【インタビュー】新世代のW-1王者・稲葉が河野真幸最強説を提唱!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11月2日(水)東京・後楽園ホール大会でWRESTLE-1チャンピオンシップが決定した稲葉大樹に、10.9後楽園ホール大会での5対5イリミネーションマッチについてや河野真幸との防衛戦について話を聞いた。

――まず先日の後楽園ホール大会での5対5イリミネーションマッチを振り返ってみていかがでしょうか?
稲葉「最終的に2対1の状況になって負けちゃったんですけど、相手の人数が多かったと言っても言い訳になっちゃうので。チャンピオンは僕なので2対1でも勝たなければならなかったと。そして後楽園をしっかり絞めなければいけなかったと思います」

――実際、土肥選手、イケメン選手、熊ゴロー選手、藤村選手と組みましたが、連携やチームワークについてはどう感じましたか?
稲葉「後楽園に関してはそんなに連携をうまくやろうとかはなかったですね。でも個々というか、イケメンと土肥さんが連携やったりはありましたね。でもみんなでやろうとかはなかったですね」

――試合前に集まって作戦を練ったりも特になかったんですか?
稲葉「話し合いはありました。でもこんなふうな連携やろうとか、こんなふうに戦おうとかはなかったですね」

――なるほど。そんな中迎えた試合では結果としては敗れてしまいましたが、その中で藤村選手が大金星を挙げるという場面もありました
稲葉「まぁあの5対5のイリミネーションの藤村に関しては自分でやらせてくださいって言ってきたので。あそこで普通に負けたら、お前なんで言ったんだよってなりますからね。あの時は現クルーザーのチャンピオンの児玉さんもいましたし、UWAのチャンピオンのアンディさんに吉岡さんもいたので。その中で“俺がやる”って言ったからこそ選んだので。そこで何もせず負けちゃったら“お前変な事言うんじゃねぇよ”ってなりますから。大金星は大金星ですけどそれはやってもらわないと困る事なので」

――しかしながら結果としては敗北し河野選手からも厳しい言葉をぶつけられた中で、稲葉選手から河野選手にタイトルマッチをやれと言いました
稲葉「まぁあそこまでボコボコにされて恥かかされたわけですから。言っても僕はチャンピオンなので。どんな状態でも勝たなきゃいけなかったです。…でも正直あの時は何言われたかわかんなかったです。頭打ってボーっとしてたので。でも挑戦したいってことを言っているのはわかりました。だからだったらやりましょうって。獲られたしああいう風に名乗り挙げてくれたんですから」

――ある意味、逆指名のような形で河野選手との王座戦が決定し、一昨日の会見で顔を合わせてコメントを出しましたが改めて河野選手についてどのようなイメージを持っていますか?
稲葉「河野さんはやっぱりあの体格を持っていて、しかも寝技もできて立ち技もできる。僕の中で河野さんって凄く強い人なんです。ただ過去に何度かシングルをやってきましたけど河野さんを本気にさせられていないって感じていまして…本気の河野さん、怖い河野さんを出したいですね。わかんないですけどもしかしたら僕たちの力不足で河野さんが本気を出すに至っていないのかもしれないし、もっと河野さんは凄いって僕は思っています。そこをリング上で見るのは怖いですよ。でも引き出したい。そういう部分を引き出したいですね」

――確かにここ最近はTriggeRというユニットを第一に考えて、言ってみれば一歩引いた立ち位置にいるように感じられました。ですがなんといってもWRESTLE-1チャンピオンシップの初代王者ですからね
稲葉「そうですよね。しかも河野さんは凄く的確に、客観的にWRESTLE-1を観れているというか。凄い正論を言うじゃないですか。ぐぅの音も出ないくらい(笑)でも言っておかなきゃいけないのは、この前河野さんが言ってましたけど僕は“ステロイド”は使ってません。“プロテイン”飲んで練習してますよ」

――ぐぅの音も出ない正論を言われるんだったらその正論ごと結果で覆してやろうって事でしょうか?
稲葉「はい。僕は“ステロイド”は使わない」

――・・・河野選手の言う“ステロイド”というのは他団体に出て話題になる、一種のカンフル剤的な意味で使われたのだと思うのですが、稲葉選手の言うのはいわゆる
稲葉「いやいや、僕らが考える対抗戦は“プロテイン”ですよ。対抗戦に出てるみんなはその熱を一時的で終わらせるつもりはないはずです。だからそれは“ステロイド”じゃなくて“プロテイン”。まぁそもそもこの僕が言い始めた上の人たちとの戦いも“プロテイン”ですからね」

――確かに稲葉選手の言葉から、今までのユニット間での争いがWRESTLE-1を二分する世代闘争へと大きく変わっていきました
稲葉「WRESTLE-1に置いてあったプロテインを使いました(笑)でもこれで何も変わらなかったらそれこそ河野さんのいう“ステロイド”になってしまうので。絶対に負けられないです」

――では会見の時に河野選手が稲葉選手のファイトスタイルは好きだと発言していましたが、稲葉選手から見て河野選手はどのように見えているんでしょうか?
稲葉「僕も好きですよ。あんな体格があって羨ましいですし、寝技もできるし。前に河野さんと練習する機会があった時に寝技の練習をしたんですけど、子供の用にコロコロ転がされました。で、初代王者だし。河野さんのポテンシャルってホントに凄いと思うんですよ。だから対戦相手の僕たちがそれを引き出すに至ってないんですよね。だから久しぶりに主張をしてきた河野さんを一対一で後楽園のタイトルマッチで本気を出させる。僕の中で河野真幸最強説、一番強いんじゃないかっていう。なんでもできるし…だからこそその河野さんに勝ちたい」

――稲葉が提唱する“河野真幸最強説”ですか
稲葉「はい(笑)オープンフィンガーグローブなんて着けられた日にゃ…ねぇ?」

――確かに会見でもおっしゃってました
稲葉「でしょ!?本当に引き出しが多いじゃないですか。もしかしたら初っ端からそういう戦い方をしてくるかもしれないし、もう全く読めないですよね。河野さんできる事たくさんあるので」

――そうですね。あとは先ほどおっしゃっていたように体格差もあります
稲葉「そうですね。こればっかりはどうしようもないです。でも卍固めは極まってしまえば体格は関係ないです。絡みついて反れれば」

――なるほど。やはり自身の決め技にはかなり自信はあるという事ですね。では最後にタイトルマッチに向けての意気込みをお願いいたします
稲葉「また新たな強敵が現れましたが僕が言い始めたことなので。上の人たちに勝ってWRESTLE-1を変える。だから11月2日までプロテイン飲んで練習して、ステロイドは使わずに怖い河野さんから勝ってベルトをまた持って帰りたいと思います」

 河野真幸最強論。王者の稲葉が提唱するこの説は、王者が説明すればするほど信憑性が増してくる。実際河野からはユニットでの活動に重きを置き“一歩引いている”というスタンスは正直なところ伝わってきいた。ところが稲葉が“若い世代で”と言い始めてからその論客ぶりと実力をいかんなく発揮し始めた。現在の河野からは、まだまだお前らじゃないという想いがにじみ出てきている。しかも王者のファイトスタイルを認めるという発言の上で、だ。本気になった河野、怖い河野…。だがそれでも王者は折れない。WRESTLE-1をもっと引き上げる為、王者は全力を賭して戦おうとしている。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 AUTUMN BOUT』
日程:2016年11月2日(水)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】稲葉大樹
vs
【挑戦者】河野真幸
※第9代王者は2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】カズ・ハヤシ
※第5代王者は3度目の防衛戦

▼スペシャルタッグマッチ
武藤敬司/黒潮“イケメン”二郎
vs
竹下幸之介(DDT)/アントーニオ本多(フリー)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る