4・24 新日本後楽園ホール大会 オカダ&外道vsSANADA&BUSHI 棚橋&真壁&本間&エルガン&ヨシタツvsケニー&ファレ&タマ&ロア&裕二郎

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Road to レスリングどんたく 2016』
日程:2016年4月25日(日)
会場:後楽園ホール
開始:18:30
観衆:1,564人(満員)

▼シングルマッチ20分1本勝負
○ジェイ・ホワイト
10分14秒 急角度逆エビ固め
●デビッド・フィンレー

▼6人タッグマッチ20分1本勝負
タイガーマスク/●田口隆祐/キャプテン・ニュージャパン
9分53秒 バタフライロック
○YOSHI-HASHI/ロッキー・ロメロ/バレッタ

▼6人タッグマッチ20分1本勝負
○柴田勝頼/KUSHIDA/ジュース・ロビンソン
14分43秒 PK→片エビ固め
永田裕志/●中西学/獣神サンダー・ライガー

▼スペシャルタッグマッチ20分1本勝負
オカダ・カズチカ/●外道
13分28秒 Skull End
○SANADA/BUSHI

▼スペシャルタッグマッチ30分1本勝負
○石井智宏/後藤洋央紀
16分24秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
内藤哲也/●“キング・オブ・ダークネス”EVIL

▼スペシャルイリミネーションマッチ時間無制限
マイケル・エルガン/棚橋弘至/真壁刀義/本間朋晃/●ヨシタツ
0-1
○ケニー・オメガ/バッドラック・ファレ/タマ・トンガ/タンガ・ロア/高橋裕二郎

<一人目>
○真壁刀義
13分58秒 OTR
●タンガ・ロア

<二人目>
●真壁刀義
15分25秒 OTR
○タマ・トンガ

<三人目>
○本間朋晃
17分26秒 OTR
●タマ・トンガ

<四人目>
●本間朋晃
17分46秒 OTR
○バッドラック・ファレ

<五人目>
●棚橋弘至
18分54秒 OTR
○バッドラック・ファレ

<六人目>
○マイケル・エルガン
19分2秒 OTR
●バッドラック・ファレ

<七人目>
○マイケル・エルガン
21分17秒 エルガンボム→片エビ固め
●高橋裕二郎

<八人目>
○ケニー・オメガ
24分8秒 OTR
●マイケル・エルガン

<九人目>
○ケニー・オメガ
27分44秒 片翼の天使→片エビ固め
●ヨシタツ

BULLET CLUBがイリミネーション戦に勝利!SANADAがSkull Endで外道を葬る

第1試合

2016-04-24新日本_第1試合 フィンレーがタックルからポジションを取りに行くもジェイは上手く交わす。リストの取り合いからジェイが首投げで倒すもフィンレーが腕を取っていく。ジェイがアームホイップで投げ両者距離を取る。

 ロックアップからジェイがヘッドロック。走りこんできたフィンレーをバックエルボーで倒したジェイがフォールも1。
 エルボーで倒したジェイがフィンレーにコーナーでストンピング連打。ジェイはフィンレーをコーナーに叩きつけフォールも2。
 エルボーの打ち合いからジェイがニーリフト。さらにニークラッシャーからアンクルホールド。ジェイはフォールも2。ジェイは足を極めていくがフィンレーはロープへ。

 フィンレーはエルボー連打もジェイはニーリフト。ジェイは走りこむがフィンレーが足を伸ばしてカットし、再度ショルダータックルでカットするもジェイはバックブローからロープに飛ぶがフィンレーはドロップキックで迎撃。

 フィンレーがエルボー連打からジャンピングエルボー。串刺しエルボースマッシュからカミカゼを叩き込みランニングエルボースマッシュ。フォールも2。
 フィンレーは逆エビ固めを狙うがジェイが下から蹴りあげて逃れると、フィンレーが串刺し攻撃を狙うが避けたジェイが串刺しエルボースマッシュ。ジェイはブレーンバスターからコーナーに登りミサイルキック。フォールも2。

 エルボーの打ち合いからフィンレーが追走エルボー。ジェイも追走エルボーからラリアットも避けたフィンレーがジャーマンスープレックスホールド。返したジェイに逆エビ固め。これはロープへ。

 フィンレーが上げようとするも、耐えたジェイにエルボースマッシュ。フィンレーは再度エルボースマッシュからロープに飛ぶもジェイはドロップキックで迎撃し片逆エビ固め。これでギブアップを奪った。

<試合後コメント>
ジェイ・ホワイト
「フィンレー、オツカレサマデシタ。彼とはこのリングで若手として戦っている。お互い日に日に成長していることを感じている。昨日はヤングライオンの代表として真壁組と戦った。まだヤングライオンという立場だけれど、チャンスさえ与えてくれれば必ず真壁であろうと誰であろうと倒してみせる。それだけの自信もある。昨日、真壁選手は自分のことをヤングボーイだと挑発してきたが、これから先、必ず真壁選手を超えていこうと思っています。ナゼナラ、コノシンニホンノリングハオレノニワダ!アリガトウゴザイマシタ!」

第2試合

 先発はキャプテンとバレッタ。バレッタのショルダータックルを受けきったキャプテンが「きたまえ」と胸を張る。ロメロも出てきて2人でガットショットからキャプテンはジャンピングショルダーもこれは寄られ自爆しロメロとバレッタはストンピング連打。キャプテンはたまらずタッチしようとするが、田口とタイガーは場外に降りてタッチを拒否。

 キャプテンはバレッタをコーナーに振って地獄突きからリストを捻って自軍コーナーに戻りタイガーにタッチ。タイガーは腕を捻って田口にタッチ。田口も腕を捻ってタイガーにタッチ。再度タイガーは腕を捻って田口にタッチ。田口はキャプテンのタッチ要求を無視してタイガーにタッチ。

 タイガーはロープに飛ぶもロメロがエプロンから蹴り上げ場外にYOSHI-HASHIが落とす。場外乱闘となり鉄柵にぶつけていくと、ロメロがタイガーをリングに投げ入れバレッタがガットショットからロメロにタッチ。

 ロメロはタイガーをコーナーに座らせマスクを剥いでいくが、これはレフェリーが注意し間一髪。
 ロメロは首投げから顔面にドロップキック。フォールも2。ロメロはYOSHI-HASHIにタッチ。

 YOSHI-HASHIはタイガーとエルボー合戦からYOSHI-HASHIがハンマーを落としロープに乗せるとドロップキック。YOSHI-HASHIはロメロにタッチ。

 ロメロはマスクを剥ごうとするが注意される。ロメロはチョップ連打もタイガーがチョップで返し、バレッタがタイガーを羽交い締めにしてロメロが走りこむがタイガーは2人を蹴散らし走りこんできたロメロにバックブリーカー。タイガーは田口にタッチ。

 田口は次々ヒップアタックからロープにもたれかかる3人の顔面に次々ヒップアタック。田口はギタるぜポーズも3方からドロップキックを放ったCHAOSを上手く避けてロメロをロープに振ってヒップアタックも、ロメロはこれを避けて田口のヒップアタックにカンチョー攻撃。ロメロは串刺し連続ラリアット。田口は避けて串刺し連続ヒップアタック。バレッタがレッグラリアートで迎撃するが、タイガーが蹴散らしてロメロを羽交い締めに。だが田口のヒップアタックはタイガーに誤爆し、ロメロがバックキック式の延髄斬りからYOSHI-HASHIにタッチ。田口もキャプテンにタッチ。

 キャプテンはナックル連打からショルダータックルで倒し、トレイン攻撃からタイガーがタイガードライバー。キャプテンがコーナーに登りダイビングヘッドバッド。見事命中してフォールもロメロがカット。
 キャプテンはチョーク攻撃もバレッタがカット。だがキャプテンは2人まとめてショルダータックルで倒すと、YOSHI-HASHIにヒラ・ボトム。フォールも2。

 キャプテンはラリアットもYOSHI-HASHIは避けてトラースキックから走りこむ。だがキャプテンは地獄突きからロープに振ろうとするが、YOSHI-HASHIがバタフライロックで捕らえギブアップを奪った。

<試合後コメント>
ロッキー・ロメロ&バレッタ
ロメロ「ノリノリダゼ~!今夜は六本木に繰り出してパーティーだぜ!西澤!ここに座れ!彼はたくさんたくさんお金を持っている。ゴチソウサマデシタ!」
西澤取締役「バレッタ選手はトレーニングしようと言っています」
バレッタ「そうだ!俺たちはチャンピオンなんだぞ!」
ロメロ「そうだ、俺たちはチャンピオンなんだから、トレーニングは必要ない!今夜はパーティーだ!俺たちは福岡、博多にチャンピオンとして乗り込む!IWGPジュニアタッグ王者として行き、王者としてまた帰ってくる!」
バレッタ「そのためにもトレーニングは大切なんだ。ノリノリはダメだ」
ロメロ「なぜノリノリがダメなんだ。俺はノリノリでいたいんだ!フィエスタ!六本木、最高!」
バレッタ(ため息をつきながら無言で控室に)「・・・」

第3試合

2016-04-24新日本_第3試合 先発は永田と柴田。永田がロープに押しこむも柴田がチョップ。永田が膝蹴り連発も柴田がカニバサミで倒してそのまま離さずアンクルホールド。永田はロープへ。両者タッチ。

 ロックアップからジュースがヘッドロック。ジュースのショルダータックルを受けきった中西はロープに飛ぶが、ジュースはアームホイップを狙うも耐えた中西にジュースが走りこむがタックルを受けた中西が吹っ飛ばす。ジュースはチョップ連発も中西は野人ハンマーで倒し、ナックル攻撃から逆コーナーに振って串刺し攻撃。避けたジュースがアームホイップで投げる。
 ジュースはナックル連打から走り込むが中西はプッシュアップして投げ捨てる。両者タッチ。

 ショルダータックルでライガーが倒し、走りこんできたライガーにKUSHIDAがアトミックドロップからパントキック。KUSHIDAはロープにしがみつくライガーの腕を捻っていくとライガーはロープへ。KUSHIDAは柴田にタッチ。

 柴田はストンピングから腕にニードロップ。更に腕をリングに叩きつけると、エプロンの永田にビッグブーツからジュースにタッチ。
 ジュースはライガーの腕を捻ってからストンピング。腕をリングに叩きつけてからKUSHIDAにタッチ。
 ライガーはチョップ連打から飛び込み前方回転エビ固めを狙うがKUSHIDAが腕固め。KUSHIDAは腕ひしぎに移行も中西がカット。

 KUSHIDAはストンピングから顔面にドロップキック。KUSHIDAはジュースにタッチ。
 ジュースは腕を捻ってコーナーに叩きつけるとロープを使って腕を捻っていく。ライガーは串刺し攻撃を狙うがジュースが腕を蹴りつけてからハイキック。ジュースはダイビングヘッドバッドを投下するがライガーは避けてタッチしようとするがKUSHIDAがカット。KUSHIDAはライガーをミドルキックで蹴りつけ走りこむがバックブリーカーで迎撃し永田にタッチ。

 永田はエプロンの柴田にビッグブーツからジュースにミドルキック連発。永田はコーナーに振ると串刺しビッグブーツからエクスプロイダー。フォールも2。
 永田がバックエルボーからハイキックも、避けたジュースがバックドロップ。ジュースは柴田にタッチ。

 柴田はエルボー連打からコーナーに走るも、追走してきた永田の顔面を蹴り上げ、コーナーに座り込む永田の顔面にミドルキック連発からランニングミドル。さらに串刺しドロップキックを顔面に叩き込んでフロントスープレックス。フォールも2。柴田は背中にサッカーボールキックから顔面を蹴りつけ、永田の顔面にエルボー。柴田がエルボー連発からミドルキックで倒し、永田が投げようとした所を大外刈りで倒す。
 柴田はスリーパーで捕らえるが、永田はショルダーアームブリーカーからナガタロックで白目。その後頭部にKUSHIDAがドロップキックを叩き込んでカット。永田は中西にタッチ。

 中西が柴田をコーナーに振り永田が串刺しビッグブーツ。さらに中西が串刺しラリアットからブレーンバスターで叩きつけフィストドロップ。
 中西は野人ダンスからラリアットを叩き込んでフォールもジュースとKUSHIDAがカット。

 中西はアルゼンチンで担ぐが、柴田はスリーパーで捕らえ着地。エプロンに登ってきた永田にビッグブーツから中西にPKを叩き込んで3カウントを奪った。

2016-04-24新日本_第3試合2 KUSHIDAはライガーを蹴りだし場外乱闘。柴田は永田をスリーパーで落とすと、柴田は永田の顔を覗き込みベルトを掲げてリングを後にする。

<試合後コメント>
柴田勝頼
「たまには話そうか」
――昨日の試合と比べても永田選手にはかなり大きいダメージを与えていましたが?
「あまりにも白目をむきたがっていたから、白目をむかせた。ただそれだけ。(第三世代)最後のおじさんがね、常に熱いよ。楽しそうだね。『これが俺のやりたかったプロレスです』と言わんばかりの気持ちが伝わってくるんだけど、悪いけど俺はそんな低いところで戦っていないから。きっちりカタを付ける。コンディションがいいと言ってるけど、たまにしか熱い試合していないでしょう。そりゃコンディションいいよね。それはいいでしょ」

――昨年天龍さんが引退された時に、柴田選手は「こいつがいれば大丈夫と思ってくれるような試合をしていく」とおっしゃっていたのですが、まさにその通りの戦いかと思いますが?
「お!そうだね、ありがとう!その通りだね。・・・俺は、決めた!俺が勝って、白目のおもしろおじさんに負けた上でナガダンスを踊ってもらおう。うん、それがいい。以上!」

KUSHIDA
「獣神サンダー・ライガーが望むのなら、KUSHIDAが介錯させていただきます。心を鬼にして。もう隙は作らない」

第4試合

2016-04-24新日本_第4試合 オカダはくまモンTシャツをコスチュームから下げて入場。
先発はSANADAとオカダ。ロックアップからオカダがロープに押し込みクリーンブレイクしようとするが、SANADAが体勢を変えてクリーンブレイク。オカダがエルボーからラリアット。オカダが走りこむもSANADAはロープを下げて場外に落とすとトペを発射するかと思いきやエプロンに着地しロープをあげる。

 SANADAはナックルからエルボー。SANADAはロープに振るもオカダはカニバサミで倒しSANADAの後頭部にドロップキック。場外に落ちたSANADAにオカダは飛び込むかと思いきやエプロンに降りてロープを上げる。両者タッチ。

 外道のラリアットを避けたBUSHIがエルボーを落としてロープに振るが、外道はBUSHIを場外に落としてオカダが鉄柵に叩きつける。外道はSANADAも場外に落としてオカダがSANADAを鉄柵に叩きつける。オカダはBUSHIをリングに投げ入れ、外道はナックル連打。コーナーにより掛かるBUSHIにナックルから逆コーナーに振ろうとするが、逆に振ったBUSHIが串刺しエルボーから足を引っ張り落とし外道の股間を鉄柱に叩きつける。そのまま場外乱闘へ。

 BUSHIがリングに戻り外道にサミング。BUSHIはSANADAにタッチ。SANADAは外道にストンピングからコーナーに叩きつけて串刺しエルボー。SANADAはBUSHIにタッチ。

 BUSHIはTシャツで外道にチョーク攻撃。BUSHIは走りこむが外道がマンハッタンドロップ。BUSHIは外道の足に低空ドロップキックから串刺し攻撃を狙うが、避けた外道が走りこむもBUSHIはロープを使ったオーバーヘッドキックからコーナー登る。だが外道がロープを揺らして落とすとBUSHIは落下し股間を強打。外道はタッチしようとするがSANADAがエプロンのオカダを落としエルボースマッシュ。しかし外道がこれをかわしてナックル。外道はオカダにタッチ。

 オカダは次次々エルボーで倒すと、BUSHIがガットショットもオカダはロープに振りフラップジャック。オカダはBUSHIにDDTからスライディングエルボースマッシュ。フォールも2。
 オカダはBUSHIにツームストンを狙うが、着地したBUSHIが延髄斬りから浴びせ蹴り。BUSHIはSANADAにタッチ。

 SANADAは串刺しエルボーから走りこんできたオカダをジャンプして避けてドロップキックで迎撃。オカダの顔面を踏みつける。
 オカダはアームホイップもSANADAはスピンキック。SANADAは走りこむがオカダが担ぐもSANADAが丸め込むがオカダがレッドインク。これはBUSHIがカット。

 オカダがボディスラムからダイビングエルボードロップ。レインメーカーポーズからレインメーカーも避けたSANADAがSkull End。これは外道がカット。

 SANADAが担ぐもオカダが着地しツームストンを狙うがSANADAがDDTの体勢もオカダがリバースネックブリーカードロップ。オカダは外道にタッチ。

 外道はチンクラッシャーからスーパーキック。フォールも2。
 BUSHIが延髄斬りから串刺しダブルニー。SANADAはエルボースマッシュからバックドロップで叩きつけフォールもオカダがカット。
 SANADAはガットショットからロープに振ろうとするも逆に振ったオカダがドロップキックから外道が外道クラッチ。これはBUSHIがカット。BUSHIがオカダにDDTから外道にラリアットも外道は返すがBUSHIがコードブレイカ。SANADAが外道にTKOからフォールも2。SANADAは外道にSkull End。これで外道はギブアップ。

 試合後オカダとSANADAはエルボー合戦。BUSHIがオカダの顔面に毒霧からSANADAがSkull End。SANADAはこれをとくとバットを持ち出しオカダにチョーク攻撃。ふてぶてしくSANADAはリングを後にした。

<試合後コメント>
BUSHI
「ここ最近さぁ、ヘビー級と当たることが多い。ぶっちゃけ体がキツイと思ったことはないよ。むしろ大歓迎だね。いい経験させてもらってるよ。この経験を次のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアへの経験値として、俺がどこまで行けるのか楽しみで仕方ないよ。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。エッセリオ、・・・マジで」

――これまでも多人数でのタッグはありましたが、SANADA選手との2人だけのタッグとなると昔から見ていたファンにとっては思い入れのあるタッグかと思いますが?
「運命というのはわからないよね。俺の人生、プロレスラー人生も内藤というのがひとつの分岐点。そしてSANADAも。まさか全日本から始まって、新日本のリングでこうやって会うなんて。また不思議な運命を感じますね。まさにデスティーノ。SANADAが今は何も語らないけど、熱くなってきてるからね。あえて語らないのかも。もうじきね。それを引き出すのはオカダ・カズチカ・・・」

第5試合

2016-04-24新日本_第5試合 内藤がリングインする前に後藤と石井が急襲。場外鉄柵に強烈に叩きつけていく。
 リングに後藤がEVILを投げ入れるとストンピングからヘッドロック。ショルダータックルの打ち合いから走りこんできたEVILを後藤はミドルキックで倒す。後藤は石井にタッチ。

 石井と後藤はダブルのショルダータックルで倒し、石井はエルボー連打から「来いよオラ」と挑発。EVILはエルボー連打も石井はチョップで倒す。
 石井がヘッドバッド連発からロープに飛ぶも、内藤が場外から足を引っ張り、EVILがチョップから内藤がTシャツでチョーク攻撃。そのまま場外乱闘。EVILは内藤にタッチ。

 内藤は石井をコーナーで逆さ吊りにすると顔面にスライディングキック。EVILが出てきてスリーパーからサーフボードストレッチで捕らえ顔面を踏み潰す。内藤はストンピング連打から石井の顔面にドロップキック。内藤は串刺しキックから振り子式キック。内藤はEVILにタッチ。

 EVILは石井の顔面を踏みつけ、石井はEVILの腹にヘッドバッドもEVILはチョップで倒す。石井はエルボー連打もEVILはサミング。EVILはバックキックから走り込むが石井はパワースラム。石井は後藤にタッチ。

 後藤はミドルキックから走りこんできたEVILの顔面にビッグブーツを叩き込んでラリアット。後藤は村正からバックドロップで叩きつけフォールも2。

 後藤はバックをとるが、EVILはエルボー連打からフィッシャーマンを狙うも、耐えた後藤が髪を掴んで後頭部をリングに叩きつけるとゴトウスペシャル。内藤がカット。
 EVILのラリアットをラリアットで撃ちぬいた後藤がエルボーからミドルキック。だがEVILがキャッチしブレーンバスター。両者タッチ。

 石井がバックドロップ。内藤がエルボー連打も石井がエルボーから串刺しラリアット。石井はブレーンバスターからフォールも2。
 石井がチョップ連打から内藤がエルボー。内藤がマンハッタンドロップからネックブリーカードロップ。内藤が串刺し攻撃を狙うもガードされるがネックブリーカードロップ。
 内藤はコーナーに登るが石井がヘッドバッドを叩き込んで正面に登ると雪崩式ブレーンバスター。フォールも2。

 石井がパワーボムを狙うが内藤は着地。石井のラリアットを避けた内藤がスイングDDTを狙うが、内藤は着地しツバ攻撃から延髄斬り。石井はロープに振るが内藤がジャンピングエルボー。内藤はEVILにタッチ。

 EVILは串刺しラリアットからダークネスフォール。フォールも後藤がカット。

 石井が走りこむも内藤がマンハッタンドロップからEVILがラリアットで倒しフォールも2。
 EVILと内藤がダブル攻撃を狙うが、後藤が出てきてラリアットからEVILに牛殺し。石井がスライディングラリアットも内藤がカット。
 石井はラリアットもEVILは耐えて、石井が左右のエルボーもEVILがエルボーからラリアット。だが石井はヘッドバッドからラリアットで一回転させフォール。だが2。石井が垂直落下式ブレーンバスターで3カウントを奪った。

<試合後コメント>
内藤哲也
「何も語らないことがかっこいいと思ってる人もいっぱいいると思うよ。別にね、何が正解ということもないし。言葉を発することが正解なのか、発しないで、何も言わないで姿勢だけでね、見せるっていうのも大事だし。何が正解なのかわからないけどさぁ。いいかげん石井は口を開いた方がいいんじゃないの。バックステージでじゃないよ。お客様の前で、マイクを持って、ちゃんと挑戦の意志を表明した方がいいんじゃないの。だって対戦相手の俺ですら、なんで挑戦者が石井なのか理解していないんだよ。俺に伝わっていないのに、お客様に伝わると思う?確かに言葉を発しないのも正解かもしれないけど。でもね、もうこの状況を見てみろよ。昨日の後楽園の反応を見てみろよ。なんで石井かわからないって言った時の観客の反応を見てみろよ。ちゃんとマイクを持って皆様に意志表示すること。今の石井にはネセサリオ(必要)なんじゃないですか?それがこの新日本プロレス、そして福岡国際センターに楽しみに会場に来るお客様への礼儀なんじゃないの?石井、ほんとこのままじゃ誰にも伝わらない挑戦になるよ。俺の言うようにほんと消化試合になっちゃうからね。それでいいならもう二度としゃべるな。ずっと黙っとけ、カブローン(バカ野郎)!」

第6試合

2016-04-24新日本_第6試合 ファレがリングアナを倒しケニーがマイクを持ち自分をコールするとBULLET CLUBが急襲。それぞれOTRを狙うが、ヨシタツが逃れて全選手を救出。

 真壁がロアとロックアップからロアがヘッドロック。ショルダータックルを真壁が受けきると、背後からタマが襲いかかるが真壁はガードしナックル連発。真壁は本間とタッチ。

 タマをバックエルボーで倒した本間がヘッドバンカーから投げようとするがタマが逆にボディスラム。タマが小こけしを投下も本間が避けて小こけしを投下するがこれもタマは避ける。両者タッチ。

 棚橋とファレがロックアップからファレがロープに押し込む。棚橋がチョップで逃れてカニバサミでファレをロープにもたれさせると尻を叩いてヨシタツにタッチ。

 ヨシタツはショルダータックルからロープに飛ぶが裕二郎が足を引っ張り場外に引きずり出す。場外乱闘になり、リング上ではケニーがTシャツを脱ぎ腰をふる。
 ヨシタツがリングに戻り、ファレがナックル。タマがヨシタツの顔面を場外から殴り、ファレがタマにタッチ。
 タマがナックルからヨシタツコールを煽る。タマがキャメルクラッチから裕二郎にタッチ。
 タマは首投げから裕二郎が顔面にドロップキック。裕二郎はロアにタッチ。

 ヨシタツはエルボーもロアはエルボーで返し、タマと合体ネックブリーカードロップ。タマはファレとタッチ。
 ファレは串刺しボディスプラッシュからフォールも2。ファレはケニーにタッチ。
 ケニーはTシャツを使ったスリーパーからチョップ。エルボー連打からカミカゼからライオンサルト式フットスタンプ。避けたヨシタツに走りこむがヨシタツはレッグラリアートで迎撃しエルガンにタッチ。

 エルガンは裕二郎とケニーにドロップキックからケニーに串刺し攻撃を狙うがケニーはビッグブーツで迎撃しコーナーに登るもエルガンは延髄斬りから正面に登る。カットに来た裕次郎を担ぎ、ケニーも一緒に担ぐと2人まとめてバスター。フォールも2。

 エルガンはケニーに前後からのラリアット。更にラリアットもケニーは避けて低空ドロップキックで倒すとコタロークラッシャー。ケニーはロアにタッチ。エルガンも真壁にタッチ。
 ショルダータックルのぶつかり合いから真壁がパワースラム。真壁は串刺しラリアットからナックル連打。そこをタマが背後から襲いかかりOTRを狙うがこれは棚橋達が救出。

 ロアが真壁をコーアーに振り、トレイン攻撃からフォールも2。ロアは真壁を叩きつけてフォールも2。
 ロアが真壁のバックをとるがタマのラリアットは誤爆。真壁がラリアットで倒しロアを落とそうとするが、ロアはエプロンに着地。だがロアがリングに戻ろうとした所を真壁がラリアットで落とし失格にさせ、さらにタマにジャーマンスープレックスホールドも2。

 タマにトレイン攻撃からエルガンからのハイフライフローを投下し本間が小こけし。真壁がフォールも2。
 本間がコーナーに登り真壁がタマを肩に担ぐが、ロアが本間をコーナーで落としタマが真壁をOTR。タマが串刺し攻撃を狙うが避けた本間が串刺しエルボーからエースクラッシャー。本間が小こけしからナックル。
 本間のラリアットを避けたタマとロープワークの応酬になるが、タマが走りこんだ所で本間がラリアットで迎撃。本間が走りこむがタマがアームホイップでエプロンに投げ落とす。タマと本間はエプロンでの攻防となるが、タマがヘッドバッドからファレがラリアット。だが本間が避けてこれはタマに誤爆しタマがOTRで失格。
 本間にファレがグラネードを叩き込み本間もOTR。棚橋が出てきてファレを落とそうとするが、ファレはロープを掴みなんとかリングに戻る。

 棚橋はボディブローからコーナーに振ろうとするが逆に振ったファレが串刺しボディスプラッシュ。避けた棚橋をファレはロープに振って落とそうとするが、棚橋はロープを掴んでなんとかとどまる。アイルビーバックを狙った棚橋をファレが落として失格にさせると、ファレをエルガンがラリアットで叩き落としファレも失格。ケニーがエルガンを裕二郎とともに落とそうとするが、エルガンは2人を蹴散らし裕二郎に串刺し攻撃を狙うが裕二郎はビッグブーツからスーパーキック。裕二郎が走りこむもエルガンはラリアットで迎撃し、エルガンボムを狙うがケニーはリバースフランケンでマットに突き刺し救出。

 ケニーと裕二郎はOTRを狙うがヨシタツが救出。
 ヨシタツは走りこむがケニーはスーパーキック。裕二郎がフィッシャーマンバスターからケニーと裕二郎でエルガンにダブル攻撃を狙う。だがエルガンはバックし裕二郎をコーナーに押し込みケニーの串刺し攻撃を誤爆させると、裕二郎に向かってケニーをエクスプロイダー。エルガンは裕二郎にエルガンボムでフォールし3カウント。裕二郎は失格。

 エルガンとケニーはエルボー合戦からエルガンがエルボースマッシュ。ケニーがジャンピングニーから高速ドラゴンスープレックス。ケニーはジャンピングニーも避けたエルガンが投げ捨てジャーマン。エルガンはぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールド。
 エルガンは串刺し攻撃を狙うが避けたケニーがフランケンを狙うもエルガンはキャッチしコーナーに向けて投げ捨てパワーボム。ケニーを投げようとするが、エプロンに次々出てきたバレットクラブを落とし、裕二郎とケニーを2人まとめてバックフリップ。
 エルガンはエプロンのケニーを投げようとするが、ケニーはエルガンを投げ捨てOTR。

 気配を消していたヨシタツはケニーの顔面をコーナーに叩きつけスワン
ダイブミサイルキック。
 走りこんで来たケニーにニールキックからローキック連打。ヨシタツはスピンキック式の膝蹴りからフォールも2。
 ヨシタツはライジングニーを狙うもケニーが逆にライジングニーからランニングニー。フォールも2。

 ケニーはスタイルズクラッシュを狙うが耐えたヨシタツにコールドスプレー攻撃を狙う。だがヨシタツはガットショットから逆にコールドスプレー攻撃を仕掛けスクールボーイも2。

 ヨシタツはライジングニーからペディグリーを狙うが耐えたケニーを丸め込むが2。
 ケニーはジャンピングニーを顔面に叩きこみ、片翼の天使で3カウント。

 BULLET CLUBはリングから邪魔者を一掃し、真壁がチェーンを持ってリングに上がるとBULLET CLUBは場外へ。真壁達は憤りながらリングを後にした。

<試合後コメント>
真壁刀義
「最高だ!最高の屈辱だ。上等だ、バカ野郎!タイトルマッチまで楽しみに待ってろ。今日で火が付いた、完全に火が付いた。ベルト?そんなもんどうだっていいんだ。あいつらの存在ごと消してやる。それだけだ」

本間朋晃
「おいタマ兄弟。何を余裕ぶっこいているんだ。追うものの強みを見せてやるから!」

棚橋弘至
――昨日の借りを返されてしまった結果となりました
「大丈夫。大丈夫。手ごたえはあります。大丈夫。ただ、俺がふがいないね。ヨシタツをひとり残してしまったというね。俺がしっかりしないと」

――これから3人でのチームの完成度を高めていく時期なのかなとも思うのですが?
「今日はダメだったです・・・」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る