【インタビュー】復帰が決定した芦野祥太郎が「上に行きたいんなら群れずに一人で噛みつけばいい」と独立独歩!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月9日(金)東京・後楽園ホール大会にて復帰が決定している芦野祥太郎に現在の心境を聞いた。欠場期間中に客観的にWRESTLE-1を観ていた芦野の今の心境とは一体どのようなものなのだろうか?

――12月9日の後楽園ホール大会で復帰戦が決定しましたが、今の心境を教えてください
芦野「時間がかかってしまったなって感じですね。…まぁ対戦相手が聞かされてないんで。そこを楽しみにしているんですけど、まだ聞いてないので何とも言えないですね」

――今まで欠場している間にWRESTLE-1のリング上は世代闘争が主軸となってきましたが、それについてはどのような見方をしていましたか?
芦野「…もっと若手の選手たちが奮起してくれるとは思ったんですけど…まぁ頑張っているとは思います」

――今はTriggeRというユニットに所属していますが、チームの仲間は河野選手と近藤選手、言ってみればベテラン側の選手です。その点、芦野選手は若手世代になりますが、今後の立ち位置などはどのように考えていますか?
芦野「あそこには入りたくないですね。何を目指しているのかが明確じゃないので。上に行きたいんなら別に群れずに一人で噛みつけばいい。TriggeRは別に上に行くために利用できると思ったから組んでるだけですし」

――欠場されたときの話に戻りますが、今年のWRESTLE-1 GRAND PRIX 2016の準決勝、決勝の前日にケガをされました。
芦野「そうですね。夜やりました、最終確認中に。最初はいけるなって思ったんですけど夜中の内に全く足が動かなくなりました」

――そんな状態でもリングには上がりました
芦野「はい。まぁあんな無様な恰好でリングに上がったのは本当に情けないですけど、上がることが大事だったと思っています。だからこそ征矢さんが相手してくれると思っていたんですよ、復帰戦。僕は征矢さんと復帰戦やりたかったんですよ。あの状態でも試合を受けてくれて潰してくれて…でも武藤さんと試合ですもんね。僕は誰とやるんですか?」

――そこはまだわかりませんね。では改めて復帰したら何を目指していこうとお考えですか?
芦野「もう僕は上に、WRESTLE-1で一番上に行くためにただひたすらに、ブレずにやるだけですね」

――なるほど。実際、後楽園ホール大会にて復帰の挨拶をされたときはお客さんからの歓声も非常に大きく、その期待感という物は強く感じられました
芦野「思った通りですかね。戦いを求めてるんですよ、リング上の。芦野なら戦ってくれんじゃねぇかってみんな思っているんじゃないですかね。…でも正直、予想以上に声援がありました。もうちょっとシーンとなるかとは思っていたんですけどね。前半戦であそこが一番盛り上がっちゃったからなぁ~。まぁそういう事ですよ、今のWRESTLE-1」

――わかりました。では最後は復帰に向けて、そしてその先に向けての意気込みをお願いいたします
芦野「まず、大事な時にケガをしてしまったのにここまでサポートしてくれた会社には本当に感謝してます。復帰戦については、誰が相手でも全力でぶつかりたいと思っております。…WRESTLE-1で一番上に僕は行きます」

 11月2日の後楽園ホール大会で復帰の挨拶を行った芦野へのお客さんの声援は非常に大きく、その期待感を感じずにはいられなかった。もともとWRESTLE-1の無差別級のベルトに挑戦し、結果として敗北したもののその直後のトーナメントでは準決勝まで勝ち上がっていた。まさに破竹の勢いで一気に頂点へ行くのか!?と思わせていた中でのアクシデント。お客さんも本人も全く予期せぬ形で頂点獲りの夢は破れた。だが芦野の心は折れていなかった。お客さんも芦野の戦いを忘れてはいなかった。今の戦いの主軸であるベテラン世代と若手世代の戦いに、この男は一体何を投じるのか。期待値No.1の男が万全以上の状態でリングに戻ってくる日が、ついにやってくる。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 SHINING WINTER』
日程:2016年12月9日(金)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第10代王者は初防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】MAZADA(東京愚連隊)
※第5代王者は4度目の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組】土肥孝司/熊ゴロー
※第7代王者組は2度目の防衛戦

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】稲葉大樹/アンディ・ウー/吉岡世起
vs
【挑戦者組】近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
※第51代王者組は4度目の防衛戦

▼スペシャル6人タッグマッチ
武藤敬司/KAI/鷹木信悟(DRAGON GATE)
vs
征矢学/火野裕士/KAZMA SAKAMOTO

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る