KAIが自由に会見しWRESTLE-1王座からUWA6人タッグ王座の会見へ途中変更!児玉と吉岡が若き未来を見せる!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、都内GSPメディアセンターにて9月18日の後楽園ホール大会でWRESTLE-1チャンピオンシップ王座戦を戦う王者・稲葉大樹と挑戦者・KAIが記者会見を行った。8.11横浜文体のリマッチとなる両選手。果たしてどのような決着をみせるのか。

稲葉「文体でKAIさんに勝ったっていうのをマグレじゃないっていうのを、18日の後楽園でKAIさんに勝って、もう一度きちんと証明したいと思います」
KAI「稲葉カタいねぇ。なんでスーツなんだって。普段そんな恰好してないだろ?」
稲葉「会見の時とかはこういう格好で」
KAI「これが私服なのか?」
稲葉「いえ、私服ではないです」
KAI「ん?お前このベルト獲ってから元気ないんじゃないの?引っ張っていくんだろ?盛り上げていくんだろ?違うのか?文体で俺に勝ったのマグレだろ!俺が負けたのもマグレだろ!マグレですよね?記者の皆さん、マグレですよね!?」

――某記者(マグレじゃないと思います)
KAI「マグレじゃない!?いやマグレだろ。文体以降のどこだったか忘れたけど2戦、負けてんですよ。マグレでしょ、完全に。まぁ9.18後楽園、リマッチ決まったけど、次はマグレで勝つことも、俺がマグレで負けることも、どっちもありません。あるのは自由だけです。良いですか?何か質問ありますか!?辛辣な質問、あるんでしょ!?おい翔太!何笑ってんだ!お前なんでいるんだ!?」
翔太「いやKAIさんが呼んだから。出席しろってオファーもらったんで」
KAI「誰からだ!?呼んでねぇしなんでいるんだよ。俺言ってねぇよ、帰っていいよ」
翔太「いや、今雨凄いんで」
KAI「延長料金だ。他に質問無いのか!?」

――稲葉選手は、昨日は直接ではないにしろベルト奪取後2戦とも敗北という結果になり、試合後のコメントでもベルトの重さが分かってきたとおっしゃっていましたが、心境の変化などはありましたか?
KAI「元気がないんですよ、ベルト獲ってから」

――稲葉選手はどう思っているのでしょうか?
稲葉「やっぱりこのベルトを獲って団体を引っ張っていくっていう事に対して結果がついてこない。そんな自分への、なんというかー」
KAI「みなさん聞こえますか!?聞こえないって言ってるぞ!?翔太記者が!」
稲葉「聞こえてますよ。…ベルトにまだ自分の実力がついてきていないのかなって」
KAI「だからマグレだろ!?そういいたいんだろ!?」
稲葉「だからマグレじゃないっていうのを証明するために後楽園、KAIさんに勝ちます」

――KAI選手は仮に次の王座戦で負けたら
KAI「仮なんてないですよ!なにを言っているんですか!(次は)マグレはないって言ってるでしょ!おい翔太、勝負事、やる前から負けること考えるバカどこにいるんだ!?仮はないですよ。他に質問あるのか!?」

――マグレはないと言い切る自信はどうしてでしょうか?
KAI「この間はマグレ。次はない。マグレはないですよ。絶対ない。あるのは自由です。自身が無いとやらないでしょ?リマッチは」

――仮に勝利した場合は王者としてWRESTLE-1をどのようにしていきたいですか?
KAI「仮にはない!…そうですね、こんなスーツとか着てカタっ苦しい感じにはしない。もっとオープンにしていく。…もういいだろ?翔太つまんなそうな顔して。お前来い!お前と二人でUWAやるんだっけ?」
翔太「ていうかKAIさん、会見と言えばきちんと正装しなきゃだめですよ」
KAI「お前丈が足りてないぞ!色も違うし!」
※ここでしばらくKAIと翔太が自分たちの格好について口論が続く

村瀬「邪魔するよ~、失礼」
※更に村瀬がアンディのマスクを手に登場

村瀬「KAIさん、翔太さん、もう今の会見いいでしょ。9月の18日にそのベルト賭けてやるのはわかりますけど、その前にまだまだ時間あるでしょ。二人ともいい感じで良いペースで試合できてるので」
翔太「本当ですか!?僕ら一回も勝ったことないですけど!?」
KAI「お前(翔太選手)がいつも負けんだろ!」
村瀬「その胸をかりて、ちょっくらUWA獲りに行きましょうよ」
翔太「UWA世界6人タッグは、決定しているんですよね?」
KAI「決定してるし、オファーもしてくれたんだろ!?」
村瀬「そう、だから来てくれたんですよ」
翔太「そうそう、このメンズエッグに載っていそうな小金持ちの社長みたいな人からオファーきて。髪の毛とかどうなってるんですか!?」
村瀬「これも俺なりの自由なスタンスで」
翔太「Twitterとか見てますけど、マスクかぶって裸で変なことやって。絶対アンディさん怒ってるでしょ!」
村瀬「だからいいでしょ。場所もコイツ(アンディ選手のマスクを手に)が生まれた場所らしいんで。ブーイングばっかだけど俺達それぐらいの方がいいでしょ」
KAI「パートナーいないぞ!?なんでアンディも吉岡もいねぇんだよ!」

――とりあえずではUWA世界6人タッグ王座戦に向けての意気込みを一言づつお願いいたします
KAI「それはお前ら二人が語れ!俺はもうこっち(WRESTLE-1チャンピオンシップ)に集中してんだよ!」
翔太「でもとれば2冠ですよ!」
KAI「だから獲れよ!お前らで獲れ!」
翔太「チーム3人で組むの初めてですけどチーム3人を代表して、この六本木ヒルズには行けなさそうなベンチャー企業の社長みたいな人が意気込みを語ってくれますから!」
村瀬「ここ最近、俺なりの自由な戦いでコイツ(アンディ・ウー選手)のマスクを2度、3度と剥いできたけど、今度こそアイツの生まれた町で本物のマスクを俺が剥いで、アイツの素顔を俺がこのWRESTLE-1のリングで見せてやるよ」
KAI「お前それはダメだって」
翔太「マズいでしょ」
KAI「悪いことはすんなよ」
村瀬「それが俺の自由なんだよ」
※村瀬はここで退場
KAI「よしじゃあ以上!」
翔太「ちょちょちょ、待ってくださいよ!チャンピオン側には何も話は聞けてないじゃないですか!」

――では稲葉大樹選手、UWA世界6人タッグの防衛戦について一言お願いいたします
稲葉「マスクを獲ったらUWAのベルトに挑戦できるのかな、と。そんな簡単なベルトじゃないでしょ。実力でちゃんと試合で勝って挑戦するならいいですけど、そういうズルいことをやってすぐ挑戦できるベルトじゃないですよ。で、ちゃちゃっと挑戦するようなベルトでもないし。UWAのベルトに挑戦したいならちゃんと会見もしますんで。ちゃんとして下さい。わかりましたか?」
KAI「それ誰に行ってるんだ!?」
稲葉「村瀬ですよ。あと会見はちゃんと3人揃えばいくらでもするんで」

※ここで再度KAI、翔太が再度口論し、挙句の果てに翔太がKAIに張り飛ばされ、最後には翔太とKAIは帰ってしまった。

 9月18日の後楽園ホールで迎えるリマッチ。挑戦者のKAIは、前回の勝利はマグレだと言う。一方で王者の稲葉は、だったら実力だという事を証明してやろう、とこの再戦要求を受託した。お互いの気持ちが交差するこの王座戦の行く末は、今後のWRESTLE-1の未来を占う一戦になるだろう。
 そしてその会見中、村瀬、翔太の両選手が8.27大阪大会でのUWA世界6人タッグ王座戦についても、王者組の一人である稲葉に言及。こちらの王座戦については、稲葉はその傍若無人な村瀬に対して相当頭に来ている模様。勿論、アンディも怒り心頭であることは間違いない。
 どちらにせよ、両王座戦について若い力の台頭が著しい。この先のWRESTLE-1を見ていく上で絶対に見逃せない一戦である事は間違いない。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る