飯伏幸太がDDTプロレスと新日本プロレスを退団!『飯伏プロレス研究所』を設立した飯伏は「怪しい動きをしたい」

  • 0
    Google+でシェア
  • 2
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

22日、DDTプロレス事務所にて飯伏幸太に関する会見が行われた。高木三四郎社長、鶴見亜門GM、飯伏幸太の3人が会見場に現れると、まずは亜門GMより

亜門GM「飯伏幸太が2月いっぱいをもちまして、DDTプロレスリング及び新日本プロレスとの所属を解除しまして、両団体を退団することになった事をご報告させていただきます。病状の経過といたしまして、長期欠場の原因になりました頚椎椎間板ヘルニアに関しては治療のかいあって完治致しました。その後腰に異変を感じるようになりまして、診断をした所腰椎すべり症であることが判明しました。しかしこれに関しても治療の結果ほぼ完治しておりまして、お医者さんの方からもいつ復帰しても問題ないという診断をもらっております。復帰ということを具体的に考えた時に、本人の中である思いが生じたとようです。ここからは本人に説明してもらいたいと思います」

と飯伏へ促す。飯伏は紙を取り出すと、それを読みながら

飯伏「今日は、お集まりいただきありがとうございます。身体は治りました。お医者さんからもGOサインをもらってます。身体が良くなって、目標を具体的に考えた時に、これまで通りにニ団体に所属してプロレスを続けていくことに対して、気力的にも体力的にも限界を感じることとなりました。続けていくことに対して、最初に二団体所属の話をもらった時にはすごくワクワクしましたし、それから2年間自分なりに頑張ってきました。ちょっと疲れました。また今のスタイルでやれることはすべてやりきったという思いは正直あります。なのでこれからは、これまでにない新しいプロレスの可能性を追求していきたいという思いが強くなり、DDT、新日本プロレスの両団体に契約の解除を申し入れ、了承してもらい、自分としては両団体を卒業するという気持ちです。今後は新たなプロレスの可能性を追求する『飯伏プロレス研究所』を立ち上げていきたいと思っています。具体的なことはまだ何も決まっていませんが、決定したら報告させていただきます」
と読み上げた。

亜門GM「今本人から説明がありましたように、今後のプロレス活動は『飯伏プロレス研究所』所属として行っていくこととなります。芸能活動に関してはこれまで通りオスカープロモーション所属として活動してまいります。最後にもう一つ本人から発表があります」

飯伏「3月21日の両国、DDTの両国国技館大会に参戦します。それが僕の復帰戦、そして飯伏プロレス研究所所属の第一戦となります」
亜門GM「対戦カードとしましては、現在発表しておりました高木三四郎&葛西純組対KENSO&中澤マイケル組の路上マッチに、飯伏幸太&伊橋剛太組を加えました3WAYタッグマッチとさせていただきます。この試合になりました経緯に関しても」

飯伏「路上、高木さん、中澤さんが居るということで、そこしかないと思って決めました。僕は両国で路上をやったことはないんで、伊橋と一緒に怒られるようなことを沢山したいと思います。本当に爆発したいと思います」

高木「そうですね、まああの、何度か話をしていた中で、2月入った当たりで、本人からの申し出もあったんですが、その、正直ね、寂しくないと言ったら嘘になるんですけど、やっぱり飯伏幸太という人間が、ほんとにプロレスの新しい可能性、そしてもっともっとプロレスを世間に広めてくれるんじゃないかなというすごく期待がありまして、私、そしてDDTとして快く送り出してあげたいなと、申し出を受けたいかなと思いました。新しいプロレスの可能性ってそれはもう僕もわからないし、本人も漠然としてる部分もあるとは思うんですけど、なんかすごくワクワクするキーワードだなと思って。自分の中では、これでね飯伏幸太と自分、そしてDDTの関係が切れたわけではない。何か我々でできることがあれば応援してあげたいという気持ちもあるし、そしてまあ復帰戦の場所として3月21日の両国大会を選んでくれたということに関して、これはほんとにもう壮行試合とかそういうんじゃなくて、飯伏の新しい門出を祝う、爆発した試合っていうんですかね?本人の言葉を借りれば(笑)自分もそれに関わってるんで、まあとにかく、すごい試合にしたいなと思っています」

菅林会長からのコメント
「飯伏選手の新しいチャレンジに期待しております。今後もまたタイミングが合えばまた新日本に上がっていただきたいという気持ちは変わりませんので、その時はよろしくお願い致します」
2016-02-22飯伏プロレス研究所
<質疑応答>
――気力体力ともに限界を感じるようになったという話だったが、いつ頃から
「そうですね、僕の中でも結構最初から常に限界ではあったんですけど、すぐに限界が来て、でもそれも乗り越えて、また限界が来て、それも乗り越えて、それを何回も何回も繰り返して、最終的にはこうなったということですね」

――最終的に乗り越えられないキッカケや理由は
「ん~もう乗り越えられないっていう状態は相当前の段階ですね」

――それはこの試合があったからやりきったとかは
「やりきったとかは特にはなかったですけど、あまり覚えてなくて、はい(苦笑)」

――菅林会長から新日本にまた上がって欲しいという言葉もありましたが
「まあ機会が合えば。タイミングがあれば」

――契約を解除ということですか、DDTや新日本の中でやり残したことは
「そうですね、やり残したというよりも次、新しいことに今向いているので」

――飯伏プロレス研究所は一人ですか?
「一人ですね」

――今後誰かを誘ったりとかは
「それも全く決まってないんですけど、ちょっと怪しい動きをしていきたいなと思います」

――3月21日の両国の復帰戦移行っていうのはなんかこう試合に出るとかは
「3月21日の後?全く決まってないですね」

――今回やっぱり飯伏選手の欠場を心配していたファンの方も沢山いらっしゃると思いますが、ファンの皆さんへ伝えたい事は
「そうですね、突然やっぱりちょっと色々、僕の中で限界が来た部分もあったんで、こうなってしまったのはちょっと本当に申し訳ないと思っています。これからは別にその、DDTとも切れたわけじゃないし、今後新日本プロレスにも出れるんならドンドン出ていきたいし、いつでもまた、見れると思います。またよろしくお願いします」

――芸能活動でやりたいことは
「芸能活動のほうも、ちょっと怪しい動きをしていきたいと思います」

――言える範囲で具体的にやってみたいことや今後上がってみたいリングは
「僕の想像の中ではあるんですけど、あの、言葉にはできないでいます。あの、説明ができないです。でも、あります!何かが!」

――今のスタイルをやり尽くしたということでしたが、試合自体のスタイルも変わるのでしょうか?
「そうですね、そこに関しても、自分の身体の勘というか、今のスタイル、いつも全部勘でやってきたんで、もし同じスタイルじゃないと自分がダメだなと思ったらそうなるだろうし、そこは自分で考えてないです」

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る