【インタビュー】11・2に王座に挑戦する河野が「勝ったらベルト封印か武藤敬司にリベンジマッチ」と明言

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11月2日(水)後楽園ホール大会にてWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦が決定している河野真幸に話を聞いた。なぜ今のタイミングで王座に挑戦表明したのか?またその意図とはどのようなものなのだろうか。

――11月2日の後楽園ホール大会でWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦することが決定しましたが、今までそこまで王座挑戦に向けて大きな行動はみせていませんでした。改めてなぜ稲葉選手が王者の時に挑戦を表明したのでしょうか?
河野「まぁ彼がまじめにプロレスをやる選手だから。リング上で客イジリとか一切せずに真っすぐプロレスだけをみせるチャンピオンだからね。そもそも俺はDESPERADOの時から稲葉に目をつけてたからね。入れようとしてたから。俺の見る目はあったんだよ」

――確かにチャンピオンまで上り詰めました
河野「だろ?見る目あったんだよ。しかも年間最大のビッグマッチって言われてるとこでね。さらに言えばピンチヒッターだよ。ピンチヒッターで出て一番オイシイところを持っていきやがった。でもそういうタイミング、そういう星の下にいたんだよ。いくら上手くても、いくら強くても肝心な所でケガして出られないっていうのはいるからね。でもそれはそいつの運、運も実力の内っていうけど、ダメな奴は本当に出てこれないからね。だからあいつには運があったし、実力もあったって事ですよ」

――実際に横浜文体のタイトルマッチ出場をかけて、河野さんと同じTriggeRの近藤選手を倒してベルト奪取まで至りました
河野「あの時は近藤さんもデータが無い状態だったからね。まさかこの時代に卍固めって。そりゃビックリするでしょ。まぁでもそのリベンジマッチでもあるから、同じチームとして。そもそも近藤さんがいかれた直後に俺とシングルマッチ組めって言っても全然会社組まないし」

――それは今回のように然るべきタイミングで、王座戦という舞台で組まれたという事に意味があるんだと思います
河野「ふーん、そうやってうまくオチをつけるのか(笑)まぁそうなのかな。でも別に俺はベルトなんかいらないんだよ。敵討ちだから」

――では先月の5対5のイリミネーションマッチを終えて、若手に対してはどう思われましたか?
河野「勝った、とだけ。…まぁどうですかね?彼らが“WRESTLE-1を引っ張っていきます”って言った内容がああいう事だと。“あぁそういう感じなんだ”って受け取っただけです。お客さんもわかったんじゃない?その前の9月の後楽園で“頑張ります!引っ張っていきます!”っていうのに対して、“頑張れよ、若いの!”って言った人達が観た結果、あれですよ」

――確かに結果を観れば連合軍の完勝でした
河野「ありがとうございます。まだ余裕のある2-0ですから。連携とかも特にね。同じチーム同士だったら普通にやるし、じゃなけりゃ別に無理してやらないし。まぁ実際の所、合同練習とかもこっちは別に一緒にやるわけじゃない。でも勝っちゃうわけよ。勝っちゃうんだもん。これ仕方ないよね。もっとあいつら頑張れよって話なわけで」

――そこで勝利を得たから挑戦表明に至ったという至極普通の流れ、という事でしょうか?
河野「まぁプロレスあるあるですよね。ノンタイトルでチャンピオンが負けたら挑戦に名乗りを上げる、みたいな。よくある話です。で、前哨戦で勝った方が負ける、みたいなね(笑)リーグ戦もほら、初戦負けると決勝に良く上がるじゃん。本命って初戦よく負けるじゃん(笑)プロレスの難しさなのかね?」

――今までのプロレスの歴史上、確かにジンクスではないですけど結構よくある話です。ただその話から行くと、河野選手は一度王者に勝利しているので負けてしまう可能性が高くなってしまいそうです
河野「まぁ勝つか負けるかは1/2だからね。50%だから」

――確かにそうですね。では稲葉選手について、例えば気を付けなくてはいけないと考えていることはありますか?
河野「そうだね、アイツは多分柔道整復師だからツボをいろいろ知っているからね。秘孔を突いてくるかもしれない」

――それは非常に見ている人にはわかりづらいです
河野「そう。そして俺もわからない。わからないうちにやられてる…そんなわけないだろ?(笑)それが出来たらアイツもっと早くチャンピオンになってるから(笑)」

――確かにそうですね(笑)稲葉選手といえば今必殺の「卍固め」が猛威を振るっています
河野「そうですね。困った時の卍固め。まぁ猪木さんの脇に腕を挟むのとは少し違うけど、そこはオリジナリティなのかな。もしくは脇に挟むのができないか、だよね。まぁあれは腕も極まるのかな?ちょっと効果は未知数ですけど卍固め…今回は体のサイズも違うんで、一生懸命スクワットやって稲葉を乗っけたまま歩けるようにしますよ。後は今日から猪木さんの映像を観まくって、卍固めを返した人たちをチェックします。稲葉選手を倒すために猪木選手の映像を観ます」

――では王座戦に勝利したらその先はどのような展望を描いていますか?
河野「封印。それで新王座新設」

――では仮に新しいベルトが新設された場合、どのように王者を決定していくのでしょうか?
河野「知りません」

――…ではベルトを奪取した後の一案は封印し新らしい王座の設立とのことですが、防衛戦でやりたい相手などはいないのでしょうか?
河野「武藤敬司。それ以外は無い。獲ったらリベンジマッチだよね、俺は初防衛で負けてるから。だから前回負けた両国のリベンジマッチだよ。ベルト獲ったら初防衛の相手にまた武藤敬司を逆指名」

――…わかりました。では最後に一言意気込みをお願いいたします
河野「待ってろ武藤」

 ベルトを獲ったら封印か武藤敬司にリベンジマッチ。そう話をする河野だが、話を聞いていくと現王者の稲葉に対してはむしろ高く評価している模様。確かに河野の言う通り王者の稲葉は真っすぐに愚直に戦う。何度もやられながらも絶対にあきらめない不屈の闘志を持ち、その気持ちの強さで王者に成り上がった。だからこそ河野も油断しない。いつもの河野節で話しつつも稲葉に対して研究していくつもりだ。圧倒的な体格差ではあるが、油断する様子も見せない挑戦者。果たして王座戦はどのような結末を迎えるのだろうか。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 AUTUMN BOUT』
日程:2016年11月2日(水)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼シングルマッチ
立花誠吾(プロレス総合学院1期生)
vs
頓所隼(プロレス総合学院1期生)

▼6人タッグマッチ
KAI/村瀬広樹/翔太(ガッツワールド)
vs
火野裕士(フリー)/MAZADA(東京愚連隊)/“brother”YASSHI(フリー)

▼6人タッグマッチ
近藤修司/鈴木鼓太郎(フリー)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
vs
アンディ・ウー/吉岡世起/藤村康平

▼タッグマッチ
征矢学/葛西純(FREEDOMS)
vs
土肥孝司/熊ゴロー

▼スペシャルタッグマッチ
武藤敬司/黒潮“イケメン”二郎
vs
竹下幸之介(DDT)/アントーニオ本多(フリー)

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】カズ・ハヤシ
※第5代王者は3度目の防衛戦

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】稲葉大樹
vs
【挑戦者】河野真幸
※第9代王者は2度目の防衛戦

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る