関本大介と長井満也のタイトルマッチが決定!初代タイガーが二人のストロングスタイルに太鼓判

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月17日(水)、リアルジャパンプロレスが東京・興義館において記者会見をおこない、初代タイガーマスク同席のもと、3・24後楽園ホール大会におけるレジェンド選手権試合【王者】関本大介vs【挑戦者】長井満也を発表した。

『初代タイガーマスク黄金伝説~LEGEND OF THE GOLD Ⅳ』
日時:3月24日(木)
会場:後楽園ホール
試合開始:18時30分

▼メインイベント レジェンド選手権試合
【王者】関本大介(大日本)
vs
【挑戦者】長井満也(ドラディション)
※第9代王者の初防衛戦

 会見には初代タイガーマスクがタイトル戦決定について同席し、王者・関本大介と挑戦者・長井満也が出席のうえ試合への意気込みを述べた。

初代タイガー「関本選手と長井選手の試合ですけども、前回(12・9後楽園)、関本選手が船木(誠勝)選手と大変な試合、これぞストロングスタイルという代表的な試合をやっていただいたんですが、次回続く選手としまして長井満也選手がいます。私たちが一番期待している選手です。ストロングスタイルの牙城を守ってくれる人たちがストロングスタイルの試合をしてくれる、最高の試合をしてくれる、このことにかけてますので、それにふさわしい挑戦者ということで、長井選手が挑戦してくれます。必ず、前回にも勝るとも劣らない、いい試合をしてもらえるということを念頭に置いて、この試合を組んでます。期待してください、みなさんも。ストロングスタイルの牙城を残れるかどうか、これに全部かかっていると思いますので期待してください。よろしくお願いします」

長井「今回自分が挑戦させてもらえるのをOKしてくれたリアルジャパンさんに感謝します。自分が今年プロレスデビュー25周年になって、自分もレスラーとしての残りの時間とか試合の数とかを考えると、完全燃焼したい、自分が燃えられるような試合をしたいと思うようになり、そこで、ボクは前から関本君と試合をやりたいなと思っていたので、前回の後楽園ホール、その関本君が船木さんと熱い試合をしてチャンピオンになったので、誰も挑戦の手を上げる前に、自分が一番最初に手を上げさせてもらいました。当日は、ファンの人に喜んでもらうのはそうですけど、プロレスラー長井満也、自分が満足できる試合をおこないたいと思います。よろしくお願いします」

関本「大日本プロレスの関本です。去年の12月、船木さんに勝つことができてレジェンド王者になることができ、そして、長井選手がその後リングに上がってきて、ボクをしっかりと見つめて、挑戦させろと言われました。自分はその熱意に応えたいと思いました。だから、3月24日、後楽園ホール大会ではチャンピオンとして、長井さんの長井選手の気持ちをしっかり受け止めて、レジェンド王者を防衛したいと思います。よろしくお願いします」

初代タイガー「2人の間に挟まれているだけでもワクワクします。長井選手が挑戦したいという意向を伝えてきたとき、それ自体が嬉しくて嬉しくてしょうがなかったです。長井選手、あるいはウチのストロングスタイル継承を守ってくれる選手、ウチにしかいないようなストロングスタイルとプロレスを融合したような選手たちというのは、なかなかウチにしかいないんですけども、その選手のひとりを育てることができる、2人が育っていくことができる。前回のストロングスタイル代表的な試合をやっていただいた関本選手に対してもお礼を言いたいし、船木選手に対してもお礼を言いたいし、いま2人がここにいるだけでワクワクしてくる状態が続いています。いかにこのストロングスタイルの牙城を守っていけるかどうか。その牙城を観客のみなさんも見られるということが、本当に大変幸せだと思います。リングの闘いのなかにあるんだと。闘いのなかなんだというストロングスタイル。闘いを見にきてください。この2人の白熱を見にきてください。それを声を大にして言いたいと思います。2人の特別な感情というのは、(髪の毛をかける)カベジェラ・コントラ・カベジェラの試合になるかもしれないので、よろしくお願いします。(長井のほうを見て)ウン? まあいいか。そのくらい熱意のこもった試合になりますので、ある意味では船木選手、前回の試合に勝るとも劣らないような試合展開になってくることを期待していますので、ぜひ、ぜひ、いい試合をいただけるものと。長井選手の蹴りの力も2倍くらいになっていると思いますので、そのくらい速いと思いますので、関本選手も油断しないように頑張っていただければ。それがいい試合になっていくと思いますので、期待してやまない。もう胸がワクワクしてる試合です。頑張っていただきたいと思います」

――前回の関本vs船木が非常に素晴らしい試合だったが、その試合と、王者・関本選手の印象は?
長井「いやもう、ボクは昔から関本選手の素晴らしさは知ってるし、それで、今ってこう、それがボクの目指すスタイルになるかもしれないですけど、どっちかというとプロレス会場でどこどこの団体の誰ですって自己紹介をしてくれる若い子がいるんですけど、ボクからしたらキミがプロレスラーなのっていうような子が最近多い気がするんです。それこそ街中でその辺の兄ちゃんとケンカしたら負けちゃうような。ボクのなかのプロレスラー像っていうのはそうじゃなくて、それを考えると、関本君というのはリングに上がって体を見せただけでもコイツはレスラーなんだ、コイツは強いと。技を受けるときも強い気持ちで正面から受けるし、自分から攻めるときも迫力があるし、だからボクは、そういうボクがプロレスラーだと認めている人とプロレスの激しい試合をしたいです、ハイ」

――最初の挑戦者に長井選手が決まったことについて。
関本「まず去年の12月にベルトを取ったときに長井さんが長井選手がリングに上がってきて、自分を見つめるその目を見て、あ、これは本気だと感じました。気持ちが伝わってきました。以前も何度か闘ったことがあったんですけど、不透明決着に終わったりしてたので、その目を見てですね、今度は男と男の勝負ができると、ハイ」
――初防衛戦の相手にふさわしい相手?
関本「その通りです」

――長井選手は過去に2度レジェンド王者(第4代&第6代)になっているが最初の王者時代、2度に渡り関本選手と闘い2度とも両者リングアウトに終わっている(2010年11・7相模原&11年2・18代々木)。今度のタイトル戦は決着戦の意識もある?それとも過去とはまったく異なるもの?
長井「ボクも年齢とキャリアを重ねて成長してると思うし、関本選手もいまの日本のプロレス界のトップまで上がってきている選手だと思うので、3度目ですけどボクのなかでは過去の2回を引きずるとか、それに比べようという気持ちはないです、ハイ」

――関本選手のコメントのなかでの「不透明決着」とは、その両者リングアウトを指している?
関本「そうですね、ハイ」
――こんどは立場を変えての対戦だが。
関本「まあ、王者としてその試合に臨みます」

――長井選手は25周年とのことだが今年やろうと思っていることは? 
長井「ボクは25周年、正直自分が選手としてこんな長くできるとは思ってなかったので、まあ特別自分で25周年の興行というか大会を打つということはいまのところ考えてはいないです。ただ自分がドラディション所属で、こういうふうにリアルジャパンさんのリングにも上げていただいているので、そこで25周年の自分のなかで記念になるような試合が1試合か2試合させていただければいいなとは思ってます」

――今回のタイトル戦はそのうちのひとつでもある?
長井「そうですね、今年一年のスタートだと思います」

初代タイガー「(2人の意気込みを聞いて)関本選手は王者としての風格としても当然、前から若い選手ですけど、伸びてくる選手だと思ってましたけども、当然伸びてきたということです。長井ちゃんに言いたいのは、たとえば、強い選手がリングの上で強さを作っていって輝くのは当たり前なんですよ。それができるのがリアルジャパンプロレスなんで。見た目だけでドタバタやっているのが輝ける選手、プロレスラーだと思っている世間があるとしたらそれは大間違いなんですね。強い選手が光り輝く、これがリアルジャパンプロレスの一番の本道なので、その点では長井ちゃんは前から本当に期待している選手なんですよ。それは表面上のことはワーッと悪役ぶったり迫力があったりですけど、本当は動きなんですよ。その動きを、蹴りのスピードをもっと倍にしてもらいたいし、倍になるだろうし、もっと老獪なテクニックもあるだろうし迫力もあるだろうし、違う面で関本選手はもう迫力は持ってるし、その実力という点ではお互いが均衡している世界のなかで、長井ちゃんに上がってきてもらいたい。上がらなければリアルジャパンのリングではないということですね。ストロングスタイルはそういうものです。強さがなければリング上にはきてはならない、資格がない。これをもって光り輝いてほしい。(長井の頭を見て)長井ちゃん光り輝いて、あれ…。光輝いてる方面で光り輝いてほしいと思いますね。それがリアルジャパンのリングだということを証明してもらいたいですね。お客さんもそう思ってもらいたいですね。その迫力ある実力と迫力ある関本選手のプロレス、根性って言うんでしょうか。そういうものなにも言うことはない。先ほども言ったように2人がいるだけでワクワクしてくるようなそういう期待感でいま胸いっぱいです。ボクが胸がいっぱいのように、お客さんもその心意気がわかってくれれば胸いっぱいになれると思います。すごくいい試合になると思いますよ。以上です」

(記事・写真提供/リアルジャパン)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×