WRESTLE-1の若手が新世代軍『NEWERA』を結成!新たな風を起こす『Novus』は・・・?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 WRESTLE-1の若手軍として世代間闘争を続けていた稲葉大樹、アンディ・ウー、児玉裕輔、黒潮“イケメン”二郎、藤村康平が新連合名「NEWERA」(ニューエラ)として活動していくことを発表した。なお同チームには諸事情により欠席となった吉岡世起、全日本プロレスに参戦中の土肥孝司、熊ゴローも参加する事も発表された。
 かつて“新しい”波・“新しい”風を起こすユニット『Novus』が児玉裕輔、土肥孝司、黒潮"イケメン"二郎、藤原ライオンで結成されていたが果たして・・・

稲葉大樹
「この度、僕たち若手でWRESTLE-1を引っ張っていくと言っていましたが、若手若手というのではなく、ユニットとはちょっと違うんですけど名前を決めました。その名前が「NEWERA」(ニューエラ)意味としては“新世代”。という事で僕たち若い世代で次回の12月9日の後楽園、全部タイトルマッチが僕たちNEWERAとベテラン。今年最後の後楽園で僕たちNEW ERAが総獲りしてまた来年へ向け、より一層活躍していきたいと思います」

――NEWERAという名前についてはどのような意味があって名付けたのでしょうか?
稲葉「僕たちで引っ張っていくという事で、新世代のカッコいい名前」
アンディ「新世代を翻訳辞書で調べてましたよ」
稲葉「そしたらNEWERAという単語が出てきまして。まぁユニットとは違うので、個人個人でも土肥さん、熊ゴローが全日本に出てますけどそういうのも全然いいし、イケメンも全日本でベルトを獲った。NEWERAは自分たちの好きに動いていいしそんなカタいくくりはありません。僕たちで盛り上げていくという事が大事ですね」

――では一人づつNEW ERAについてお願いします
児玉「そうですね、まぁNEWERAという名前、Tシャツもできて一つわかりやすい形にはなったのかと思うので。まぁ別にこれができたからって訳じゃないですけど、自分もMAZADAとのタイトルマッチが控えているので。このNEWERAとして勢いをつけていきたいと思います」
アンディ「早いとこベテラン軍を黙らせて、僕たちNEWERAだけで熱い試合をして新しい時代を作っていきたいです」
イケメン「皆さんNEWERA、NEWERAと言いますけど…まぁ僕はこの中で一番信用がないんで、みんなからの。だからこの名前を決めるっていう会議に全く呼ばれずNEWERAという名前になったんですけど…いいお名前で。ある人は言いました!タンクトップから乳輪がエラーしている、ハミ出ている、エラーしている事をニューエラだと!そのニューエラではないんだね?」
稲葉「そういう事言うから会議に呼ばれないんだよ」
イケメン「まぁ上の奴らは言うんですよ、仲良しこよしでやってんじゃねぇって。まぁ仲良しこよしでやっているわけじゃないんですけど、もしかしたら俺達もっと仲良しこよしでやっていった方がいいかもしれないですね。仲良しこよしでやって、てっぺん獲れたらそりゃそっちの方が格好いいですよ。やってやるよ」
児玉「とりあえず会議呼んでって事?」
イケメン「そういう事。やってやるからな、みてろよ?」
藤村「ここにいるみんなはチャンピオンですので、僕も早くベルト獲れるように頑張ります。今学院生と試合してますけど、後楽園ホールで僕が勝ってもっと上の先輩たちと戦っていきたいです」
イケメン「お前でも学院生に結構負けてるよな」
藤村「はい」
イケメン「お前次負けたら坊主にするくらいの覚悟でいけよ。負けたら坊主な?」
藤村「…以上です」

――2017年に向けてのどのような目標を掲げて行動していくのでしょうか?
稲葉「全体としては今度の後楽園でベルトを全部NEWERAが獲るので、無差別もUWAもクルーザーもタッグもNEWERAの中で回していく。まぁ上の人たちには休んでもらうというか、ゆっくり見ていてもらいますよ」

――では12.9後楽園ホール大会にて各選手とも王座戦があるとは思いますが、それぞれの王座戦に向けて一言づつお願いいたします
稲葉「UWAに関しては近藤選手がいろいろ言っていますけど僕は何も。まぁ向こうはキレているみたいですけど普通に試合をしてキチンと防衛して。ベルトを持って来年をUWAのチャンピオンとして迎えます」
アンディ「勢いはこっちにあるので、全然負ける気がしないですね」
稲葉「あと吉岡さんどこ行ったんですか…?NEWERA、一応吉岡さんも入っているんだけどな…」
児玉「電話してみます?」
稲葉「いやさっき出なかったんですよ」
児玉「そうですか。まぁ自分はさっきもちょろっと喋ったんですけど、次はMAZADAとのタイトルマッチ。前回カズ・ハヤシから防衛して自分の中ではスゴイ自信にもなったしハッキリとチャンピオンとしてドンドン勢いがついてるなと感じているので、MAZADAにもしっかり勝って2016年をしっかりいい形で締めくくりたいと思います」
イケメン「イケメンです。そうですね、WRESTLE-1を変える変えるって言ってたんですけど、なんか規模がちっちゃいなって思いだして。WRESTLE-1を変えるという発言…もちろん大事ですけど、勝ってプロレス界を変える気持ちで行きたいですね。プロレス界を変える気持ちで行けばWRESTLE-1を変えるのはただの途中経過なので、たぶん簡単にできるんじゃないかと思います。だから俺の今の目標は“プロレス界を俺が変える”フィニッシュ」

 若手軍として団結し共に戦った選手たちが、12.9後楽園ホール大会での4王座戦に向け、気持ちを新たにするために「NEWERA」を結成した。NEWERAとは新時代を意味する。果たしてこの言葉通りに若き選手たちはWRESTLE-1の新時代を切り開くことができるのであろうか。12月9日、年内最後の後楽園ホールは新時代の幕開けとなるのかもしれない。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 SHINING WINTER』
日程:2016年12月9日(金)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
藤村康平
vs
伊藤貴則(ACE)

▼第2試合 芦野祥太郎復帰戦 タッグマッチ 30分1本勝負
芦野祥太郎/“brother”YASSHI(フリー)
vs
村瀬広樹/三富政行(愛媛プロレス)

▼第3試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】稲葉大樹/アンディ・ウー/吉岡世起
vs
【挑戦者】近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
※第51代王者組は4度目の防衛戦

▼第4試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第5代王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】MAZADA(東京愚連隊)
※第5代王者は4度目の防衛戦

▼第5試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司/KAI/鷹木信悟(DRAGON GATE)
vs
征矢学/火野裕士(フリー)/KAZMA SAKAMOTO(フリー)

▼第6試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組】土肥孝司/熊ゴロー
※第7代王者組は2度目の防衛戦

▼メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第10代王者は初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×