12・23新木場で星ハム子vs小橋太っ太vs趙雲子龍vsヤマダマンポンドvsガロガベイダーによる王者決定戦が開催!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2016年2月に突如始まった「おはようBKF」。朝から繰り広げられる「カオスなプロレス」は一部のマニアに絶賛され、根強いファンに支えられている。そして年も押し迫った12月23日、「おはようBKF2016」の集大成が行われる。それが「おはようBKF 年忘れスペシャル」である。

 今回の目玉は何といってもBKF無差別級選手権である。王者ラ・マルクリアーダのタイトル返上により、5名の選手による5Wayマッチで第5代王者が決定する事となった。出場メンバーも実行委員会や前チャンピオンの推薦によって選ばれている強豪ぞろいである。
・ヤマダマンポンドwith反逆のポンドガールズ
・星ハム子(第4代選手権者)
・趙雲子龍(初代選手権者)
・小橋太っ太
・ガロガベイダー with SHOGUN”BK”FUKAMI

 初代王者の趙雲、第4代王者の星ハム子はここでベルトを奪還しておきたいところだ。小橋も西口プロレスの実力を示すチャンス、BKFのベルトに人一倍執念を燃やすヤマダマンポンドは必勝態勢を期すが、そのヤマダマンの王座奪取を阻止するためだけに送り込まれたガロガベイダーの動向も注目である。

 また、ヤマダマンポンドのセコンドであるポンドガールズ、ガロガベイダーにつくFUKAMIの超ド級のインパクトがさらに状況を混乱させることは間違いないだろう。どの選手もベルトを獲ったあかつきには、自団体での防衛戦を希望しており、まさに他団体に迷惑・・・影響を与える重要な一戦である。

 神田カレーマスクと宇宙銀河戦士アンドロスのシングルマッチも夢のカード。共にマジメに闘えば相当の実力者なのだが、BKFの磁場が二人を狂わせるのか、両選手ともBKFにおいては少々ユルめの闘いぶり。ならばそのユルめの闘いをする二人を闘わせてみたらどうなるのか?ユルさに拍車がかかるのか?それとも化学変化で名勝負になるのか?マジメにやれば名勝負になるのは間違いないのだが、果たして・・・・

 第0試合として組まれたのは太仁田ブ厚と蛾野正洋のシングルマッチ。しかも試合形式が電流爆破”風”マッチである。
 両者共、ご本家をリスペクトし、公認を貰っている”本物”のコピーレスラー。しかも過去東京ドームで行われたご本家同士の対決は引き分けに終わっており、この闘いに関しては両者ともリスペクトしているご本家の為にも絶対負けられないところである。
試合終了時、リングに生き残るのはどちらか?

 以上第0試合を含めた計3試合、12月23日の朝から行われる「全力疾走のエンターティンメント」を是非味わってほしい。

『おはようBKF年忘れスペシャル』
日程:12月23日(祝)
開始:10:30
会場:BumB東京スポーツ文化館 マルチスタジオB

▼第0試合 電流爆破”風”マッチ
蛾野正洋
vs
太仁田ブ厚

▼第1試合 年忘れスペシャルシングルマッチ
宇宙銀河戦士アンドロス
vs
神田カレーマスク

▼第弐試合メインイベント BKF無差別級選手権
ヤマダマンポンド with 反逆のポンドガールズ
vs
小橋太っ太
vs
趙雲子龍
vs
星ハム子
vs
ガロガベイダー with SHOGUN”BK”FUKAMI

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×