プロレスのマスクが文部科学大臣賞を受賞

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月30日から11月6日まで上野・東京都美術館 1階 第4展示場にて開催されている『第43回 MAF展』にて、プロレスのマスクが文部科学大臣賞を受賞した。

 『第43回 MAF展』は石破茂議員が名誉会長を務める映像・芸術・文化に関わる展覧会であり、VR元年と言われる今年は初の試みとして『デジタルとアートの融合』作品が公募され、VRやAR、3Dプリンター作品などが様々な形で集まった。

 このMAF展に、総合学園ヒューマンアカデミーで講師を勤める緋咲レイラさんが歌舞伎町プロレスとタッグを組みプロレスのマスクを作成。展示を行った所、見事文部科学大臣賞を受賞することとなった。

 緋咲さんは「2020年の東京オリンピックに向けてちょうど何か作りたいなと思っていた矢先にこのMAF展を知り、以前から興味があった3Dプリンターを使った作品で何か出来ないかなと考え、プロレスのマスクに戦隊モノで使われるような格好いい造形物を作りたいなと思い今回の作品に至りました。私はアパレル出身なんですけど、元々はギャルブランド出身で若い女の子向けのものから始めました。最近プロレスのグッズやアーティストさんのグッズなど制作する視野が広がってきましたので、何を頼まれても『カッコいいね』と言われるようなものを今後も作っていきたいなと思っております」とコメント。
 子供の頃より地元で大日本プロレスが行われておりプロレスには慣れ親しんでいた中で、最近は歌舞伎町プロレスのグッズ制作にも関わって居たこともあり今回のコラボレーションに至ったとのことだ。

 このマスクは歌舞伎町プロレスの代表を務める美月凛音の頭部を3Dスキャンし3Dプリンターにて造形されたということだが、そのマスクが賞を取った事に関して美月は「美月って名字があるので自分は三日月をイメージしてるんですけど、それと同じマークが入っていたので自分の分身みたいな思いがあり自分の事のように嬉しいですね。一緒に組ませていただいたヒューマンさんの方の活躍のほうが大きいと思いますが、すごくタッグを組ませてもらってありがたかったですし、本当にビックリした思いと感謝の思いがあります」とコメントした。

 歌舞伎町プロレスは11月15日(火)に新宿FACEにて一周年記念興行を目前としているが、このマスクはその興行にて展示もされる予定とのこと。

 このマスクは11月6日の12時まで東京都博物館にて展示されるが、他にも内閣総理大臣賞を受賞したハナエモリの天津憂さんによる3Dプリンターを使用したウェディング作品や、外務大臣賞を受賞したAZULやmoussyなどのブランドで有名なバロックジャパンリミテッドのVR作品、同じく外務大臣賞を受賞した岡山の倉敷天領デニム×国産VAPEリキッドメーカーMK Labによる作品、厚生労働大臣賞を受賞した大阪大学の石黒浩教授が制作したテレノイド×学校法人服部学園の作品なども同会場にて展示されている。
 東京都博物館では今話題の『ゴッホとゴーギャン展』も開催されており、プロレスを普段見ない層にはプロレスマスクは新たな刺激となっただろう。

作品名『Justice of the Hero』
総合学園ヒューマンアカデミー×歌舞伎町プロレス
展示期間:10月30日~11月6日(最終日は12時まで)

<受賞コメント>
美月凛音
――ご自身の顔の造形を3Dスキャンされ、その顔にあったマスクを3Dプリンターを用い作られたものがこういう形で賞をとったわけですが、今のお気持ちは率直にいかがでしょう?
「自分の分身みたいな思いがあるので自分の事のように嬉しいですね」

――実際マスクを見られてどうでした?
「カッコいいですね!美月って名字があるので、三日月をイメージしてるんですけど、コスチュームも三日月つけてますし。それと同じマークが入っていたので自分の分身というイメージが、試合しているイメージもすごく湧きます」

――オーバーマスクで悪の部分を表現しているとのことですが、自分の中で悪い部分ていうものはあるのでしょうか
「いやー、どうなんですかね(笑)結構ホストという仕事自体が、なんかこうちょっとアングラなイメージもあったりする反面、自分たちはエンターテイメントでありやっぱりその女性を楽しませたり癒せたりっていう気持ちでやってるので、すごく両方の目線があるのもあるので、そこを偶然ですけどなんか表現できたのかなという気がしますね」

――歌舞伎町プロレスの代表としては今回この話が来た時どう思われました?
「普通にビックリしました!僕がデザイナーなわけじゃなくモデルな形ですけど、どちらかと言うと一緒に組ませていただいたヒューマンさんの方の活躍のほうが大きいと思いますが、すごくタッグを組ませてもらってありがたかったですし、本当にビックリした思いと感謝の思いがありますね」

――ご自身の頭をスキャンされて作られたわけですが、このマスクを付けて試合をしてみたいという思いはありますか?
「してみたいですね是非!やってみたいです。オーバーマスクの方は硬いので試合では使えないですけど、つけて入場したらオーバーの方は取って試合はやってみたいですね」

――偶然にも、歌舞伎町プロレス一周年記念大会(11・15=新宿FACE)を直前にして受賞となりますが、大会自体の意気込みは
「そうですね、やっぱり1回目というのはご祝儀来客というのもあると思うので、2回目というのが僕ずっと野球やっていましたけどプロ野球の世界でも二年目のジンクスと言われるように二年目が問われると思うので、やはり今集客だけではなく内容、全てにおいて一回目に引けをとらないように、一回目以上のモノをお見せできるように頑張っていきたいと思います」

――このマスク自体は当日はどうされるのでしょう?
「どうなんですかね(笑)どうなんでしょう、ちょっとデザイナーさんと話してみます!闘う時は今回僕素顔というのは絶対だと思うので、せめて展示とかできればいいなとは考えています」

緋咲レイラさん
――ヒューマンアカデミーの先生がなぜプロレスのマスクを作ろうと思ったのでしょう?
「2020年の東京オリンピックに向けてちょうど何か作りたいなと思っていた矢先だったので、以前から興味があった3Dプリンターを使った作品で何か出来ないかなと思っていた所、プロレスのマスクに戦隊モノで使われるような格好いい造形物を作りたいなと思い今回の作品に至りました」

――プロレスに興味は以前からあったのでしょうか?
「私の地元には大日本プロレスがありまして、小さい頃からよくデスマッチみたいなものに慣れ親しんでいまして(笑)最近イケメンレスラーだったりだとか、ブシロードさんの新日本プロレスであるとか新しいかっこよさがあるなとここ2,3年ぐらい好きで趣味で見ていまして、その中でオーソドックスなプロレスマスクの良さとはまた違った(マスクを作る事に対して)素人の私だから作れるようなデザインを作ってみたいなと以前から思っていまして、今回ちょっと挑戦してみました」

――その中で何故歌舞伎町プロレスさんをパートナーに選ばれたのでしょう?
「歌舞伎町プロレスの方は、グッズのデザインなどで以前から何度かお付き合いしたことがありまして、三富政行選手のグッズも作らせてもらったりとか本業のグッズデザインでお世話になってたりしまして。旗揚げ興行の時にも受付のお手伝いさせていただいたりとかで親交がありお声掛けさせていただきました」

――この作品が賞を取ったという連絡があった時はどのようなお気持ちだったのでしょう
「いや、相当驚きましたね。私は元々10代の頃から変わり者だと思って生きてきまして(苦笑)傾いている変わり者の傾奇者だと思っていたんですけど、こうやって認めてもらえる賞が取れた事で格の高い傾奇者になれたかなと思いました(笑)」

――他の受賞者さんの作品はご覧になられました?
「はい、拝見させていただきました。いやー、やっぱり皆さんプロのクリエイターだなと思いました。ハナエモリさんであるとか、バロックジャパンリミテッドさんのVRを使った作品も拝見させていただいて、私も最近VRの技術のカメラもいじらせてもらって、三次元の自分の作品とコラボできないかなと思っていた矢先に、バロックジャパンリミテッドさんにああいう形で見せていただいたのですごく刺激になりました。個人的な趣味でははがいちようさんのジオラマ。ああいうものがすごく好きなので今日早めに来て1時間ぐらい眺めてしまいましたね」

――賞をとられて、今後デザインや作品などどのようにおこなっていかれますか?
「そうですね、グッズなどなどはすごく実用的なものを求められたりしますので、沢山自分の中に引き出しを作っておいてお客様に喜んでもらえるようなものをまず作りたいなと。私はアパレル出身なんですけど、元々はギャルブランド出身で若い女の子向けのものから始めたんですけど、最近プロレスのグッズだったりとかアーティストさんのグッズだったりとか視野が広がってきましたので、何を頼まれても『カッコいいね』と言われるようなものを作っていきたいなと日々思っております」

『歌舞伎町プロレス一周年記念興行~初志貫徹、傾け!~』
日程:2016年11月15日
会場:新宿FACE
開始:19:00

▼第一試合
藤田峰雄(フリー)
vs
YO-HEY(ダブプロレス/Fu-dojo)

▼第二試合
ゴージャス松野(DDT)
vs
菊タロー(アキバプロレス)

▼セミファイナル
田中稔(フリー)/谷嵜なおき(フリー)/進祐哉(FREEDOMS)
vs
中津良太(BASARA)/仲川翔大(ASUKA PROJECT)/寧々∞D.a.i(666)

▼メイン
美月凛音/三富政行(愛媛プロレス)
vs
カズ・ハヤシ(WRESTLE-1)/鈴木鼓太郎(フリー)

▼特別試合「MIKAMIデビュー20周年記念」
MIKAMI/タノムサク鳥羽(フリー)
vs
佐々木貴(FREESOMS)/GENTARO(FREEDOMS)

<協力>
歌舞伎町コンシェルジュ委員会/KABUKI TV/Night Tube/歌舞伎町ROMANCE

関連記事

サイト内検索

日別

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る