学生プロレスサミット2016直前インタビュー[第1回]ハス向井理(UWF4年)

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月26日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットも今年で8年目となり、今年はUWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、九州産業大学プロレス研究部(KWF)の4団体に加えHWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)が5年ぶりに正式復帰。

団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

一人目はUWF関東学生プロレス連盟(早稲田、慶応、駒沢、法政、東海、中央、東洋など)に所属し、今回の学生プロレスサミット2016にて代表を務めるハス向井理選手に直撃した。

<ハス向井理(UWF4年)>
――まずはなぜプロレスという存在を知ったのでしょう
「自分が中学の終わりぐらいからWWEを見ていたんですけど、それからですね。もともと兄がこういうの面白いのやってるよって。誘われて見ていたら僕のほうがハマっちゃった感じです」

――では最初に目指した選手は
「僕は好きな選手が今新日本とDDTの飯伏幸太さんと、今WWEに行っちゃったDRAGON GATEのPACがすごい好きで、それでプロレスがすごい好きになったんで目標というか参考にしてますね。印象深く残ってるのは2011年の新日本プロレス『BEST OF THE SUPER Jr.』決勝で行われた、飯伏幸太対プリンス・デヴィットの試合でしたね」

――学生プロレスを始めるのにハードルはありました?
「まあでも、ちょっとはやっぱりありましたね。やっぱりプロレスをやるってなると、危険が伴ったり危ないようなイメージがあったんで、そこに行って大丈夫かなって思いはありましたけど。それよりやりたい気持ちのほうが強かったですね」

――飯伏選手やPAC選手を目指しているという事でしたが、ハス向井理選手はどのような選手なのでしょうか?
「自分から見ると、不思議というか、なんで4年間やってこういうレスラー像になったのか結構不思議な感じですね。自分は全然なんか1年生の時とかそういうイメージがなかったんですけど、なんかやってくうちに自然とこういう感じになったんで不思議な感じですね」

――気がついたら学プロ界のイケメンレスラーとなりました
「なってますね(笑)別にそんな、なんでそうなるのかあんま別にそう思わないですけどね」

――学生プロレスはサミットを最後に引退されるわけですけど、4年間やりきってみていかがでしたか
「4年間やって良かったなって思うのは、学生プロレスラーとしてもそうなんですけど、一人の学生として人間としてすごい成長できたなって部分が大きくありましたね。(学プロ)サミットの代表としても活かされてます。僕は3年生の時にUWFの代表してたんですけど、その経験がすごい大きいですね」

■UWF関東学生プロレス連盟とは

――UWFは高学歴で頭を使った試合を求められてると思います
「僕は結構そういう感じはあんまりないです。UWFは高学歴っていうよりかは、結構先輩たちからもUWFの選手は4年間やっていくうえで、1年生は下積みが基本的な技をやって、なんていうんですかね、今他の学生プロレス団体とかよりかはそういう昔っぽい感じがするんですよね。古風じゃないですけど昔ながらのイメージ」

――ご自身で思うUWFが他の団体に負けない部分というのはどこでしょう?
「自分はUWF、興行として一個のパッケージがすごいあるっていうことと、僕は色んな他の団体の試合とか見たりするんですけど、UWFの試合が1番こう、贔屓目もあると思いますけど熱い感じがしますね」

――UWFの先輩に元博報堂レスラーとして話題の潮吹豪(三富政行)選手もいらっしゃいますがどのような印象でしょう
「三富さんはUWFの中でも主流じゃなくて、一個こう道を外れたっていうか、我が道を行くみたいなタイプで。それを切り開いてるわけじゃないですか?その辺のエネルギッシュな所とかはすごいなと思いますね。僕一年生の時に結構三富さんに練習とかしていただいて『学プロレスラーは見た目が大事だ』とおっしゃってたんですよ。確かにそうだなと思って、だから筋トレを頑張ってる所とかもあって」

――では先輩の中で尊敬していた方はどなただったんでしょう?
「やっぱり僕がやっていた一個上の稲村さん(ちんことみつき)にはすごい影響を受けましたね」

■学生プロレスサミット代表を務めて

――学生プロレスサミット2016が今までのサミットと違う部分はありますか?
「運営とかだと今までのサミットは結構直前になって色々手配とかドタバタしちゃうんですよいつも(苦笑)それをまあ、無くそうっていう所ですかね」

――カード発表もすごく早い段階で行っていましたね
「そうなんですよ!とにかく早め早めにやって、今回新宿FACEということで去年の後楽園ホールよりかは箱自体は小さくなっちゃうんですけど、でも例えば来年以降の子たちが後楽園でやるとかもっと違う会場でやるかもしれないと考えた時に、遅く動くよりかは早く動いて良い例を示してあげたいなと」

――今回はその効果もありチケットも早々に売り切れ寸前ですが、後楽園ホールでやっておけばよかったという気持ちはやはりありますか?
「そういう気持ちもちょっとはありますね正直(苦笑)去年の学生プロレスサミットがかなり僕、3年間やってて一番楽しかったし、成功という感じがしたんで、今年も後楽園となると僕らもお客さんも去年と比べちゃうと思うんですね。それで去年の人達と戦ってもいいかなと思ったんですけど、まあ僕らは僕らで違う色を見せたいなと思って、皆で話あって新宿FACEとなりました」

――その違う色というのは具体的にはどこに
「今回HWWAの選手を試合に起用してっていうところが今までとは違う所かなと」

――去年まではレフェリーとしてHWWAの選手は参加していましたが、選手として復活させたというのは団体としてHWWAが復活したという事ですか?
「やっぱり今までどうしても色んな事をやってて、やりつくされてる感がやっぱあるじゃないですか?今までと同じことをやるよりかは失敗しちゃったとしても常に新しい事にチャレンジした方がいいと思いこういう感じにしました」

■学生プロレスサミットのメインを務めるにあたって

――そんな中メインイベントに出場されるわけですが、プレッシャーはありますか?
「ありますねやっぱり。僕がコケちゃったらそれまで良い流れで来ていたものがおじゃんになっちゃうし、良い意味で緊張っていう風にとらえたいと思いますね」

――相手のオナホ・ハズシタ選手の印象は
「とにかく彼はでかいじゃないですか?結構自分自身に、見た目とか結構僕服来てたりしてると普通の大学生っぽいって言われるんですよ。プロレスやってるって意外だねみたいな。彼とか去年のメインに出場したちんことみつき選手だったらひと目でプロレスラーってわかるじゃないですか?そういう所に良いなって気持ちがありますね」

――メインはパワーとテクニックの闘いになるわけですが、初めてプロレスを見る方にここを見て欲しいという部分はありますか?
「とにかく僕は、技術とかパワーとかもあると思うんですけど、とにかく学生が一生懸命頑張ってるというか、そういう部分を見て欲しいですね」

――そこが学生プロレスの1番の魅力だと
「はいそうですね。とにかく学生が一人ひとり学生プロレスサミットを成功させようとその日一日色んなお客さんが来る中で、そういう中僕の試合を見ろというのではなく、学生の頑張りとか、学生達が普段こういうことをやっているんだというのを見て欲しいですね」

2016-02-04学プロサミットインタビュー_ハス向井理1■ハス向井理ではなく高橋祐二郎として

――ハス向井理選手は普段はプロレス以外はどんなことをされているのでしょう?
「そうですね、あんまりプロレス以外の所がなくて、お前つまらないねとか言われたりするんですけど(苦笑)ただプロレスを初めて同時にはまってるというか趣味になりつつあるんですけど、ジムでトレーニングするって事がすごい僕はそこですかね」

――就活も終わったと思いますが
「はい、普通に就職しました」

――プロへの憧れはありました?
「あ~、まあありましたね正直。その、僕元々プロに実は行きたかったんですよ。学生生活4年間でチャレンジして、ダメだったら諦めようと思って大学に来て。だったら好きなこと、プロレスやろうと学生プロレスやったんですけど。途中でプロに行こうかなと考えたりもしたんですけど、やっぱり学生プロレスをやりながらプロに上手く行くっていうのはできないなと思って。どっちかを捨てるしかないなと思った時に、今やってる学生プロレスに集中したいなと思ってプロは普通に諦めてプロレスは普通にこれから社会人の中で試合観に行くとかも出来るじゃないですか?草プロレスで社会人でやってらっしゃる方もいるんで、そういう形でプロレスとは関わっていければいいなと今は思っていますね」

――就活に学生プロレスをやっていたことは有利に働きましたか?
「僕は働きましたね!学生プロレスだけで受かったと言っても過言ではないですね!」

――そこは詳しく聞いてもよろしいですか?
「珍しいですかね!?」

――面接で好印象だったという事でしょうか?
「メチャメチャ(学生プロレスをやっていることを)言ってましたね。まず僕そこそこスーツ着ると体鍛えてるんで『なんかスポーツやってるのかな?』って思われるんですよ。『何スポーツやってるの?』って聞かれて、普通の人は野球とか、サッカーとか、体格いい人だったらラグビーとか言うじゃないですか?僕の場合学生プロレスですって言うとそんな学生やっぱりいないんですよ他には、基本的には(笑)なんで、『ん?なんだこいつは?』って思われて、目立てるっていうか、その部分はすごいありがたかったですね」

――何社も受けられたと思うんですけどほぼほぼ同じ反応だった
「そうですね、基本的には『就活するうえで1番学生時代熱中したことなんですか?』と聞かれるんですけど、僕は学生プロレスですってどの会社でも言ってましたね」

――面接官はそこに食いついてくると
「そうですね」

――目指している会社に入れた形ですか?
「そうですね。今変なプロレスラーが一人来るぞって多分言われてると思います(笑)」

――ところで現在彼女はいらっしゃいますか?
「えぇ、まあ(照笑)」

――学プロ界のリア充側なんですね
「学プロ界はリア充側非リア充側で分ける感じだったんですか!?」

――毎年インタビューしていますが、最近は皆彼女がいるなと思いまして(笑)
「なんか確かにちょっとこう空気が変わったというのは感じますけどね(笑)でも今の、僕今4年生ですけど、僕より下で・・・あんまり、元に戻りつつあるんじゃないですかね(笑)」

――そんな後輩たちに伝えておきたいメッセージはありますか
「とにかく、学生プロレスを楽しめということですかね」

――ありがとうございました!最後に学生プロレスサミットに対する意気込みをお願いします
「自分は学生プロレスサミットメインに出場するんですけど、それが自分としては最後の試合になると思いますし、僕のそのキャリアということを抜きにしても、一日限りのお祭りで、そこでハマって、学生プロレス色んな団体見に行く人もいると思うので、好きな選手とか、この人覚えてるとかっていうのを見つけて欲しいですね。あとはやっぱり、学生たちの本気度や熱さとかを見て欲しいですね!」

『学生プロレスサミット2016』
日時:2016年2月26日(金)
会場:新宿FACE
開場:17:30 開始:18:30

▼第1試合 タッグマッチ
ディック・ズレーター(NUWA1年)/ちんげそーれ親父(SWS1年)
vs
カンニングばれ山(UWF1年)/チョコット・シタイナー(SWS1年)

▼第2試合 6人タッグマッチ
クリトリスティアーノ・ロナウド(HWWA2年)/潮崎マジックミラー号(HWWA1年)/MOCOみちのく(HWWA1年)
vs
アレクサインダー大塚(SWS4年)/ボジョレー女房(UWF3年)/ジェロム・メロンパンナ(NUWA1年)

▼第3試合 タッグマッチ
”両刀戦士”ホテルニューハーフオータニ(UWF3年)/ダスティ・ソーローデス(SWS3年)
vs
天草ちろう(KWF4年)/MASATAKA∞(KWF2年)

▼第4試合 前半メインイベント NUWA三冠ヘビー級王座戦
【王者】馬並勃巳(NUWA3年)
vs
【挑戦者】剛力アクメ(UWF2年)

▼第5試合 イリミネーション4WAYマッチ
パットイッテ・フェラ(UWF2年)
vs
ダイノベンヲ・モラス・ペイジ(NUWA3年)
vs
ショーモ・ナイケルズ(SWS4年)
vs
お尻TAJIRI蟲(SWS3年)

▼セミファイナル タッグマッチ
徳川yeah!ass!(SWS3年)/チンポール・ロンドン(SWS2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF3年)/三村マザファッカズ(UWF2年)

▼メインイベント シングルマッチ
ハス向井理(UWF4年)
vs
オナホ・ハズシタ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る