アイスリボン10.31道場マッチ 藤本&ハム子&都vs.真琴&世羅&雪妃、大畠&優華vs.弓李&まる子、つくしvs.235

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

アイスリボン689「ハロウィンリボン」
日時:2015年10月31日(土)
開場:17:30 開始:18:00
会場:埼玉・アイスリボン道場
観衆:134人(超満員札止め)

▼第1試合 コスチュームチェンジ シングルマッチ 10分1本勝負
○つくし
5分49秒 ドロップキック→片エビ固め
●235

▼第2試合 コスプレ タッグマッチ 20分1本勝負
大畠美咲/○優華
9分43秒 エンジェルストランペット・スープレックスホールド
弓李/●長崎まる子

▼第3試合 美女と野獣!? 6人タッグマッチ 30分1本勝負
藤本つかさ/星ハム子/○松本都
14分28秒 変顔式腕固め(仮)
真琴/世羅りさ/●雪妃真矢

オープニング

ハロウィンの飾り付けがされた道場。オープニングではコスプレをした選手が花道をランウェイに見立てファッションショーを展開。会場を大いに盛り上げた。

第1試合

2015-10-31アイスリボン道場マッチ_第1試合他の選手のコスチュームを着用して戦うコスチュームチェンジマッチ。つくしがまる子のコスチューム、235がつくしのコスチュームでの対戦となった。他選手の得意のムーブをまねる235はコスチュームに合わせて、スタートからつくし相手につくしの動きをみせるが、跳躍力、スピードは本家には至らず、逆につくしの怒りを買ってしまう。一方、つくしもまる子の持ち技で勝負。時には感情的になり、つくし本来の攻撃をみせる場面もあったが、まる投げを完璧に決め、最後はドロップキックでフィニッシュ。

メイン後にまる子に「ドロップキックを大切に使ってほしい」とのメッセージを伝えたつくし。この日の試合で、まだまだ持ち技の少ないまる子でも、その試合組立次第では十分に勝機があることを示した。

第2試合

2015-10-31アイスリボン道場マッチ_第2試合10月17日後楽園大会では奈七永&つくしを破りタッグチームとして本格始動となった大畠&優華。この日はコスプレでも息の合ったところをアピール。同じ白い天使の衣装で登場。開始のゴングと同時に弓李とまる子の奇襲攻撃を受けたものの慌てることなく反撃に出る。この日も2人の息はぴったり。試合中「天使らしくしなければ…」とラフ攻撃を控えていた大畠だが、一方の優華がいつも通りの激しいエルボーの仕掛けをみせ、天使ならぬ堕天使ファイトに終始すると、大畠も徐々に本来の動きに。合体のサンドイッチ低空ドロップキック、弓李、まる子を同時にロープに振ってのドロップキックの競演と、終始試合ペースを掴んでいた。最後も大畠が弓李をけん制する間に、優華がまる子をエンジェルストランペット・スープレックスに決めカウント3を奪っての快勝。

第3試合

2015-10-31アイスリボン道場マッチ_第3試合ハロウィンリボン恒例となっている美女と野獣の6人タッグ。リングに立った顔ぶれを見れば、トータル的にどちらが美女チームで、どちらが野獣チームかは、誰の目にも明らかだが、自分たちが美女であることを譲ろうとしない藤本ら同期タッグに客席からは「30代トリオ!」との声援も飛んだ。試合は序盤から都が捕まり、同期タッグには苦しい展開となったが、相手の隙を巧みに衝き徐々に試合の流れを押し戻していく。そして雪妃を捉えた3人は一気にラッシュ。藤本のサッカーキック、ハム子のダイビングボディプレスとつなぎ、試合権利のある都がトップロープからのマンマミーアZへ。いつものように距離を誤り自爆となった都だが、今日の都はここで終わらない。雪妃の反撃をしのぐとグランドに持ち込み、雪妃の腕をアームブリーカーに決めると、都に神が降臨!都の顔を変形させると共に神がかりなパワーが都に注入!たまらず雪妃がギブアップ。ハロウィンのどんなコスチュームよりもインパクトのある都の変顔がハロウィンリボンのメインを締めくくった。

エンディング

2015-10-31アイスリボン道場マッチ_エンディングメインが終わったリングにつくしが上がり、まる子を呼び込んだ。「今日、まるちゃんの技、ドロップキックでフォールをしたのね。だからこれからもドロップキック大事に使って欲しいなって、今日改めて思いました。そして昨日まるちゃんお誕生日でした!おめでとう!まるちゃん、ハタチになったんですよ。で、昨日つっかさんとお酒を飲みに行ったんだよね?初めてのお酒の味、どんな味だったの?」とつくしに聞かれ「ビールを頼んだんですが、にがくて途中でダメでした」とまる子。「アイスリボンのみんな、ひどいから、今日ケーキ準備するの忘れちゃったの。ごめんね…うっそ!」のつくしの言葉に合わせて、ハッピーバースデーのBGMの中、ケーキを持ってあおいが入場。
サプライズに涙ぐむまる子は、20の文字に模ったロウソクを吹き消すと、成人になった抱負を聞かれ「プロレス、デビューしたばっかですけど、もっと練習を積んでいって、見た目も頑張ってハタチに見えるように頑張ります」と語った。ここで都が「ハタチの誕生日に初めて会った選手が私だったんです。なので誕生日プレゼントに練習を見てあげたんですよ。だから私みたいな選手に頑張ってなってね」と語るも、まる子は下を向きながらも「それはちょっと。すいません」と完璧な回答をみせた。
さらにここで藤本が「これだけじゃないんです!ね、ハムさん!」と振ると、今度はハム子のバースデーケーキが登場。ハム子の誕生日は10月19日と、既に12日前ながら33歳の誕生日を迎えてから、ハム子がアイスリボンで試合をしたのは初。思わぬサプライズにハム子も涙。「来年には(猫子引退で)アイスリボン最年長になります。最年長らしくセクシーに頑張っていきます」と抱負を語った。最後の円陣もケーキを手にしたハム子とまる子が締め、今年のハロウィンリボンは選手2人のバースデーも含めてのハッピーエンディングとなった。

【記事提供/アイスリボン】

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×