悪性脳腫瘍で闘病中のRayが大仁田の言葉を受け6・21後楽園に来場を調整

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 脳腫瘍で闘病中の覆面女子プロレスラー・Ray(年齢非公表)が、超戦闘プロレスFMW6・21後楽園大会に来場する方向で調整中であることが明らかになった。
 Rayは昨年12月25日にMRI検査を受けたところ、左頭部の視床に脳腫瘍があることが判明。そのため、1月21日、腫瘍が良性か悪性かを鑑別するため、生検手術を受けた。2月上旬、医師から腫瘍が悪性で、進行具合は4段階中、「グレード3」と宣告されていた。

 あいにく、腫瘍が手術できない部位にあるため、Rayは3月中旬より、都内の病院に入院し、放射線、抗がん剤治療を受けた。ところが、水頭症を併発していることが判明し、5月6日に緊急手術を受けた。Rayは同14日に一時退院し、現在は自宅療養中だ。

 そんななか、同13日、FMW大将・大仁田厚がRayを見舞い、激励した。大仁田は「Rayは飛ぶ姿もきれいだし、もう1回リングに立って、はばたく姿を純粋に見てみたい。ファンのみんなも待ってると思う。時間はかかると思うけど、病気を克服して、リングに戻ってきてほしい。そのときこそ、『病気に勝ったんだ!』と拳を上げるときだと思う。体調がいいときは会場にも顔を出してくれれば・・・」と話した。

 FMWでは大仁田の発案でRayを支援すべく、8月7日に都内の会場で「Ray AID」を開催する予定だ。「この日だけは軍団の枠を取っ払って、FMWに参戦している全選手が参加して、Rayを応援してあげてほしい」と大仁田。同興行の収益金は、経費を除いた全額が、治療費としてRayに寄付される方向。
 大仁田らの思いを胸に、Rayは6・21後楽園に来場する決意を固めた。Rayは「応援してくれているファンの皆さんも、心配していると思うんで、どうしてもあいさつがしたい。手術受けたばかりで、今はまだ日常生活にも支障がある状態ですが、あと1カ月でなんとか体調を整えたい」とコメント。
 病気療養中のため、今後の体調次第となるが、6・21後楽園でRayはファンに向けて、メッセージを届ける意向だ。来場がかなえば、公の場に姿を見せるのは、JWP5・4板橋での「Ray AID」以来となる。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る