稔vs.大谷を見届けるため金本浩二がZERO1 10.11後楽園に来場!前UN王者KAMIKAZEが不服申し立ても

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

プロレスリングZERO1が10月11日に開催する東京・後楽園ホール大会でWRESTLE-1の田中稔が保持するインターナショナル&NWA世界ジュニアヘビー級王座に、階級をジュニアヘビー級に落とした大谷晋二郎が挑戦する一戦。この一戦について両選手のことをよく知る金本浩二がコメントを発表した。

金本浩二
「今回、ジュニ☆スタの相方がゼロワンのリングで防衛したということで、遂に出てきましたね!この男!大谷晋二郎が!
大谷がJrに体重を落としてまで挑んで来るからには本気度が伝わって来ます!
この2人といえば昔も今も俺のライバル!
是非この2人のタイトル戦はこの目で見たい!
ということで10月11日の後楽園ホール
目に焼き付けに行きたいと思います!」

ZERO1_反則負けでUN王座を失ったKAMIKAZEまた、9.23後楽園大会で磐城利樹に反則負けで敗れ、UNヘビー級ベルトを失ったKAMIKAZEが不服を申し立てている。

KAMIKAZE
「しかし何日たってもムカつきがおさまらねえな。
笹崎が調子に乗ってるのも気に食わねえが、あのクソみてえな判定で磐城がベルト持ってるのが腹が立つ。
どう検証したってあの試合は俺のKO勝ちだったろ
まだあのベルト持ってやる事があるんだよ。
おいオフィス、1日も早く俺にUNの挑戦権をよこせ
副社長の俺に逆らう奴は選手だろうとスタッフだろうと関係無く穴だらけにする。」

この発言に対して笹崎レフェリーは「何を言ってもいいんですけど、リングは昔も今も戦う場ですから。ドリルを使いたいなら、他の仕事を紹介します。ルールに則って試合を行う気持ちが無いのであれば。まあ、立場に関係なくお引き取り下さいという気持ちにしかなりませんね。」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×