7・26 鬼神道新木場大会 ミスター雁之助vsはやぶちゃ 宮本裕向vs最上九 木高イサミvsバファロー

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ミスター雁之助プロデュース興行 鬼神道リターンズ20』
日程:2016年7月26日(火)
会場:東京・新木場1stRING
開始:19:00
観衆:318人(超満員札止め)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○佐藤悠己(K-DOJO)
8分47秒 ジャパニーズレッグロールクラッチを切り返す→エビ固め
●翔太(ガッツワールド)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○ミクロ(フリー)
9分52秒 ジャングルクラッチ
●日向小陽(フリー)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○宮本裕向(666)
9分12秒 逆エビ固め
●最上九(K-DOJO)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○政宗(フリー)
9分52秒 骨喰
●吉野達彦(ガッツワールド)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○ヤス・ウラノ(DDT)
11分0秒 ケサ固めを下から丸め込む→エビ固め
●丸山敦(フリー)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○木高イサミ(BASARA)
13分50秒 絶槍→片エビ固め
●バッファロー(先駆舎)

▼シングルマッチ30分1本勝負
○はやぶちゃ(SWS-OB)
16分1秒 ファイヤーバードスプラッシュ→体固め
●ミスター雁之助

20年の時を経てミスター雁之助とはやぶちゃの対決が実現!ハヤブサ一周忌興行の開催が決定!

オープニング

2016-07-26鬼神道_オープニング雁之助「謝罪しますか?ミロハダカラスはメキシコから今日これないそうなんですよ。大変申し訳ございませんでした。僕が一番楽しみにしてるんですからねミロハダカラスは毎回。今日は諸事情がありましてこれませんけども、皆様、本日は鬼神道リターンズVol.20にご来場いただきまことにありがとうございます!こんなに平日の夜なのに、雨なのにもかかわらずお客さんが入ったのは記憶にないぐらいで、本当にありがとうございますお足元の悪い中、そして西口プロレスと興行戦争の中こちらを選んでくれてありがとうございます。7試合、全部シングルマッチでございます。タッグマッチはタッグマッチの良さもありますけども、シングルマッチというのは逃げ場のない1対1の闘いですので、じっくり堪能していただきたいなと。全試合メインカードになってもおかしくないカードが揃っております。そして自分がメインイベントで無理を言いましてはやぶちゃ選手にオファーをしてやることになりました。ハヤブサとは実現できないと思っていた試合ですけども、今日ははやぶちゃ選手と試合で自分もちょっとドキドキ・ワクワクしております。今日も全7試合ごゆっくりご観戦ください。そしてもう一つ、興行中のポケモンGOは禁止とさせていただきます!よろしくお願いします!」

第1試合

2016-07-26鬼神道_第1試合 佐藤のセコンドにヤスがつく。対する翔太には丸山がセコンドへ。
ロックアップから佐藤がロープに押し込むがブレイク。佐藤がヘッドロックから腕の取り合い。翔太がグラウンドに持ち込むも佐藤が腕ひしぎを狙う。これは翔太が丸め込み1でブレイク。

 佐藤が倒しヒールホールド。逆に翔太が足を取って倒すと腕を取り直すが佐藤がサミングからリストロック。そのまま腕の取り合いから佐藤がヘッドロック。翔太が佐藤をロープに振るが、佐藤はロープを掴んで止まるとストンピング。再度ロープに振られるとツバ攻撃。走りこむと翔太がアームホイップ二連発から腕固め。
 翔太がコーナーに振られるも、走りこんできた佐藤を飛び越えてアームホイップから腕固め。佐藤が髪を掴んで引き倒して逃れると、再度髪を掴んでからロープに振りバックエルボー。フォールも2。

 佐藤はロープに押し込み後頭部に膝を押し付ける。佐藤は首投げからスリーパー。ヘッドシザースからバンテージでチョーク攻撃。
 佐藤はナックルから顔面を蹴りつけ、翔太は立ち上がるとナックル。「全然効かねーぞ」という佐藤にナックルとチョップを交互に叩き込んだ翔太が「効いてる」とコーナーに振るが、佐藤はスライディングで止まると翔太をカニバサミでコーナーに叩きつけ場外に降りると鉄柱を使って翔太に急所攻撃。
 
 佐藤はコーナーに登るが翔太がロープを揺らすと佐藤は落下し急所を強打。
佐藤はナックル連打も翔太はクロスボディアタックで迎撃。翔太はマンハッタンドロップからナックル。再度マンハッタンドロップからナックル。翔太はアトミックドロップから河津落としでフォールも2。
 翔太は投げようとするも着地した佐藤が前蹴りから顔面に低空ドロップキック。フォールも2。
 佐藤はコーナーに登るとダイビングクロスボディアタックも翔太はそのまま丸め込むが2。翔太は前方回転エビ固めを狙うが耐えた佐藤がダブルニードロップも避けた翔太が逆さ押さえ込みも佐藤がラ・マヒストラル。翔太はこれを潰してフォールも2。佐藤が走りこんできたところを翔太が避けてスクールボーイ。ロープに足をかけてフォールもこれはレフェリーが見つけカウントを止める。翔太が佐藤にジャパニーズレッグクラッチホールドを狙うもこれを丸め込み返した佐藤が3カウント!

第2試合

2016-07-26鬼神道_第2試合 小陽をミクロがロープに押し込みクリーンブレイク。再度ミクロが押しこむも小陽が体勢を変えエルボー連打からあげようとするが、ミクロが「ミクロスペシャル」と引っ掻いてからボディスラム。ミクロはセントーンからフォールも2。ミクロはヘアーホイップも小陽が逆にヘアーホイップ2連発。小陽はストンピング連打から顔面を踏み潰し、あげようとするがミクロがボディブローからボディスラム。ミクロは逆エビ固め。小陽は必死にロープを掴もうとするが、ミクロはその両腕を固めていく。小陽は暴れてロープへ。

 ミクロはボディスラムから逆エビ固めを狙うが小陽が前方回転エビ固め。返したミクロに低空ドロップキックからボディスラムを狙うが、ミクロが逆にボディスラム。だが小陽がそのまま潰してフォールも2。
 小陽はテキサスクローバーホールド。ミクロは髪を引っ張り逃れると小陽は弓矢固めに移行。

 ミクロはボディスラムを狙うが耐えた小陽とエルボー合戦。ミクロはロープに飛ぶも小陽がドロップキックで迎撃。再度ドロップキックからボディスラムを狙うが、耐えたミクロにガットショットから平手打ちを叩き込み、ミドルキックを背中に叩き込んで遂にボディスラムで叩きつける。フォールも2。
 小陽はミドルキック連発もミクロがコーナーに振り走りこむが足を伸ばしてカットした小陽がダイビングクロスボディアタックでフォールも2。
 小陽はカサドーラも2。首固めも2。ミクロのラリアットを巻き込んだ小陽が逆さ押さえ込みも返したミクロがジャングルクラッチで3カウント。

第3試合

2016-07-26鬼神道_第3試合 グラウンドの攻防から宮本がヘッドロック。宮本がショルダータックルで倒し、首投げからスリーパー。宮本はチンロックからヘッドシザース。最上はロープへ。宮本はボディスラムからフォールも2。
 宮本は最上の背中にエルボードロップ連発からキャメルクラッチ。最上はロープへ足を伸ばす。

 宮本は背中にハンマーを落とし、最上は膝立ちでエルボーからエルボー連打。宮本はエルボーで返すとロープに振ってラリアットも避けた最上がランニングエルボー。最上は串刺しバックエルボーからハーフダウンの宮本へ低空ドロプキック。フォールも返した宮本へネックロック。宮本はロープへ。

 最上はロープに飛ぶが宮本は顔面にドロップキックを叩き込んで吹っ飛ばすと、コーナーに振り串刺しダブルニーから串刺し低空ドロップキック。フォールも2。

 宮本はコブラツイストも最上はアームホイップで投げ飛ばすと走りこむが、宮本はバックエルボーで迎撃。最上はドロップキックで倒しフォールも2。最上はフィッシャーマンを狙うが、耐えた宮本をそのまま丸め込んでバタフライロック。宮本はなんとかロープへ。
 最上は投げようとするが宮本は逆にブレーンバスターで叩きつけ、コーナーに登るとミサイルキック。フォールも2。
 宮本のラリアットを避けた最上が逆さ押さえ込みも2。スクールボーイも2。最上に宮本が豹馬殺しから逆エビ固め。これで3カウント。

第4試合

2016-07-26鬼神道_第4試合 バックの取り合いからグラウンドの攻防。政宗が潰してフォールも2。お互いロープに飛ぶと吉野がアームホイップから腕固め。吉野がフェイスロックから肩口にエルボーを連続で落としフロントネックロック。
 政宗は取り返して腕を極めるとそのまま踏みつけて腕固め。吉野は回転して逃れると政宗は指を固めていく。吉野はエルボーも政宗は足を刈って倒すが、立ち上がった吉野はドロップキックも政宗は避けてロープへ。吉野はドロップキックで迎撃するとネックブリーカードロップからフォールも2。

 吉野はジャベからネックツイスト。政宗の後頭部をリングに叩きつけフォールも2。政宗はチンクラッシャーからDDT。フォールも返した吉野に政宗はチキンウイング。政宗は顔面を蹴りつけてから改めて腕と指を固めていく。

 政宗はコーナーに押しこみ腕を蹴って走りこむが、吉野は避けて延髄斬りから後頭部にミサイルキック。フォールも2。
 吉野はエルボーを落としてブレーンバスターを狙うが着地した政宗が骨喰。吉野はロープを掴む。
 吉野に走りこんだ政宗を避けた吉野がスピンキックからリバースネックブリーカードロップ。ジャーマンを狙うが政宗は丸め込んでからの骨喰。これで吉野はギブアップ。

第5試合

2016-07-26鬼神道_第5試合 丸山がスリーパーから腕を取っていくが、ヤスがポジションを取り再度スリーパー。そのまま腕を決めようとするが、丸山が腕を取り返していく。ヤスは抜けると潰していくが丸山は腕を取ろうとするもヤスは一度距離を取る。
 ヤスはヘッドロックからグラウンドの攻防になるも丸山はヘッドシザースで捕らえるが抜けたヤスが潰してフォールも2。返した丸山が逆さ押さえ込みも2で返したヤスがフロントスリーパー。

 ヤスはヘッドロックで締め上げ、ロープに飛ぶが丸山はアームホイップ。近づいてきた丸山を下から蹴り上げたヤスがフロントスリーパー。丸山は回転しフォールもヤスはヘッドロック。
 ヤスをコーナーに振った丸山だったが、ヤスは飛び越えヘッドロックからスイング式のヘッドロックでフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。

 ヤスはヘッドロックから丸山がスリーパーで取り返しサーフボードストレッチを狙うが、耐えたヤスが丸め込んでフォールも2。ヤスはフランケンから膝立ちの丸山に延髄斬りを叩き込む。
 ヤスはヘッドロックも丸山はラ・マヒストラル。返したヤスもラ・マヒストラルを狙うが丸山はスクールボーイで丸め込む。返されるとラ・マヒストラルからヒールホールド。丸山はヘッドシザースから回転してフットチョーク。
 ヤスはマフラーホールドで返すが丸山はヘッドシザースで返し両者距離を取る。丸山をヤスはヘッドロックホールドで丸め込んで3カウント。 

第6試合

2016-07-26鬼神道_第6試合 バファローは入場するなりイサミに突撃し、花道に連れ出すとDDT。ステージ客席に乱入し、リングに投げ入れるとコーナーに登りミサイルキック。フォールも2。
 バファローをロープに振ったイサミがバックエルボーで倒し、膝蹴りからコーナーに走りこむもショルダースルーでエプロンに落としたバファローがエルボースマッシュで場外に落とし場外ダイブ。
 リングにイサミが戻り走りこむが、バファローは場外からイス攻撃で叩き落とすとエルボー。さらに場外を走りこんでのラリアットで叩き伏せたバファローが、イスを持ってコーナーに登り場外ダイブしイスを叩き込む。

 リングに戻り、膝立ちのイサミにエルボーから頭突きを連発したバファローはコーナーに振ると串刺しバックエルボー。イサミの顎を蹴り上げブレーンバスターからギロチンドロップ。フォールも2。
 イサミは一本足頭突き連発もバファローは頭突きで倒しスリーパー。バファローは膝蹴りからボディに掌底。バファローは平手打ちからイサミの上半身をロープから場外に出すとギロチンドロップ。イサミはこれを避けるとロープに飛ぶがバファローはラリアットで迎撃しフォールも2。

 バファローはバックをとるが、耐えたイサミがエルボー。バファローは強烈なチョップもイサミはランニングエルボー。エルボーとチョップの打ち合いからイサミがエルボー連打で倒し、串刺しジャンピングビッグブーツから、コーナーに登ってダイビングクロスボディアタック。イサミは連続蹴りで倒し、首投げからコーナーに登るが、バファローがレフェリーをロープに叩きつけイサミを落下させると、正面に登り頭突きから雪崩式ブレーンバスター。フォールも2。
 イサミはヘッドロックもバファローは抜けて膝蹴りからバックドロップを狙うがイサミは顔面に膝を叩き込んでコーナーに振り走りこむがバファローはラリアットで叩き伏せバックドロップ。フォールも2。

 バファローはラリアットからロープにもたれかかるイサミにラリアットでエプロンに出す。走りこんで来たバファローにイサミはエプロンから延髄斬り。イサミはリングに戻るとバックをとるが、バファローはイサミのラリアットを避け走りこむもイサミはドロップキックで場外に出しトペ・スイシーダ。イサミはエプロンでブレーンバスター。そのまま場外乱闘になるがカウント19で戻り、イサミは絶槍もキャッチされるとトラースキックで倒しフォールも2。イサミは勇脚・斬もバファローは足ごと丸め込んでフォールも2。バファローはラリアットで倒しフォールも2。バファローはラリアットもイサミは相打ちから投げ捨てジャーマンを叩き込んで絶槍。これで3カウントを奪った。

第7試合

2016-07-26鬼神道_第7試合 ゆっくりとリングを回り、リストの取り合いから雁之助が潰してグラウンドへ。雁之助がリストを取っていきスリーパー。はやぶちゃはこれを抜けると腕を極めていくが、雁之助はヒールホールドへ。はやぶちゃはスリーパーで捕らえるも雁之助はヒールホールドからインディアンデスロックへ。回転して逃れたはやぶちゃが逆片エビ固めからフェイスロックへ移行しようとするが雁之助が腕をとって極めていく。はやぶちゃはこれを抜けるとシャープシューター。雁之助はロープへ。

 雁之助はヘッドロックからショルダータックルで倒し走りこむがはやぶちゃはドロップキックで場外に出し、スライディングキックからケブラーダを狙うも雁之助はその足を取ってエプロンに叩きつける。
 場外乱闘からリングに戻ると雁之助は顔面を踏みつけボディスラムからスリーパー。雁之助はヘッドロックからロープで顔面を擦るとマスクを剥ぎにかかる。レフェリーに注意されるとヘッドシザース。はやぶちゃはロープへ。

 雁之助はリストを取るとロープにくくってエルボー。はやぶちゃはスピンキックからフェイスバスター。「いくぞー!」と叫んだはやぶちゃの腕に雁之助はミドルキックで倒しキーロック。はやぶちゃはロープへ足を伸ばす。

 雁之助はブルドッキング式の脇固め。はやぶちゃは膝立ちでチョップも雁之助はチョップから腕を捻って再度ブルドッキング式の脇固め。フォールも2。

 雁之助は走りこむもはやぶちゃはフランケンで場外に出し、スワンダイブ式クロスボディアタックを場外に向けて発射。はやぶちゃは「いくぞー!」と叫んでリングに投げ入れるとライダーキック。はやぶちゃは串刺しビッグブーツから雁之助は逆コーナーに振って走りこむも、エプロンに出たはやぶちゃがハイキックからスワンダイブクロスボディアタック。フォールも2。

 はやぶちゃはファルコンアローからフォールも2。はやぶちゃはコーナーに上るも雁之助は顔面を張って正面に登ると雪崩式ブレーンバスター。雁之助はラリアットでなぎ倒しファルコンアロー。フォールも2。雁之助は念仏パワーボムからフォールも2。
 雁之助はファイアーサンダーを狙うが着地したはやぶちゃがハイキックから山折り。蒼魔刀からファイヤーバードスプラッシュで3カウントを奪った。

エンディング

2016-07-26鬼神道_エンディング雁之助「はやぶちゃ、はやぶちゃ、メインイベントで闘ってくれてありがとう!今日出場してくれた皆と、ご観戦に来てくれたファンの皆様ありがとうございました!はやぶちゃくん、試合する前俺こう、もっとセンチメンタルな気分になるのかなと思ったけど全然ならなかったよ。でも格好は、昔のハヤブサのままでさ、お前もハヤブサリスペクトして学プロではやぶちゃやってたんだろ。20年か、ミスター雁之助とはやぶちゃでやれると思ってなかったよな?プロレスってさ、長く続けてれば点が先に繋がるんだよな。それが今日だと思うよ俺は。ありがとう。そして、まだ発表してなかったんですけど、来年のですね、3月31日に、3月3日がハヤブサの命日なんですが、体育館がとれませんでしたので3月31日の金曜日にあいつの故郷の熊本で一周忌興行をやろうと思います。会場押さえましたんでやります。まだ詳しいところまでは決まってませんがハヤブサの一周忌興行やるって決めましたんで、そこにはやぶちゃくんもしスケジュールが合えば、DDTのスケジュールが許せば、まだ先だからわかんないけど是非、来てくれるかな?」
はやぶちゃ「はい、えー、その時はよろしくお願いします」
雁之助「まだわかんないんで、次じゃあタッグ組もうか。来れたら熊本であいつの故郷で、新崎人生も呼んでるんでね。俺とお前と人生で組んでも良いんだ。3月31日ありますんで、今日のお前が出てきたのもさ、ハヤブサが引き合わせたのかもしれないじゃん。スケジュールさえあいてればきてくれよ。よし頼んだ。ということで今日はハダカもないし茶番でシメるんじゃなく普通に閉めましょうか。ということでハヤブサの話題が出ましたんで、最後もお楽しみはこれからだでしめたいと思います。鬼神道21いつやるか未定ですけど次回もまた新木場でやるんでよろしくお願いします。皆さんご起立お願いします。僕がお楽しみはと言いますんで、これからだとお声合わせて皆で天国のハヤブサに向かってやりましょう!いくぞー!お楽しみは!これからだ!」

<試合後コメント>
2016-07-26鬼神道_試合後コメントミスター雁之助&はやぶちゃ
雁之助「あれなんだ、最後の前のやつは」
はやぶちゃ「最後の前のやつはHARASHIMAの必殺技の蒼魔刀です」
雁之助「蒼魔刀、俺よく知らねーんだ蒼魔刀っていうのかあれ」
はやぶちゃ「はい。でも今日絶対もし最後勝利のチャンスがあるなら、ハヤブサさんのファイヤーバードスプラッシュで決めたかったんで、それが出せて勝てて本当に良かったです。そもそもこの今回の試合のオファーを、最初軽い気持ちで受けたんですけど、その試合、文字が並ぶのを見るたびに、これは大変な試合、カードなんだってことにあとから気づいて、恐れ多いというかすごいそういう、僕はいちハヤブサさんのファンだったので、それで今回ハヤブサ選手を、誰よりも昔から知ってる雁之助さんとシングルということで、本当に夢の様なというか、夢の様な試合ができて、でも今日闘って、闘う人、見る人色んな思いがあったかもしれないですけど、こういう形で自分は気持ちよく終われて良かったです」
雁之助「今日ほんとね、はやぶちゃのオファーを、受けてもらったという事で成立した大会だと思ってる俺はね」
はやぶちゃ「普通に考えて学生プロレスの時はただのファンのキャラクターですからね」
雁之助「学生プロレスのさ、ヨカタに俺はオファーした事になるからねこれはな。お前プロだけどさ」
はやぶちゃ「はい」
雁之助「だからさ、今日ははやぶちゃと闘うのかHARASHIMAと闘うのか、俺HARASHIMAの事研究してたわけでもないし、DDTのトップでさ、両国とかでベルト巻いてやってるの知ってるしさ、やっぱり、やるまでわかんなかったけどやってみて、こりゃDDTのトップのHARASHIMAはこれかと。いやもっと出来ると思うけど、今日はこのマスクの縛りがあったから抑えてたのかもしれないけど、最後、蒼魔刀だっけ?まだまだ持ってるだろお前」
はやぶちゃ「はい」
雁之助「何も出してねーんだろ?」
はやぶちゃ「そんなことないですよ。僕は今日ハヤブサさんの力で勝つことが出来ました」
雁之助「いやでも、今日こうやって導いてくれたんだハヤブサが」
はやぶちゃ「はいそうですね。ほんとに大昔だったら考えられなかった試合を今日できて」
雁之助「あいつがさ、生きてればもっと良かったんだけどな」
はやぶちゃ「そうですね、はい」
雁之助「まあでもこうやって、来年一周忌、お前がもし空いてれば熊本まで来てもらって、またやってもいいし組んでもいいし、ハヤブサが喜んで皆が喜んでアイツの事を偲んでくれる大会にしたいと思う。空いてれば是非」
はやぶちゃ「その時は是非よろしくお願いします」
雁之助「もっかいやるぞ!」
はやぶちゃ「はい、お願いします!」

【写真:HORI(Photo’sGate)】

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る