アイスリボン10.17後楽園大会 オレンジハッピーズvs.ベストフレンズのリボンタッグ戦、世羅vs.山下、奈七永&つくしvs.大畠&優華

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

Oktober Iceribbon Fest
〜オクトーバーアイスリボンフェスト〜
日時:2015年10月17日(土)
開場:11:30 開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:521人

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○水波綾(WAVE)
7分01秒 ラリアット→片エビ固め
●長崎まる子

▼第2試合 雪妃真矢復帰戦 タッグマッチ 20分1本勝負
真琴(REINA)/●雪妃真矢
12分48秒 アームブリーカー
○朱里(REINA)/長浜浩江(WAVE)

▼第3試合 新田猫子引退ロード シングルマッチ 30分1本勝負
○豊田真奈美(フリー)
12分47秒 ジャパニーズオーシャン・クインビーボム→体固め
●新田猫子

▼第4試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
○松本都(崖のふち)/ヨースケ♡サンタマリア(ドラゴンゲート)/235/弓李
13分51秒 みやここクラッチ
星ハム子/宮城もち/●忍(666)/寧々∞D.a.i(666)

▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
高橋奈七永(SEAdLINNNG)/●つくし
13分51秒 スクールガール
大畠美咲(WAVE)/○優華

▼第6試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○世羅りさ
10分38秒 ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め
●山下りな(OSAKA女子)

▼第7試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 20分1本勝負
[王者組]●希月あおい/春山香代子(JWP)
16分16秒 ジャパニーズオーシャン・サイクロンスープレックス・ホールド
[挑戦者組]○藤本つかさ/中島安里紗(JWP)
※第36代王者組オレンジハッピーズが初防衛に失敗。ベストフレンズが第37代王座となる。

オープニング

2015-10-17アイスリボン後楽園_オープニングアイスリボンメンバーが笑っていいとものパロディをしながら登場。
山口がサングラスをかけてお馴染みの掛け声から、真矢が「本日復帰させていただきます。頑張っていきますのでよろしくお願いします!」、世羅が「山下りなと決着戦やります」、あおいが「ベルトは渡しません!オレンジハッピーズがベルト防衛するぞ!」と意気込みを語り観客の「いいともー!」の掛け声でアイスリボンスタート。

第1試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第1試合まる子が突撃しドロップキック4連発。さらにロープに振ろうとするが、耐えた水波にエルボー連打からロープに振るも、水波はタックルで倒す。
まる子は立ち上がりエルボー連打。だが水波はタックルで倒し、立ち上がる度に何度もタックルで倒し続ける。
水波はガットショットからボディスラム、ギロチンドロップと繋げフォールも2。水波はキャメルクラッチで捕らえるが、まる子は必死にロープを掴む。
水波は背中にギロチンドロップから髪を掴み立たせるとコーナーに押し込んでガットショットから串刺しエルボー。さらに串刺しラリアットもこれを避けたまる子が背中にドロップキックからラリアットを避けてドロップキック3連発。フォールも2。

まる子は投げようとするも、水波が担ぎ上げボディスラムの大勢に成るがまる子が首固め。返されると再度丸め込み、コレも返されると顔面にドロップキックを叩き込みフォールも2。まる子はボディスラムからフォールも2。
まる子が再度投げようとしたところをエルボーで潰した水波がロープに振るが、まる子は飛び越え丸め込もうとする。それを水波が潰しフォールも2。
水波はリバースネックブリーカーからフォールしようとするもまる子は丸め込む。返した水波が追走式ラリアットからギロチンドロップを落としフォールも2。水波はラリアットを叩き込んで3カウント。

第2試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第2試合2月に骨折し5月に復帰も6月より鎖骨骨折で再欠場していた雪妃が復帰戦。

先発は雪妃と長浜。長浜がロープに押し込みクリーンブレイク。雪妃はエルボー連打からラリアットを狙うも長浜がカウンターのドロップキックから改めてドロップキックを叩き込み朱里にタッチ。

朱里はスリーパーで捕らえるも雪妃はすぐにロープへ足を伸ばす。朱里はコーナーに押し込み顔面を踏み潰してから、中央に連れて行きラリアット。コレを避けた雪妃がドロップキックを叩き込み真琴にタッチ。

バックの取り合いから腕の取り合い、朱里がヘッドロックに捕らえグラウンドも真琴がすぐに抜け距離を取る。両者タッチ。

中央でエルボーの打ち合いからロープに押し込んだ雪妃。ロープに飛ばすも長浜がドロップキックを叩き込みフォールも2。長浜が投げようとするも耐えた雪妃がボディスラムからドロップキック。フォールも2。
雪妃のドロップキックを避けた長浜がストンピングからコーナーに叩きつけてエルボー連打。長浜は逆コーナーに振ると串刺しドロップキックからドロップキック2連発。フォールも2。
長浜は雪妃に逆エビ固め。雪妃は必死にロープを掴みブレイク。長浜はストンピングから髪を掴み立たせると担ごうとするが、耐えた雪妃とエルボー合戦。
長浜はロープに飛んで走りこむも、雪妃はカウンターのギロチンで倒しフォールも2。まことにタッチ。

真琴はビッグブーツからWWニーを投下しフォールも2。長浜はドロップキックで倒し朱里にタッチ。

朱里はボディに膝を連発してコーナーに押し込むと、串刺しジャンピングニーから顔面への低空ドロップキック。
真琴はブレイジングチョップからロープに飛ぶも、朱里は地層式ニーからバックを取る。これを抜けた真琴がダブルアームスープレックスからブレイジングキック。フォールも2。真琴は雪妃にタッチ。

雪妃はドロップキック連発からフォールも2。雪妃は朱里を上げようとするも、朱里は膝を叩き込みブレーンバスターで叩きつけフォールも2。
中央でエルボー合戦からロープに飛んだ雪妃を朱里がカウンターのミドルキックを叩き込みフォールも2

朱里は前後からサッカーボールキックを叩き込みフォールも真琴がカット。真琴と雪妃がダブルのビッグブーツからダブルのブレーンバスターでフォールも2。

雪妃は足4の痔を狙うも長浜がカット。雪妃は9469。逃れた朱里に串刺しエルボーからドロップキック。フォールも2。

雪妃はボディスラムからコーナーに登るとスワントーンボム。避けた朱里がランニングニーを叩きこみフォールも真琴がカット。朱里はアームバーで捕らえギブアップを奪った。

第3試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第3試合大晦日に引退を発表している新田猫子の引退ロード。
豊田は自作した猫じゃらしで猫子を翻弄すると、猫子の尻尾を踏みつけてグリグリとする。痛がる猫子の尻尾を持つと、今度はロープにくくりつけてチョップを落とし、さらに噛み付いて尻尾への集中攻撃。
豊田は猫子をコーナーに振り走りこむが、コレを避けた猫子がオーバーヘッドキックからダイビングクロスボディ。さらにカサドーニャへと繋ぎ、返した豊田の背中に尻尾攻撃を見舞いフォールも2。

猫子は豊田をコーナーに振ると、串刺しエルボーから逆コーナーに振り再度串刺しエルボー。フォールも2。
猫子は尻尾を使ったスリーパー。豊田はその尻尾を噛んで逃れると、尻尾へのストンピングから尻尾を巻き込んでの逆エビ固め。猫子はロープを掴む。

豊田はダブルアームバスターからミサイルキック。更にミサイルキックを叩き込みフォールも2。

猫子はロープに飛び走りこむも、避けた豊田を見るやロープに飛び乗る。だが豊田はそれを突き飛ばし場外に落とすとコーナーに登るが、エプロンに駆け上がった猫子が尻尾攻撃で落とすと場外の豊田に向けケブラーダを発射。

リングに戻ると猫子がミサイルキック。走りこむもバックを取った豊田がバックドロップからムーンサルト。これを避けた猫子がミサイルキックを2連続で叩き込んでフォールも2。
猫子はキャット空中ニャン回転を狙うが、避けた豊田がローリングクレイドル。フォールも2。豊田はムーンサルトを投下しフォールも2。
豊田はジャパニーズオーシャンサイクロンを狙うが、猫子は丸め込む。返した豊田がラリアットも、猫子がカウンターのライオンサルト。フォールも2。猫子はネ・コヒストラルを狙うが、抜けた豊田が丸め込むも丸め込み合い。
猫子はロープに飛ぶも豊田は追走式のビッグブーツからかかと落とし。フォールも2。

豊田はコーナーに登るも猫子は正面から尻尾攻撃連打。さらに足を掴むが豊田はかかと落としを脳天にきめ背中へミサイルキック。吹っ飛んだ猫子をフォールも2。
豊田はジャパニーズオーシャンクインビーボムで叩きつけ3カウントを奪った。

第4試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第4試合①ゲイ・女装・オネエ・年齢不詳・現役高校生・女優・ぽっちゃり・セクシーとキャラの濃いレスラーが揃った8人タッグ。

都組が急襲するも、弓李が寧々にクロスボディ。さらに235と連携攻撃を見舞いマリアにタッチ。

マリアはらぶりーぶっちゃーずを無視し忍を要求。らぶりーぶっちゃーずはセクシーポーズでマリアを挑発も、マリアは関せず忍を要求。らぶりーぶっちゃーずは自信喪失し忍にタッチ。

忍とマリアはバックの取り合いから忍が腰を振る。強く突かれて泣き出したマリアは忍を倒すと添い寝してキス。ハイスピードな攻防からキス。フォールしてキスとひと呼吸ごとにキスをはさみ、マリアは忍の手にキスをして都にタッチ。忍も寧々にタッチ。

都は「オカマ!」寧々は「ブス!」と挑発。寧々にバレエのポーズをさせ挑発するが、寧々はニールキックで都を場外に叩きだすとそこへ忍がケブラーダ。
寧々は都をリングに上げるとトレイン攻撃を6週叩き込み忍達もフラフラに。
ハム子がコーナーに登ると都にもちとともに顔面お腹サンドイッチ。忍が逆コーナーに押し込んだ都の顔面に強烈なパンチとドロップキックを叩き込み寧々にタッチ。寧々はボディスラムからハム子にタッチ。ハム子はボディプレスからフォールし、返されるとコーナーで太鼓の乱れ打ちからもちにタッチ。
もちはロープに振ろうとするが、都は流れを無視し落ちたコンタクトを拾うと、もちのラリアットを避け丸め込み、さらにクロスチョップを叩き込むとマリアにタッチ。

マリアはもちにタッチも、らぶりーぶっちゃーずが出てきて改めてセクシーポーズ。苛ついたマリアがダブルラリアットで倒し、出てきた寧々のバックをとり、さらにエルボーで倒すと乳首をおさえてフォール。忍がカットしマリアの乳首をくりくりと攻めると、マリアは「セクハラ!」と叫び走りこむ、だがエプロンに逃れたマリアがスワンダイブ式のミサイルキックを叩き込み、出てきたもちにも走りこむがもちがカウンターの空中胴絞め落とし。さらにハム子が出てきて丸め込もうとするが、マリアはポンパスでフォールも2。マリアは弓李にタッチ。

弓李はスリングブレイドからフィッシャーマンスープレックスを狙うが、ハム子は返してシャイニング腹ザード。フォールも2。ハム子は寧々にタッチ。

寧々は投げようとするが、逆に弓李がノーザンライトで投げ捨て235にタッチ。235はクロスボディ連発からフォールも2。235を寧々がボディスラムからフォールも都がカット。
都に忍がエルボー。エルボー合戦から忍がスピンキックで倒し、垂直落下式ブレーンバスター。フォールも弓李達がカット。

2015-10-17アイスリボン後楽園_第4試合②らぶりーぶっちゃーずが都にダブルのバックドロップから寧々がムーンサルト。忍が「フェニックススプラッシュ」と予告するが、マリアが出てきてコーナーに登ろうとした忍のパンツを下げると、そこへらぶりーぶっちゃーずが都の顔面を叩き込み、キレた都がロープを振って忍を落とすと、敵味方問わずラリアットを叩き込んで倒すと忍にセックスボンバーを叩き込む。そこへ弓李がダイビングクロスボディ。235もダイビングクロスボディ。次いでマリアがドラゴンリングイン式リップロック。これに耐えた忍へ都がみやここクラッチで丸め込み3カウントを奪った。

<試合後コメント>
松本都&ヨースケ・サンタマリア&235&弓李
マリア「大丈夫あんた?」
都「大丈夫じゃないですが!はい」
マリア「でも初参戦、勝利で飾れてよかったでーす!」
都「良かったです!」
弓李「勝ちました!」
都「もう立派なアイドルタッグです」
マリア「そう、アイドルタッグ。どう?(ワキを隠すポーズ)」
都「どう?(一緒にワキを隠すポーズ)」
235「え?便乗します(一緒にワキを隠すポーズ)」
都「どうどうどう?」
マリア「アイドルよアイドル」
都「お客さんにも大人気でしたから」
マリア「皆温かいね。アイスリボンのお客さんは」
(忍が乱入)
忍「松本都お前」
都「なんだお前この野郎!ふざけんじゃねー!」
忍「男のケツ舐めたのいつぶりだオイ」
都「ふえっ!?そんなこと」
忍「男のケツ舐めたのいつぶりなんだよ」
都「ふざけんな警察呼ぶぞこの野郎!」
忍「これだけ言いに来たんだよ男のケツ舐めたのいつぶりなんだよ!」
マリア「やめなさい!」
都「ふざけんなよ」
忍「あとで、ち、ちっちゃい声で耳元で聞くからさ〜」
都「ふざけんじゃねー!」
忍「放送できないからね〜放送できなくするのが俺の仕事だから」
都「カットじゃねーかよこのやろー!」
マリア「やめなさい!」
忍「やめないよ。やめろって言われたらやりたくなるでしょ人間ってほら」
都「うるさい帰って帰って帰ってお呼びじゃないんだよこの野郎(忍を追い返す)」
マリア「失礼ね」
都「負けといて、カッコ悪いですね」
マリア「負け惜しみじゃないの」
都「ほんとこのアイドルタッグ結成したので、もっと強い奴連れて来て欲しいですね」
マリア「もっと強いやつ連れて来なさい」
都「もっとイケメンで」
マリア「イケメンでかっこ良くて強い奴」
都「かかって来いやこの野郎!」
マリア「アディオス!」
――忍選手の唇はいかがでした?
マリア「忍ちゃん?すごい大人っぽいね。色気がある味。あなたにわかる?」
――わ、わからないです
マリア「いいわよ、それで」
――寧々選手のような選手と闘う事も初めてだと思いますが
マリア「ね〜、初めて。乳首触っちゃった」
――忍選手からは乳首攻撃もくらっていましたね
マリア「もうね、控室でして欲しいわ。公の場ではやめてほしいわね」

第5試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第5試合先発はつくしと優華。オーソドックスな攻防からつくしがドロップキックを叩き込み奈七永にタッチ。
奈七永は優華をロックアップから突き飛ばし倒す。再度ロックアップからロープに押し込み強烈なチョップを連続で叩き込むと、ガットショットからつくしとともにチョップで倒す。奈七永は優華をコーナーに振り串刺しラリアットからフォールも2。

奈七永は優華の右足にエルボードロップを落とし、さらに逆片エビ固めと捕らえるが優華はロープを掴む。奈七永はつくしにタッチ。

つくしはダブルを要求すると奈七永とともにおてんばダッシュ。つくしは奈七永の正面から「ななちゃ〜ん!」と抱きつき、奈七永は「ななちゃんじゃねーよ!」と言いながら優華の背中につくしごとニードロップ。
つくしは弓矢固めから優華をロープに振るも、優華はドロップキックで倒し大畠にタッチ。

大畠はドロップキックを次々叩き込むが、耐えた奈七永をコーナーに振りつくしもろとも「クソババア」と串刺しクロスボディ。大畠はつくしにダイビングクロスボディからフォールも2。
つくしは丸め込んでから腹にフットスタンプ。立ち上がった大畠の顔面にエルボー連打。さらに強引に丸め込んでから奈七永にタッチ。

奈七永がロープに飛んだところを優華がエプロンから抱え込み、大畠がクロスボディを叩きこんでダブル攻撃を狙うが、奈七永は二人まとめてフェイスバスター。奈七永は「ババアって言ったな!」とキレ気味に大畠を殴ろうとするが、大畠は足を踏みつけてから飛びつきDDT。改めて「クソババア」とクロスボディで倒し「あげるぞー!」とバックをとるが、耐えた奈七永をコーナーに振り走りこむ。だが奈七永はエプロンに避けてそこへつくしが串刺しドロップキック。更に奈七永がミサイルキックを叩き込んでフォールも2。

奈七永は冷蔵庫爆弾を投下。避けた大畠が投げ捨てジャーマン。立ち上がった奈七永がラリアットで倒し、奈七永は髪を掴んで立ち上がらせる。そこを大畠は左右から裏拳を叩き込むが奈七永がラリアットで叩き伏せる。立ち上がった大畠が根性でジャーマンを叩き込んで優華にタッチ。

優華はエルボー連打から串刺しエルボー。さらに串刺しドロップキックからスイングDDT。
改めてロープにもたれた奈七永にランニングエルボーを狙うが、奈七永は足を伸ばしカットすると中央でエルボー合戦。奈七永は容赦無いバックドロップからフォールも2。

奈七永はエルボーからラリアット。優華をコーナーに振り走りこむが、優華はロープに飛び乗りクロスボディを発射しようとするがロープから滑り落ちる。そこへ大畠が奈七永にクロスボディからドロップキック。優華はボディプレスを投下しフォールも2。
優華はコーナーに登るもそこをつくしが足を掴み、奈七永が正面から上り雪崩式ブレーンバスター。奈七永はつくしにタッチ。

つくしが強烈なエルボーで倒し、ロープ際に座り込んだ優華の顔面に串刺しドロップキックからミサイルキック。フォールも2。

つくしへ大畠がクロスボディを叩き込んで優華がダイビングクロスボディ。フォールも2。
優華がボディスラムからダイビングボディプレスを投下。避けたつくしが膝立ちで優華の顔面にエルボー。お互いにエルボーを撃ちあい、優華の渾身のエルボーを避けたつくしが顔面を張り丸め込むも2。つくしがボディスラムでセットし、奈七永と合体式ダイビングフットスタンプ。大畠がカット。

大畠がつくしに裏拳から優華がフィッシャーマンスープレックス。返したつくしに優華が投げようとするが、つくしがエルボーから顔面に低空ドロップキック。
つくしはタイガースープレックスの体勢へ。そこを援護しようと奈七永が延髄斬りを発射も優華が避けつくしに誤爆。そこを優華がスクールガールで3カウントを奪った。

第6試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第6試合ゴングが鳴るも両者睨み合い動かず。歩を進め世羅が握手を求めると、それをはたき落とした山下。コレを合図に強烈なエルボーの打ち合いから世羅が膝を連続で叩き込み山下を場外へ投げ捨てる。
場外戦は山下が有利に進めリングに戻ると、ロープに張り付けチョップから串刺しダブルチョップ。フォールも1。

山下はエルボードロップ3連発からフォールも2。山下が投げようとするも逆に世羅がボディスラムで叩きつけ逆エビ固め。そのままカンパーナで持ち上げ、落とすとダブルニーを投下しバックを取る。バックを取り返した山下がスリーパー。山下はロープに飛ぶも、これを世羅が避けてロープにもたれかからせると619。だがこれを失敗しロープに引っかかった世羅を山下が強引にブレーンバスターで叩きつける。立ち上がった世羅にスピンキックかrあ串刺しラリアット。差r内投げようとするが着地したセラニ山下が走りこむが、世羅はカウンターのドロップキック。コレを避けた山下が髪をいつ間で起こすと、ラリアットの打ち合いへ。お互い追走ラリアットから世羅がカウンターのドロップキックでフォールも1。
世羅がエアーズロック、山下がバックドロップを叩き込んで両者ダウン。9で立ち上がり膝立ちでエルボーの打ち合い。打ち勝った山下は横たわる世羅の顔面とボディを蹴りあげていく。
レフェリーに静止され離された山下に、世羅は強烈なビンタからコーナーに押し込み串刺しダブルニー。さらにリバーススプラッシュ式ダブルニーからフォールも2。

世羅がセラリズムバスター。フォールも2。世羅はコーナーに登りダイビングダブルニー。コレを避けた山下がスリーパーで捕らえる。
ロープを掴んだ世羅に串刺しラリアット。さらにスリーパーを狙うが丸め込んだ世羅が顔面にトラースキック。世羅は走りこむも山下がラリアットで迎撃。走りこんだ山下に世羅がドロップキックで迎撃。世羅はファルコンアローからダイビングダブルニーを投下し3カウントを奪った。

第7試合

2015-10-17アイスリボン後楽園_第7試合①あおいは春山に合わせたコスチュームを着用。
開幕ベストフレンズが春山に急襲し丸め込むも2。
ダブルラリアットで蹴散らそうとした春山にダブルの膝攻撃から中島が叩きつけてフォールもあおいがカット。
中島がエルボー連打からバックを取ってジャーマンスープレックスホールド。これは2・9。
中島が走りこんできたところを担いだ春山が、一度落としてトラースキック。さらにラリアットで叩き伏せあおいにタッチ。

あおいは次々ジャンピングラリアットから春山とともに青春ピラミッド。さらに膝を負傷しているあおいは「膝になれ!」と春山に担がせて串刺しクロスボディ。
あおいは中島にエルボーも中島が膝を叩き込んで座らせ顔面に膝連打。さらに藤本がサッカーボールキック連発。

ビンタの応酬から中島がエルボー連打。中島はフロントネックからあおいの背中を蹴りつけ藤本にタッチ。
藤本はフライングメイヤーからキャメルクラッチ。さらに羽折り固めから離すとあおいの顔面を蹴りつけ更にドロップキック。藤本はロープに飛ぶもあおいはラリアットで迎撃し投げ捨てバックドロップから春山にタッチ。

春山は藤本にラリアットからロープに飛ぶも、エプロンから中島がおさえてダブル。だが春山はダブルラリアットで叩き伏せ藤本にダブルアームバスター。
春山は串刺し攻撃を狙うが、コレを避けた藤本がミサイルキック。さらに串刺し低空ドロップキックから投げようとするも、春山はボディスラムで叩きつけフォールも2。

藤本はウラカンラナでフォールも2。藤本はフライングメイヤーから背中にサッカーボールキック連発。更に正面から放つが避けた春山の顔面に中島がトラースキック。ベストフレンズが同時ドロップキックから藤本は中島にタッチ。

中島はミサイルキックからバックを取るも、春山はバックエルボーで耐える。さらに春山はラリアットもコレを避けた中島にスタナー。さらにスタナーを狙うが、これに耐えた中島がロコモーションジャーマン。フォールも2。
中島は春山の顔面に膝を連発で叩き込みコーナーに登るが、あおいがその足を掴むと春山が正面に登り雪崩式キーンハンマー。フォールも2。

春山のバックを取った中島に藤本が延髄斬りでサポートし中島がランニングニ―。バックを取るも耐えた春山がトラースキック連発。耐え切った中島がラリアットを放つも避けた春山が起き上がりこぼし式ラリアット。コレを避けた中島が投げ捨てタイガースープレックス。両者ダウン。
立ち上がると中島がラリアット。これに春山はトラースキックを合わせあおいにタッチ。

2015-10-17アイスリボン後楽園_第7試合②あおいが走りこむもその膝に中島が低空ドロップキック。中島が藤本にタッチし、膝を抱えるあおいの膝にサッカーボールキック連発。
なんとか立ち上がったあおいがラリアット。だがそれを避けて藤本がアンクルホールド。ロープを掴んだあおいへ藤本がロープに飛ぶも、春山が追走式ラリアットからあおいがジャンピングラリアット。さらにあおいがノーザンライトから春山がトラースキック。オレンジハッピーズがダブルのバスターからあおいがセントーンを投下しフォールも2。

あおいがコーナーに登った春山を投げ藤本に叩きつけ、自分もコ-ナーにぼろうとするが中島がそれを叩き落とし、春山も叩き伏せ場外に落とすと、藤本がハンドスプリングで立ち上がりあおいの背中にサッカーボールキック連発。さらに正面から叩きこみフォールも2。

あおいは藤本を丸め込むが2。藤本が延髄斬りからロープに飛んでツカドーラ。2で返したあおいに走りこむもあおいは首固め。コレを返した藤本のバックを取ると、中島がラリアットをしようとするが二人共避け中島に春山がラリアット。さらに春山がトラースキックを藤本に叩きこみそのままあおいがジャーマン。返した藤本にあおいが逆打ちも2。 改めてあおいがバックをとるが、藤本はかつごうとするも丸め込み合戦へ。

藤本があおいの顔面にビンタを叩きこみ旋風脚。さらにビーナスシュートを叩き込んでフォールも春山がカット。

中島が春山にジャーマンから藤本がドロップキックで場外に叩きだすと、藤本がビーナススクリューでフォールも2。
中島がジャーマンで投げ藤本がジャパニーズサイクロンスープレックス。これで見事3カウントを奪った。

エンディング

2015-10-17アイスリボン後楽園_エンディングマイクを取った藤本と中島は
藤本「わかってます、わかってるんです、このベルトを巻くことは絶対条件。でもめっちゃ嬉しいです!ベルトに、おかえりって言いたい。そして、これからも私のプロレス人生、中島安里紗に賭けてみたい」
中島「ほんとにこのベルト、藤本つかさと巻けて嬉しいです。でも、おかえりは違うよね。タッグパートナー私になってはじめてだから、新しくいきたいです」
藤本「この場を借りて、中島安里紗にも伝えてないことを発表します。私達の入場曲、フレンズをカバーしてCD出します!ちゃんと、日テレさんにも許可を得たので正式なCDになります!」
中島「意味わかんない私の許可は!?」
藤本「許可いる!?」
中島「…やろう!」
藤本「(あおいに)何か一言ありますでしょうか」
あおい「…香代子、私の横に立ってくれてありがとうございます。防衛はできなかったけど、香代子の引退まで時間は限られてるけど、今日から私は香代子の全てを吸収します。私は香代子を尊敬しているから、香代子のようなプロレスラーに、レスラーになりたいと思っています!だからあとオレンジハッピーズ時間は限られてるんですけど、私はまだ組みたいと思ってます。今日は本当にありがとうございました」
藤本「でもこのベルトだけじゃないよね」
中島「JWPのタッグのベルトも狙っていきます、十文字姉妹、やりたいです!」

最後に藤本が「今日も色々な記念日がありました。私達ベストフレンズが新チャンピオンになった記念日、雪妃真矢が復帰した記念日、まさかの松本都が勝った記念日?アイスリボン若手代表として世羅りさがきっちりと3つとってくれた最高の記念日、まだまだ私達不器用で成長もまだまだですけれども、団体、どんどんどんどんと大きくして、再来月の12月の後楽園大会は猫子さんの引退試合なので満員にしたいですぜひ来てください!最後、希月あおいさんしめてください」
あおい「プロレス10年やってますけど、自分がまだまだ未熟だし、まだだま完全復帰した希月あおい、まだまだ爆発したいと思いました、未熟なあおいも後輩もかわいがってください!」とマイクしアイスリボンをしめた。

<試合後コメント>
ベストフレンズ
藤本「やりました〜」
中島「やりましたよ」
藤本「こうやってベルトが、まあ取ることを前提で考えていたんですけど、いざ取ると嬉しかった」
中島「やっぱり二人でっていうのが嬉しかったし」
藤本「はい」
中島「やっぱりまだまだ未完成な部分があったので」
藤本「そうですね」
中島「これからこのベルトと一緒に成長していけるように」
藤本「そしてさっきも言ったけど、このベルトだけじゃなくて」
中島「そうですね」
藤本「Jの」
中島「JWPのタッグ、二冠」
藤本「はい」
中島「十文字姉妹早くしないと」
藤本「そうですね」
中島「引退しちゃうので、二人が巻いてる間にベルト取りに行きたいと思います」
藤本「はい。そして目指すはですね、私達、歌える、そしてチャンピオンで強い、昔の、あの〜女子プロレスラーを目指していますよね」
中島「そうですね!昭和の」
藤本「昭和の女子プロレスラーを目指していて、まあ、リング以外でも輝いていけるようなタッグを目指していきますので、ベストフレンズ旋風を期待していてください」
中島「はい」
藤本「かき乱します」
中島「やってやります」
藤本「楽しみだね」
中島「ね。ちょっと、ベストフレンズだし、もう敬語とかやめようよ」
藤本「そうだよね」
中島「リング上だけじゃなくて。私勝ったら言おうと思ってたの」
藤本「リングで言ってよ!マスコミの皆さんが広めてくれるでしょう、はい。お酒飲んだらタメ語になる」
中島「そうなんですよ。だから、これから、控室でも敬語使ったら罰金ね」
藤本「ほんと!?ここで、じゃないよね?」
中島「うん、全部」
藤本「わかった!じゃあ、中島安里紗とか藤本つかさじゃなくて、あり、つっかって」
中島「呼ぶ?」
藤本「呼ぼっか」
中島「え〜〜〜〜!それはちょっと気持ち悪いけど」
藤本「でも私試合中間違って、間違ってじゃないけど安里紗!って言っちゃったの!聞こえた!?」
中島「全然聞いてない」
藤本「なんだよ〜」
中島「ちょっとでも、仲良しで、ほんとは仲良しなんですよ。そういうところを広めて、いこう」
藤本「いこう!」
中島「行くぞ〜!」
藤本「お〜!安里紗〜!」
中島「つっかー!」
藤本「いえーい!恥ずかしい!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る