G1の見どころをテレ朝が解説!棚橋・内藤・柴田・真壁・オカダの5人が意気込みを語る!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 「ギラギラの夏。メラメラの闘い。」
 今年もやってきた“真夏の最強戦士決定戦” 『G1 CLIMAX 26』各大会の公式戦全カードが決定した。今年は、“史上最大規模”となった昨年同様に全19大会で開催される。
 7月23日(土)東京・町田市立総合体育館、7月25日(月)福島・ビッグパレットふくしま、7月27日(水)長野・ビッグハット、7月28日(木)埼玉・所沢市民体育館、7月31日(日)岐阜産業会館、8月3日(水) 鹿児島アリーナ、8月4日(木)福岡市民体育館など、『G1』初上陸となる会場が多いのも特徴だ。

 開幕戦は、7月18日(月)北海道立総合体育センター 北海きたえーる。そして“シリーズ最高潮”となる、まさにクライマックス…8月12日(金)、13日(土)、14日(日)は“聖地”両国国技館での3連戦と決まった!そして、その”3連戦“をCSテレ朝チャンネル2で生中継することが決定した!!!

 8月12日(金)は両国国技館のAブロック公式戦…メインマッチは “棚橋弘至 vsオカダ・カズチカ。今年の1・4東京ドームのメインイベントの再戦で、今回で9回目の”因縁“の対決!
 オカダは、武藤敬司、佐々木健介以来史上3人目となるIWGP王者としてのG1制覇なるか?また、4年ぶり2回目のG1出場となる丸藤正道は後藤洋央紀と激突する。
 さらに、真壁刀義vs石井智宏、バッドラック・ファレvsタマ・トンガ。去年はNEVER王座を賭けて、何度も激しい抗争を繰り広げた真壁と石井が、久々に両国の舞台で再会。公式戦を超えた名勝負が甦るか? さらにこの日は、バッドラック・ファレvsタマ・トンガの“BULLET CLUB”同門対決も実現。道場時代から考えても、初めてのシングル戦となるだけに、どちらも負けられない一戦となりそうだ。

 さらに、8月13日(土)は両国国技館のBブロック公式戦…今年に入り”覚醒“した内藤哲也VSケニー・オメガ。内藤は今年4月、オカダ・カズチカを破り、悲願のIWGPヘビー級王座を獲得。また、今年6月にNEVER無差別級選手権で、永田裕志を破り、第12代NEVER無差別級王者となった柴田勝頼VS“キング・オブ・ダークネス”EVIL戦も組まれている。
 そして、14日(日)は、長く過酷なシリーズの頂点を決める時間無制限の「優勝決定戦」…。昨年の覇者でもあり、史上3人目のG1連覇を狙う棚橋弘至は、今年1月の東京ドームで敗れ、その後のインターコンチネンタル王座戦やニュージャパンカップでも敗退…と、前半戦は思わぬ「低空飛行」が続く形となった。そして5月21日の後楽園ホール大会で、悪夢の「左肩剥離骨折及び二頭筋断裂」。前述の通り、このG1が「復帰戦」となり、7月31日(日)に“G1初開催”となる地元岐阜での地元凱旋大会が控えるだけに、静かに闘志を燃やしている。
※G1連覇は過去に蝶野正洋と天山広吉の2人しか達成していない。

 ズバリ、ライバルは誰なのか!? …棚橋は「左肩、左腕」と答えた。そしてこう続けた。「復帰のシリーズです。…が、心配御無用。G1連覇の資格があるのは、棚橋弘至だけっ!依って2連覇します!!!」と。
 また、現在「NEVER無差別級」のタイトルホルダー柴田勝頼は「今年のG1ライバルは、”移動距離“」と、もはや人ではなく、物理的スケジュールを挙げた。
 現「IWGPヘビー級」タイトルホルダー オカダ・カズチカは「今年のG1ライバルは、いません。意気込みは……特にありません」と、余裕のコメントを残した。
 今年タイトルを獲った真壁は「豪快に全戦勝利をおさめてやる!」と怪気炎を上げ、自由を売りにする内藤は「G1 CLIMAXという舞台を利用して、我々『LOS INGOBERNABLES de JAPAN』の魅力をさらに広める…というか広まってしまうでしょうね」と勝敗にこだわらないコメントを行った。

 果たして第26代王者は誰が勝ち取るのか?今年も “聖地”両国国技館での3連戦まで目が離せない!

関連記事

サイト内検索

日別

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る
×