内藤哲也のパレハはオリジナル“ロス・インゴベルナブレス”ルーシュ!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、後楽園ホールにて行われた新日本プロレス『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WORLD TAG LEAGUE 2016』。
 メインイベントにて棚橋弘至&ジュース・ロビンソンvs内藤哲也&Xのカードが組まれており、Xが一体誰なのかに注目が集まっていた。

 銀仮面を被り現れた内藤のパレハは、本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュ!
 棚橋とジュースがダブルのコブラツイストや連携で押し込んでいくが、棚橋のハイフライフローを自爆させたルーシュドライバー。ジュースがナックルパートも内藤が延髄斬りからルーシュがトラースキック。内藤がリバースDDTからデスティーノを決め3カウント。オリジナルロスインゴでの初陣を勝利で飾った。

 内藤は「おい、棚橋、東京ドームであなたと対戦できることは俺はすごい楽しみだよ。でも!でも、東京ドーム大会は、一ヶ月以上も先だぜ?今は、ワールドタッグリーグをお互い楽しもうぜ。そう、まさに、トランキーロ!あっせんなよ!」と棚橋の顔面をルーシュとともに踏みつけ会場から大歓声を浴びた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る