FMW 12.22後楽園で“復活”6人タッグ王座と株式を懸けてFMW軍とW★ING軍最終決着戦!ヘッドハンターズの参戦も決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

超戦闘プロレスFMWとしては初進出となる12.22後楽園ホール大会に向け、遺恨深まるFMW軍とW★ING軍モンスター軍が、11.14新木場1stRING大会でストリートファイト有刺鉄線ボード10人タッグデスマッチ(大仁田厚&田中将斗&保坂秀樹&リッキー・フジ&KIKUZAWAvs.雷神矢口&W★ING金村&橋本友彦&バッファロー&ギャングスター)で激突した。
試合はリング内外で10人が入り乱れ、大乱激戦を展開。10分過ぎ、大仁田はバッファローをサンダーファイアーパワーボムで投げて、勝負を決めにいくもカウント2。KIKUZAWAを捕獲した矢口が、雷神(ジーザスボンバー)、サンダーストラックとたたみかけて、3カウントを奪取した。

試合後、矢口が「大仁田! 12.22後楽園、楽しみにしてろ! オマエを絶対に潰してやる」と叫ぶと、金村は「後楽園でFMWとW★ING、すべての権利を懸けてやるぞ。覚悟しとけ!」とマイク。
控室に戻っても、矢口の“口撃”は続いた。「FMW、今危うい状態だろ。こっちの方が勢いがある。今日はNOSAWA論外がいなかったけど、このメンバーで勝った。後楽園では前代未聞の株式を懸けてやる。本当の意味でカネの雨を降らしてやるよ。後楽園では俺らが必ず勝って、FMWの文字を消してやる」と意気盛んに語った。

2015-11-14FMW新木場②一方、大仁田はリング上で、「FMWを旗揚げして25年になります。この間、FMWの旗を見たら、やっぱり好きなんだなぁと思った。俺はFMWを守りたいと思ってる。FMWは絶対に潰さん!」とマイク。
試合後のサイン会を終え、控室に戻った大仁田は「最終決着ということで、W★INGと79%の株式を懸けてやります。新設する6人タッグのベルトを発注しました。後楽園でお披露目できると思います。その選手権、それがW★INGになるのか…。あとはアイツらが本気で獲りにくるかどうか。俺は逃げも隠れもしない。こっちは大仁田&田中&保坂でいくつもり。後日、調印式を開きます」とコメント。

新木場大会では、山近義幸オーナーが、旧FMWの世界ストリートファイト6人タッグ王座(ボブワイヤー・ストリートファイト6人タッグ王座)の復活を発表。それを今回、リニューアルする形で、王座が新設される。名称はブラスナックルまたは、ストリートファイト・ハードコア6人タッグ王座になる見込み。
同王座、FMWの79%の株式を懸け、12・22後楽園でFMW軍が、W★ING軍モンスター軍と激突する予定だ。
また、大仁田は11.15両国国技館大会で引退する天龍源一郎について、「あなたがいなければ、大仁田厚という存在はここにはなかったと思います。あなたが電流爆破のリングに立ってくれた。心から尊敬します。ありがとうございました。ご苦労様でした」と敬意を表した。

2015-11-14FMW新木場③“女ハヤブサ”Rayは「試練の7番勝負第5戦」で、Leon(JWP)とパートナー対決。
試合は一進一退の目が離せない攻防となったが、最後はRayがハヤブサから伝授されたファルコンアローでLeonを仕留めた。
実に8度目の一騎打ちで、Leonから初勝利を挙げたRayは「8回目でやっと勝つことができて感無量です。今後末広がりという意味で、もう1度、ボラドーラスL×Rを復活させましょう」とマイク。
Leonは「初めて負けて悔しい。“女ハヤブサ”としてのRayと初めて闘って、今までで一番熱いものを感じました。2人でタッグを組んで頂点を目指していこう」と返し、ボラドーラスL×Rの継続を誓い合った。

また、Rayは12.22後楽園での「試練の7番勝負最終戦」で、かねて熱望していた浜田文子との対戦が決まった。文子と2度目のシングル戦となるRayは「デビュー当初から憧れていた存在。女子プロ界の中心のような選手なので、倒して私がトップに立ちたい。年末なので、勝って今年を締めくくりたい」と気合を入れていた。

さらに12.22後楽園に、プエルトリコ軍のメンバーとして、FMWでも活躍したザ・ヘッドハンターズ(ヘッドハンターA&B)の参戦が決まった。
ヘッドハンターズの来日は、07年の「ハッスル」以来、8年ぶり。2人は、“復活”ブリーフ・ブラザーズの金村&BADBOY非道と対戦する。

【記事提供/超戦闘プロレスFMW改めW★INGモンスター軍】

ダウンタウン・ブルース
日時:2015年11月14日(土)
開始:18:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:280人

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○HASEGAWA
8分47秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド
●木更津KID

▼第2試合 マーベラス対JWP 30分1本勝負
○雫有希
9分58秒 フィッシャーマンバスター→片エビ固め
●藤ヶ崎矢子

▼第3試合 ミゼットプロレス復活 30分1本勝負
○プリティー太田
1分54秒 リングアウト
●Mr.ブッダマン

<ブッタマンの要求により、再試合 30分1本勝負>
○プリティー太田
3分24秒 真空投げ→片エビ固め
●Mr.ブッダマン

▼第4試合 Ray試練の七番勝負・其の五 45分1本勝負
○Ray【1勝4敗】
15分38秒 ファルコンアロー→エビ固め
●Leon

▼第5試合 FMW軍対W★INGモンスター軍〜ストリートファイト有刺鉄線ボード10人タッグデスマッチ 60分1本勝負
大仁田厚/田中将斗/保坂秀樹/リッキー・フジ/●KIKUZAWA
11分26秒 サンダーストラック→体固め
○雷神矢口/W★ING金村/橋本友彦/バッファロー/ギャングスター

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×