきば栞(フリー)

▼ラビット美兎引退ロード シングルマッチ 20分1本勝負
○ラビット美兎
9分54秒 ラビットスープレックス・ホールド
●カサンドラ宮城(仙女)

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
△コマンドボリショイ
時間切れ引き分け
△中島安里紗

▼JWP認定タッグ・デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
【王者組/全力バタンキュー】○中森華子/木村響子(フリー)
20分26秒 ダイビング・ギロチンドロップ→エビ固め
【挑戦者組/全力バタンキュー】●DASH・チサコ(仙女)/木村花(ACE)
※第48代JWP認定タッグならびに第21代デイリースポーツ認定女子タッグ王者組が2度目の防衛に成功

ラビット美兎の引退試合の相手がSareeeに変更!中島退団前最後のボリショイ戦は30分ドロー!

オープニング

20161218_jwp_op
後楽園を10日後に控えての両国KFC大会。試合前には3日前に亡くなったハーレー斉藤さんへの黙祷が行なわれ、腰の負傷により欠場中の勝愛実があいさつ。

勝愛実
「先日のJWP仙台大会で腰を負傷してしまいまして、本日の両国大会を欠場させて頂くこととなりました。精密検査の結果は黄色靭帯骨化症および椎間板ヘルニアとの診断を受けました。幸いにもどちらも軽度ということではあったんですけども、負傷時に起こりました両足マヒの後遺症の痛みは現在も続いている状態です。復帰時期につきましては腰の回復状況と、医師と会社とよく相談をした上でしっかりと決めていきたいと思っています。今は少し時間を頂いて…またこの場所に私は必ず戻ってきます。それまで待っていてくださったら嬉しいです(涙)」

ラビット美兎
「私の引退試合、本来は愛実だったけど…愛実の体のことを考え、今は治療に専念してもらいたい。だから引退試合、私はSareeeにお願いしました。愛実は復帰に向けて今はしっかり治療に専念してください。そして引退試合、セコンドに付いてね!(笑)」

第1試合

20161218_jwp_1a
『WANTED’14』KAZUKI&ライディーン鋼がLeon&つくしのハイスピードタッグと対戦。Leonを相手にクラッチ・デ・ガオーを逆に仕掛けるKAZUKIだが、これを切り返したLeonが3カウントを奪取する。

第2試合

20161218_jwp_2
 第2試合は藤ヶ崎矢子がダイビング・ボディープレスから旋回式の一撃につないであきば栞に快勝。
 「ビジュアルハント、2連勝しました~っ!!」と喜ぶ矢子に対し、栞は「後輩に勝って“勝ちました~!!”とか、どうなんですか? 後輩から2連勝して喜んでるだけじゃダメだと思うんですよね。後輩ばっか狙ってないで、先輩とやってみたらいかがですか?」と提案。
 矢子は「弱虫みたいに言われてなんかムカつきますよね。」と、12・25マーベラス新木場大会に出場することに触れ、「KAORUさんをハントしたいと思います! KAORUさんのブログとかでミッドブレスでスマイルトレーニングって言うけど…写真の時だけ可愛くしてどうすんですかね!?(客席に向かって)KAORUさんを成敗していいですか!?」と叫ぶ。続いて矢子はコマンドボリショイに対し、2日後に迫る夏すみれとのワンマッチ興行について、「夏と自分だけで体力持つと思いますか? GAMIさんとボリショイさんにもなんかしらルール考えるので、代理戦争してもらっていいですか? お互いの代表同士で対戦みたいな…」と提案。ボリショイはJWPのDVD10枚を売ることを条件として課すが、今回も休憩時間にはノルマをクリアしてしまった。

第3試合

20161218_jwp_3
 第3試合は12・4仙台大会ではタッグで対戦しているラビット美兎とカサンドラ宮城がシングル対決。切り札のラビット・スープレックスを決めた美兎が勝利し、不完全燃焼に終わってしまった仙台大会の借りを返した。

<試合後コメント>
ラビット美兎
「カサンドラ宮城は私の2~3年後輩なんですが、あいつやりますね(笑)。正直あそこまで来るとは思わなかったし、なんか悔しいですね。でも勝つことができたんで、何も言うことはないです」

――引退試合の相手・Sareeeについて
「本来、愛実が相手だったんですが、引退の時は同期に送り出してほしいと思ってたんで。同期のタッグマッチだったりとか、引退のカードを考えてたんですけれども…。愛実がダメだったらSareeeしかいないなって思ったんで、Sareeeに引退の相手をお願いしました」

――あと10日、残り数試合となったが
「正直、まだ実感がないんですけど…しっかり悔いのないように楽しんで、引退したいと思います」

第4試合

20161218_jwp_4
 セミファイナルはボリショイと中島安里紗が一騎打ち。序盤はグラウンドでのスリリングな攻防を見せると、裏の裏を読み合う切り返しの応酬。1月の両国大会に続いて今回も30分時間切れに終わった。マイクを持ったボリショイは、「わがまま娘の安里紗。本当にいつも私を悩ませてくれて、オマエにはずいぶん成長させてもらったよ。悔しいけど、安里紗が抜けて寂しくなる。でも、私たちは立ち止まるわけにいかないんだよ。25周年、さらにその上を胸を張って、女子プロレスナンバーワンの団体と言われるように。女子プロレスを背負っていくのはオマエじゃない。JWPだよ。もう1つ、私は安里紗との闘いが本当に好きだった。ありがとう」。
 中島は「本当に本当に…私がプロレスに関わってきた約8年間、今の私があるのはJWPがあったから。ボリショイさんがいてくれたからです。本当にありがとうございました。(会場から拍手)でも、この借りは絶対返してもらうからな! 今のところはな、まだ貸しといてやるよ。28日、JWPの無差別のベルトは私が巻いたまま、このリングを去りたいと思います! ありがとうございました」と返答。ボリショイは観客に向かって、「皆さん、見ての通りわがままな娘が旅立ちますが、JWPはこれからもさらなる高みを目指して頑張っていきます。道はそれぞれ分かれていきますが、これからも応援のほうよろしくお願いします!」と締めた。

第5試合

20161218_jwp_5
 メインイベントは中森華子&木村響子の持つ2冠タッグ王座にDASH・チサコ&木村花が挑戦する『全力バタンキュー』対決。中森&木村響子の合体式フェースクラッシャーから、中森がダイビング・ギロチンにつないでチサコをフォール。
 マイクを持った中森は「2度目の防衛成功したぞ! 木村響子の引退まであと35日…あと何回防衛できるかできないかの中で、全力バタンキュー同士で闘えたこと、本当に良かったです。最後まで命がけでこのベルト、守っていきたいと思います! そして28日後楽園大会、中島安里紗のベルトに挑戦します。絶対私が勝って3冠チャンピオンになって、新時代の幕開け…皆さんに見届けて頂きたいので応援よろしくお願いします!」とアピール。
 続いて木村響子は12・28後楽園でボリショイとのタッグ結成を訴えると、さらに「辞める前にちょっとやっとかないと気が済まないヤツがいます」とLeonとの対戦を要求。木村とのタッグを承諾したボリショイは、もう1人の対戦相手に里村明衣子の名を挙げた。

<試合後コメント>
中森華子
「防衛戦をあと何回できるかわからない中で、私が前からやりたかった全力バタンキュー同士の防衛戦ができて、私たちにしかできない闘いができたと思うので良かったです」

――相手の2人について。 
「全力でした、やっぱり。どっちも負けたくない相手だし。特にチサコはいつも…ライバルというか意識してしまう選手なので」

――次の防衛戦があるとしたら闘いたい相手は?
「います。私の中にはいるんですけど…とりあえず今日は防衛したし、今は28日の無差別のことを考えています。無差別のベルトを持ったまま退団とかありえないし…絶対止めなきゃいけないし、私が本当に勝たなきゃいけない試合。私は(入団してからの)5年間ずっと無差別のベルトを目指してやってきて10周年の節目だし、JWPを背負っていく選手としても中島安里紗だけには、もう負けられないので。新しい幕開けをお客さんにも中島安里紗にも見せつけたいと思います」

コマンドボリショイ
「JWPの中島安里紗としては最後なんで、決着つけられなかったのは本当に心残りなんですけども…。いま自分ができることは全部やったので、あとは中森にちゃんとベルトを…中島が持ち逃げするようなことがないようにしてもらいたいと思ってます」

――どのような気持ちで今日の試合に挑んだ?
「最終的には無心になって闘うことだと思って、自分は中島が退団することに対して手放しで喜ぶこともないし、かといって中島の人生の選択にとやかく言う筋合いはないと思うので。JWPで夢を見てきた仲間としては悲しいですけども、でも出ていく中島のことをあれやこれや言ったり、気にかけてるほど私は悠長にはしていられないので。もう先を見てやっていくしかないので、あーだこーだ考えてもリングに上がれば“これが最後の試合だ”とかそういうのではなくて、いちレスラーとしてコマンドボリショイvs中島安里紗の生身の人間として闘おうと思いました。そこでまた新たな感情が生まれたりするものじゃないかなと思って。本当に何も飾らないコマンドボリショイで闘おうと思ってリングに上がりました」

――試合後に気持ちは変わった?
「変わったというか、負けたくない気持ちは中島安里紗が“女子プロ界を背負っていく”みたいな発言をしてるけども、“なに言ってるんだよ、背負っていくのはJWPだよ”…そこは変わらないで。ただあの子はいつも軽々しく口にする子じゃないし、ちゃんと考えて考えてモノを言う子なので、それなりの考えはあると思うし。そこはもう今までの付き合いの中でちゃんと認めてるとこだし。これからは女子プロレスといえば中島安里紗なのか、JWPなのか? 中島とJWPの闘いにもなってくると思うので。いつか“JWPに上がりたい!”と言わせてやりたいと思います」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る