11・3代々木 久保優太、新階級ウェルター級のエースになる!牧平圭太「何が何でも勝って自分を変える」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

9月6日(火)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)のスーパーファイト出場選手・対戦カードが発表された。

 

新階級ウェルター級(-67.5kg)のスタートとして久保優太と牧平圭太の一戦が決まった。久保は初代Krush-67kgのベルトを巻いていたこともあるが、新生K-1にはスーパー・ライト級(-65kg)で参戦。新階級のスタートに合わせてウェルター級に階級を上げることになった。

対する牧平は昨年のスーパー・ウェルター級(-70kg)初代王座決定トーナメントでは、日本人として唯一のベスト4進出。主戦場のKrushでは第3代-67kg王者としてタイトルを保持していたこともあり、普段の体重に近いウェルター級でK-1再登場を果たすことになった。

 

今大会から新階級での戦いに臨む久保は

「新階級一発目の試合に選んでいただいてありがとうございます。自分はウェルター級で結果を残してエース宣言したいと思います」

と堂々宣言。階級転向の理由を

「僕は将来的に-70kgに階級で戦うことを目指して身体を作っていたのですが、K-1では-65kgで試合をしてきました。3月の日本代表決定トーナメントでもかなり減量がキツかったので、-67.5kgはベストな階級だと思います」

と説明し、3月以降は怪我の治療に時間を費やし、いつ試合のオファーがあってもいいように準備を続けてきたという。

対戦相手の牧平については

「手足が長くてリーチがある、激闘派の良い選手だと思います」としつつ「僕はプロデビューしてから自分の弱点を克服するようにトレーニングしてきました。なのですべてにおいて相手を上回っているという気持ちで試合をやってきました」

と全局面で牧平を上回るつもりだ。

改めて新階級で戦う上でのテーマを聞くと

「この階級は僕にとってベストの階級、結果を残せる階級だと思っています」と久保。

「僕は自分がこの階級のエースだと思っているので、この階級で世界一を獲りたいです。なのでこの試合はこけられません」

とウェルター級で世界を獲ると力強く語った。

 

一方、新階級でのチャンスが巡ってきた牧平は

「このタイミングでチャンスをもらえたのは自分を変えるチャンスだと思います。自分をしっかり見て欲しいです」

と挨拶。対戦相手の久保を「穴がない天才」と高く評価しつつも「この試合にかける想いは自分の方が上。今、自分は連敗していて、こんなチャンスは二度とないと思うし、何が何でも勝って自分を変えたい」

と久保撃破で再浮上のきっかけを掴むと誓った。

 

新階級で世界一の座を目指す久保と再浮上を目論む牧平。意地と意地がぶつかり合う日本人対決に期待大だ!

 

※掲載写真 (C)M-1 Sports Media

 

『K-1 WORLD GP IN JAPAN 2016 ~初代フェザー級王座決定トーナメント~』

◆日 時      2016年11月3日(木・祝) 14:30開場 16:00開始

◆会 場      東京・国立代々木競技場第二体育館

◆主 催      K-1実行委員会

◆企画・制作    ㈱M-1スポーツメディア

◆運 営      ㈱グッドルーザー

◆入場料金     アリーナSRS席 50,000円、アリーナRS席 30,000円、アリーナS席 12,000円

スタンドS席 10,000円、スタンドA席 8,000円、スタンドB席 6,000円

※消費税込み/全席指定/当日券は各500円アップ/小学生からチケットが必要となります。

◆一般発売     7月9日(土)~

(2016.9.6現在)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る