DDT9.18東京ゲームショウ大会 ディーノ&大石vs.竹下&遠藤、アントンvs.勝俣、中島&山下vs.辰巳&ミウラ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

東京ゲームショウ2015 4Gamer.net×DDT
日時:2015年9月18日(金)
会場:千葉・幕張メッセ「東京ゲームショウ2015」4Gamer.netブース
視聴者:91041人(2日間延べ)

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○福田洋
7分2秒 スタナー→エビ固め
●SAGAT

▼第2試合 3WAYマッチ 30分1本勝負
○マサ高梨
6分4秒 うわばみ
●梅田公太
※もう一人は彰人

▼第3試合 東京女子プロレス提供試合 30分1本勝負
○中島翔子/山下実優
5分43秒 ライダーキック→片エビ固め
●辰巳リカ/ミウラアカネ

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○アントーニオ本多
7分56秒 首固め
●勝俣瞬馬

▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
男色ディーノ/●大石真翔
8分54秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
○竹下幸之介/遠藤哲哉

第1試合

2015-9-18DDT幕張_第1試合①まずは昨日の反省点として「ムサい」ということがあったらしく、本日はゲストMCとして声優の磯村知美さんが一日出演するとのこと。

本企画の主旨が説明された後、カプコン『モンスターハンタークロス』プロデューサー小嶋慎太郎氏が登場。
小嶋氏は「11月28日に発売となります。新作が出ると新しい武器が出る流れだったが、同じ武器を使い続けた人も多く、そういう方のアクションの幅を広げるために4つのスタイルを用意しました。アイルーをニャンターとして操作もできます。今回は村も4つでき、4つという数字とクロスというものにこだわりました」と説明。

勝敗予想となると、小嶋氏は「僕決めてるんですよ。カプコン的にはこちら応援しないといかんなと思うんですよね。今回ストリートファイターV出展してますから、サガット出ますからね。SAGAT選手を」と名前が似ている事からSAGAT勝利を予想。

SAGATはタオルを顔に、チェーンを首に巻いて入場しカメラとは反対側の壁に向かってアピールしモンスターのように暴れる。
SAGATはエクソシストのようにマット上で暴れると、福田はマイクを持ち「SAGAT、お前どうしちまったんだよ!?まるで何かに取り憑かれてしまったみてーじゃねーか。SAGAT、昔のあの頃のSAGATはどこ行っちまったんだよ、俺と仲良かった頃のさ、SAGAT、いや、佐川博志はどこいっちまったんだよ?佐川博志、どこいっちまったんだよお前は!お前のその姿見たら入間にいるお母さんも悲しむと思うぞ」と説得するがSAGATは福田の首を絞めマイクを妨害。
SAGATは福田の背中にハンマーを落としフライングメイヤーから首に噛みつく。倒れた福田にエルボードロップを落としたSAGATは勢いをつけて腕を振り下ろしチョーク攻撃。これは反則カウント。

起き上がった福田にエルボーからグーパンチで倒したSAGATは福田を肩に担ぐが、福田は着地しバックを取る。SAGATはフライングメイヤーから後頭部にエルボーを叩き込み、倒れた福田にセントーンを落とすが福田はコレを避けたため自爆。
福田はバイオニックエルボーのモーションからショルダータックル。SAGATをヘッドロックで起こすが、SAGATは福田を突き飛ばしレフェリーにぶつけレフェリーを失神させるとチェーンを腕に巻きストンピング2連発。さらにニードロップを落としチェーンラリアットを狙うが福田は「待ってくれ!SAGAT、その拳を降ろしてくれ、いいか聞くんだ、お前のその姿を見て入間のお母さんはなんて思うかな?博志、博志、あの熱い気持ちを持って、この大都会に出てきたあの頃を思い出すんだ、遠い夢捨てきれず、故郷を捨てたあの頃を」と叫ぶとSAGATに向かって『サライ』を歌い始める。

2015-9-18DDT幕張_第1試合②福田は歌いながらSAGATの拳をそっと下ろすと、SAGATは泣き始める。そのSAGATを抱きしめた福田はそっとSAGATにマイクを渡すと泣きながらSAGATは『サライ』の続きを歌い始め、歌い切ると顔を覆って大号泣。福田はそのSAGATに「人生をやり直すのに、遅すぎることなんて無いから。佐川、俺の胸に飛び込んで来い!」と両腕を広げる。
チェーンを腕から外したSAGATは福田の胸に飛び込もうと笑顔で走り込むが、福田は受け止めずにガットショットからスタナー。不意打ちに倒れたSAGATをフォールし福田が勝利した。

コレを見た小嶋プロデューサーも感動して泣いたが「人間不信になるかもしれませんね」とコメントするが、「実は去年も同じ結果だったんですよ」とディーノが返し二人は全く成長していないという結論が出て第1試合は終了した。

第2試合

2015-9-18DDT幕張_第2試合①第2試合はWargaming Japan『World of Warships』(以下WoWs)の紹介となるが、なんとWargaming Japanから代表取締役社長の川島康弘氏が来場!
ディーノも「社長御自ら来られた会社は初めてですよ」と動揺すると「無礼を承知でお聞きしますが暇なんですか?」と視聴者の声を代弁。
川島社長は「自らゲームが好きなんで自分でPRしたいと。4Gamerさんのお誘いですから。私も毎日プレイしてます」と自社ゲームへの愛を語る。

リアルな戦艦バトルとなるWoWsは艦これなどの昨今のミリタリーブームもあり男性ユーザーだけでなく女性ユーザーも増えてきている。そのブームを牽引している一つの理由として歴史や造形の『リアルな再現』があげられるが、WoWsもロシアのサンクトペテルブルグで開発しチーム全員が日本戦艦オタクを集めて制作しているという。さらにそのチームには日本の文化研究をしているメンバーもおりお辞儀の角度まで説明できるぐらい日本愛があるメンバーが揃い制作されているゲームになる。
空母、戦艦、駆逐艦、巡洋艦と様々船の特性を活かした闘い方が重要となるが、これから闘うメンバーは巡洋艦同士の闘いになるということで勝敗予想に迷う。ユーザーの投票の結果彰人の勝利が予想され、川島社長はファンの声を採用し彰人の勝利にかけた。

3人が見合うとまずは梅田が高梨にローキックの牽制。彰人が高梨の腕を取り、その彰人の腕を梅田が取っていくと、高梨は梅田をヘッドロック。彰人が梅田を離し高梨にヘッドロック。梅田が彰人にヘッドロックをすると、高梨が梅田の腕を取る。バックの取り合いから、彰人が梅田を突き飛ばし高梨にぶつけると梅田をアームホイップ。立ち上がった梅田は高梨を踏み台にして彰人をアームホイップ。

高梨は彰人に握手を求め二人で梅田に攻撃。高梨のバックブリーカーから彰人がコブラツイスト。だがそこを高梨がスクールボーイで二人まとめて丸め込むと、返した彰人が高梨に怒る。高梨は許しを請いもう一度二人で攻撃しようとするが、梅田は二人に次々ミドルキックを叩き込み高梨にブレーンバスター。高梨を片逆エビ固めで捕えた梅田に彰人がストンピングでカットすると梅田の顔面に膝を叩き込み俵返し。彰人は梅田をフォールも2。

彰人と梅田はエルボー合戦。梅田のミドルキックをキャッチした彰人はその足を高梨にもたせて二人まとめてドラゴンスクリュー。彰人は二人まとめてアンクルホールドで捕らえるが、高梨がマット外に手を伸ばしブレイク。

2015-9-18DDT幕張_第2試合②彰人は足横須賀を狙うが着地した梅田が丸め込む。そこを高梨が二人まとめてSTFで捕らえそのまま回転しフォール。2で返されると丸め込み合戦となる。
立ち上がると高梨が彰人にトラースキック。コレをキャッチした彰人に梅田がビッグブーツを叩き込み、高梨にもビックブーツ。これをキャッチした高梨が梅田の膝をマットに叩きつけるとうわばみ(足4の字からの丸め込み)で3カウントを奪った。

第3試合

2015-9-18DDT幕張_第3試合①リアルなプロレス団体とコラボしている2ゲームが東京ゲームショウで初邂逅!
まずはサクセス『リング☆ドリーム〜女子プロレス大戦〜』プロデューサー松田秀夫氏と原作者でいしろう氏&マーケティング部のさっちゃんがアロハシャツにレイを首に巻き登場。
DDT美少女化計画の飯伏幸太美少女化Tシャツなどをアピールするが、松田プロデューサーが「物販ブースに今回出展しておりテーマがハワイです。来ていただけるとハワイを感じていただけます」と流暢に説明するもゲームの説明には詰まる。原作者のでいしろう氏も「女子プロレスを題材にしたソーシャルカードゲームです」という説明だけにとどめ、ゲーム内容には触れず「東京ゲームショウでハワイをやっております!」と謎のハワイ押し。プロデューサーはゲーム説明よりザルに小豆を入れたもので波の音を演出するのに必死。「波の音を聞いたらリング☆ドリームを思い出してください」と熱弁しキンプロへタッチ。

ブシロード『キング オブ プロレスリング』(以下キンプロ)開発プロデューサー花澤勇佑氏が動揺しながら登場し「ずっとハワイの音がしてるんですけど・・・」と困惑するが、ディーノは「ここで触れるとつけあがるからほっときましょう!」とキンプロの説明へ。

開幕リンドリにアテられたか「今二人でやってるんです。僕と広報の二人しかいない」とキンプロの内情を暴露。
キンプロも三年になりカードパックとしても15弾に。昨日のTGSでの発表で獣神サンダー・ライガーの初収録も発表され、ひっそりと13弾で中澤マイケルもカード化されていると報告。キンプロとリンドリ両方のゲームでカード化されているのは飯伏幸太、男色ディーノ、中澤マイケルの3人となる。

勝敗予想となりディーノは「プロレスゲームのプロデューサーが、どれだけプロレス見てんだと!これで予想を外したらキングオブプロレスのトップカンパニーを見られてる方が外したら責任問題ですよ!リング☆ドリームも女子プロレスゲームですよ!」と煽る。リンドリは山下&中島組を支持するが、でいしろう氏がユーザー投票の結果を見て「逆張りしたい」と提案。キンプロも辰巳リカを支持。今回は特別に入場した選手を見てから勝敗予想をすることに。

9月22日の新宿FACE大会を中島がアピールし、山下のキックパフォーマンスを見た花澤プロデューサーは勝利を予想。リンドリはユーザー投票での逆張りでミウラ組の勝利を予想。

先発はミウラと中島。両者腕の取り合いからグラウンドの攻防に移行し両者距離を取る。ルチャのような攻防から走りこんだ中島をミウラがボディプレスで叩きつけリカにタッチ。

リカはマイクを要求すると「聞こえますか?東京女子プロレスの辰巳リカですいえーい!今日は東京ゲームショウに呼んでいただきありがとうございます!応援よろしくお願いします!それじゃいくぞ〜!」とカメラにドアップでアピールしていくも、その隙にタッチした山下が振り向いたリカにガットショットからミドルキック、さらにコンビネーションパンチからハイキックをはなつが、なんとかキックをよろよろと四つん這いになって避けたリカが走りこんでヒップアタック。さらに走りこむが中島がこれを足をかけてコケさせ、山下は中島にタッチ。

中島がネックロックから首4の字。リカはマット外へ足を伸ばしブレイク。中島はストンピングから山下にタッチ。
山下は対角線を走りこんで強烈なサッカーボールキックをリカの背中に叩きこみフォール。リカは泣きそうな顔で返していき、なんとか立ち上がるとエルボー連打。受けきった山下がボディブローを叩き込み、くの字になったリカの背中にハンマーを落として顔をあげさせると、改めてボディーブロー連打。山下はミドルキック2連発も、必死にその足を抱え込んだリカがドラゴンスクリューで投げミウラにタッチ。

ミウラはショルダータックルで次々倒すと山下にボディプレス。立ち上がった山下とエルボー合戦。ミウラは山下のエルボーを避けショルダータックルで倒すと、カナディアンバックブリーカーで捕らえるが着地した山下がボディーブローからハンマー。さらにバックブリーカーをきめ中島にタッチ。

中島はミウラにライダーキックからフォールも2。中島はノーザンライトスープレックスを狙うが、耐えたミウラがブレーンバスターを狙う。逃れた中島が走りこむがミウラはラリアットで迎撃しリカにタッチ。

リカは中島にエルボードロップからフォールも2。中島はガットショットから後方回転羽折り固め。これをミウラがカットも、山下が出てきてミウラをハイキックで蹴散らしていく。中島はミウラを踏み台にリカにライダーキックを叩き込んで3カウントを奪った。

2015-9-18DDT幕張_第3試合②勝利した中島は9月22日新宿FACEのメインイベントで赤井沙希とシングルマッチを行うことをアピールし会場を後に。リンドリは予想が外れた責任を取り「来年の物販ブースはトルコにします」と謎の宣言をし、小豆を撒き散らしながら第3試合は終了した。

第4試合

2015-9-18DDT幕張_第4試合①第5試合に出場する男色ディーノは次の試合のために実況から外れマイク井上と磯村知美の二人でスタート。
コーエーテクモゲームス『アルスラーン戦記×無双』宣伝部広報松永 均氏とファランギースが登場。
松永氏は「10月1日発売のゲームとなりまして、アルスラーン戦記と無双がコラボしアニメのアルスラーン戦記を無双でどう表現するか、ビジュアルとストーリーに注目ください。あわせて新アクションとなる軍団を率いるアクション“マルダーンラッシュ”も注目していただきたいです」とアピール。

勝敗予想となり、ファランギースが勝俣勝利を予想。
勝俣がエルボー。改めてエルボーを叩き込むと、アントンは悩んだ末「あそこにエッチな格好のお姉さん」とファランギースを指さし、そっちを勝俣が見た瞬間殴りかかるが勝俣はこれをガードしてエルボー。倒れこんだアントンに勝俣はストンピング。投げようとした勝俣にアントンはサミングから会場に置いてあったコーヒーを飲んでジョージアをアピール。

アントンは勝俣の顔面をテーブルに叩きつけ勝俣の髪を引きずりファランギースの元に連れて行くと「エッチなお姉さんホントにいるだろ!」と嘘ではなかったことを強調。勝俣も「ホントだ。助けてください」と腕を伸ばす。アントンは「こんな綺麗なお姉さんがもっているアルスラーン戦記無双、2名様にプレゼントします」と視聴者に勝手に約束し勝俣を傷めつけていく。

アントンはフライングメイヤーからフィストドロップ。フォールも2。この間松永氏より「プレゼントは用意してないですけど・・・」と不安そうなコメント。
アントンは勝俣の顔面にナックルからストンピング。さらに「お姉さんのために」とアントンはバイオニックエルボーを狙うが、勝俣はガットショットからブレーンバスターで投げようとする。だが逆にアントンがブレーンバスターで投げようとするがこれは勝俣は着地し顔面にドロップキック。

勝俣はイスを用意するとバトル・ニュース記者に押さえさせてそこに登ってミサイルキック。勝俣は机に上りファイヤーバードを狙うが、アントンはマイクを要求し「ちょっとまってくれ、そこから飛ぶ前に一つ話を聞いてくれ。実は俺、猫を飼ってるんだ。その猫は名前はドロシーって言うんだけど、なんでドロシーって名前がついたか教えてあげるね。ドロシーを拾ってきたのはある嵐の夜だった。ちなみにドロシーっていうのはオズの魔法使いっていう映画の主人公の少女の名前なんだ。その少女はカンザス州の汚い掘っ建て小屋に住んでいて、セピア色の白黒の不幸な生活を送っていた。そんな矢先、竜巻に巻き込まれてオズという美しい美しい綺麗な世界に飛んでいってしまうんだよ。俺が捨て猫を発見したのはそんな竜巻が起こるような嵐の夜で、そいつはほんとに汚い汚いダンボール小屋に入って、汚いカンザス州の掘っ建て小屋のようだった。俺は、少しでもその猫を俺の家に連れて帰って、俺の家はオズの国とは程遠いものだよ!でも、少しでも幸せになってほしい、そういう願いをかけて、猫にドロシーって名前をつけたんだ」と話し続けるが、あまりに話が長いので勝俣は「それがどうしたんだよ!」と怒鳴る。
アントンは「続きがあるんだ聞いてくれ!実はその猫、このゲームショウに来ています。どこにいるかわかるか?猫のドロシーは今、私のお腹とワンショルダーの間にいます。とっても寂しがり屋なんでこうやって近くにいないとこいつダメなんです。もしお前がそっからドーンて飛んで、俺のお腹にバーンてなろうものなら、猫のドロシーがどうなるか、わかってるんですか!?それでもお前は飛べるのか!」と訴えるが、勝俣は「でも勝負は勝負だ!俺は飛ぶ!」と飛ぼうとする。
コレを見てアントンは猫の鳴きマネをしながら「怖いニャー、この髪の先っぽだけ赤いお兄ちゃんが飛んできたら、ドロシーちょっと潰れちゃうニャー。せっかく幕張まで来たならメタルギアソリッドオンラインやりたかったニャー」と他社アピール。
2015-9-18DDT幕張_第4試合②勝俣は机から降りると「僕が間違ってました。ドロシー、安全なところへお行きなさい」とドロシーを助けようとアントンに近づくが、そこをアントンは首固め。これで3カウントを奪ったアントンはファランギースの肩を抱き「これでドロシーと私の命は今日ばかりは助かりました。それもコレも全て、解説してくれた赤帽子のメガネのお姉さん(イソッチ)とアルスラーン戦記のお姉さん(ファランギース)のおかげです。アルスラーン戦記を買えば私のような屈強な男になれる可能性がありますので。このアルスラーン戦記を買って、50枚ぐらい買って、手提げ袋を一日100回こうやってやる(上下させる)と屈強な男になりますんで、是非ね、50枚ぐらい買って、お姉さんの事を妄想しながら、するとテストステロン出ますから、それは筋肉にいいので是非試してみてください。アルスラーン戦記無双は50枚買えば35万ぐらいですか?それぐらいの出費はこの男らしい肉体を手に入れるためにはね、安いものですよ。ライザップでお金使うぐらいならアルスラーン戦記50枚買ってこうやれば、ついでにたまーにゲームもできちゃうんで、鍛えるついでにゲーム出来ちゃうんでよろしくお願いします」とアピールし第4試合は終了した。

第5試合

2015-9-18DDT幕張_第5試合①4Gamer×DDTのメインイベントということで、男色ディーノの解説の代わりにアントーニオ本多が登場。「ゲームは5,6年やってない。人生がゲームだ」と豪語するアントン。

最後のゲストとしてセガゲームス『龍が如く 極』プロデューサー横山昌義氏が登場。アントンは「KONAMIとSEGAはやっぱり仲悪いんですか?」といきなりぶっ込むと横山氏は「いきなりそれ聞きます!?最近ブース遠いからいいんですけどね、昔近い時は音の争いっていうのがあるんですよ。お互い音の出し過ぎだって文句言いあってどんどん小さくなっていくっていう。でも最近KONAMIさんとは距離があるんでそういうのないんですけど一昨年ぐらいまでありましたね。東京ゲームショウはメーカー同士の熱い戦いなんで、今日ここでも熱い戦い見せてくれるんでしょ?」とこの放送初めて東京ゲームショウとプロレスが繋がったコメントを返す。
横山氏は「『龍が如く 極』は第一作を改に作りなおしてPS3,PS4でキャストの声もほとんど撮り直して今ある技術で強化した新しい龍が如くを。実は『龍が如く 0』という前日譚も好評で、そこを掘り下げるのは龍が如くの1、でもただリメイクしただけでは面白くないので新規エピソードも追加して新しい龍が如くを作るという思いで作るのが『龍が如く 極』です。2016年1月21日に発売いたします。龍が如くは10周年で、それを記念して原価も安くして支えてくれたファンの方へのプレゼントという意味もありますし、新しいファンの方もまたここから龍が如くを始めてもらえればなと思って作った商品です」とアピール。

勝敗予想となり、横山氏は視聴者のアンケート予想(ディーノ組69.2%、竹下組30.8%)を見て「龍が如くってタイトルはですね、実は世の中の200万人に売れて欲しいんじゃなくて、50万人、こういうのが好きな50万人が買ってくれればいいっていう絞りきったマーケティングからスタートしたタイトルなんですよ。わかります?女子供は切る。男で大人。そしてゲームに飽きた人達、大人のためのエンターテイメントを作ろうとした所から始まったんですよ。最近広く売れてますけど。って考えると、少ない方をとるのが俺らとしての信念。だから30.8の2番(竹下組)にしよう!これが龍が如くの信念」とBET。

ディーノは入場すると横山氏の唇を奪う。唇を奪われた横山氏は「いつも思うんだけど、超いい匂いするんだよ」と苦笑。
ディーノ組が急襲し遠藤のバックを取ったディーノがうつ伏せに倒しマット上でバックから腰を振っていく。
マット外に手を伸ばしブレイクとなった遠藤にディーノはナイトメア。竹下がディーノの顔面を殴りカットするが、ディーノはそのまま遠藤の顔面に尻を落とす。
大石が遠藤をカンパーナで担ぎ仰向けに股を開いたディーノの股間めがけて遠藤の顔面を振っていく。これを竹下がカットするも、大石が手を離したため遠藤の顔面がディーノの股間に落下。股間に顔を埋めた遠藤はマット上で動かなくなり、今度は大石がリバースパロスペシャルをきめ竹下の顔面を固定すると、そこに向かってディーノは突き上げ腕立て伏せで尻を押し付けていく。精神的ダメージを受けた竹下を大石が丸め込むが2。

マイクを持ったディーノが「大石さん、ついにこの時が来たわ、あれやるぞ!」とアピールし、大石も「ケツ出せ!」とやる気になるがディーノは「バカ野郎」と大石にビンタ。ディーノは「外に出るんじゃー!」とアピールするが、大石はディーノにビンタし「昨年、東京ゲームショウで、俺達が外で大乱闘を繰り広げて、大の大人が、どんだけの大人に怒られたと思ってるんだ!そんなことも忘れたのか!」と怒るも、ディーノはガットショットを大石にくらわせ「外に行くぞ」と歩き出す。
大石がコスチュームを引っ張り引き止めディーノにスタナーを狙うも、ディーノは突き飛ばしリップロックで大石をダウンさせる。
「わしは外に出るんじゃー」と歩き始めたディーノを竹下と遠藤が引き止め、ダブルのブレーンバスターを狙う。だがディーノは二人まとめて男色スクリューで投げ捨てると「おい!おい!おい!わしは!わしは!わしは!お前ら!よく聞け!よく聞け!わしは!わしは!わしは!外に出るんじゃー!外に出るって言ったら外に出るんじゃー!」と本気で4Gamerの人が止めるのを振り切り外へ。

マットに残された大石に竹下と遠藤が交互にチョップを叩き込み、続いて交互にエルボーを叩き込んでからサンドイッチスーパーキック。竹下が机の上に乗りダイビングボディアタックからフォールも2。

大石はダブルで投げようとしてくる二人の顔面を衝突させ逃れると、竹下のラリアットを避け突き飛ばし遠藤にぶつけ、遠藤を踏み台にしてのスイングDDTを竹下に叩き込む。
大石がタッチをしようとディーノを探すが、まだディーノは帰ってこない。竹下はバックブリーカーから遠藤にタッチ。

遠藤はアルゼンチンバックブリーカーで捕らえると、そこへディーノが様々な他社のブースの配布品を身体に纏いながら戻ってくる。ディーノは配布品が詰まった袋で竹下と遠藤を殴りつけると、何故か大石まで殴り「大石さん、立て!あれやるぞ!外行くぞ!」と連れ出そうとする。大石は「バカ野郎!」とスタナーを叩き込んで机にもたれかからせると「いいからケツを出せ」とコスチュームを降ろし遠藤の顔面を叩きつけようとする。これは逆に大石を振り遠藤は逃れ、走りこむも大石がこれを避け遠藤はディーノのケツに顔面を突っ込む。
大石は竹下も突っ込ませようとするが、竹下は耐えて大石にチョップ。さらにラリアットをはなつがこれを大石が避け竹下が突っ込むかに見えたがこれは踏みとどまる。その竹下へ大石はツバ攻撃からカサドーラを狙うも、それを竹下は強引にパワーで止めると、大石の上半身を持ち上げ大石の顔面をディーノのケツに突っ込ませる。大ダメージの大石をそのままジャーマンスープレックスホールドで叩きつけ3カウントを奪った。

2015-9-18DDT幕張_第5試合②勝利した竹下は「『龍が如く 極』の宣伝ということですけど、僕は龍が如く0をやるためにPS4買った男なんで、極も楽しみにしてます」とコメント。
横山氏は「プロレス子供の頃からリングサイドでバンバン見てて、人生で二人だけサインを貰った事があって、それ以外サインもらったことあんまないんですけど、一人は平野綾で、もう一人は長州力なんですよ。間違えて木村健悟にサインもらってがっかりするっていうのが小学生の時にあったんですけど、そしたら間違えちゃったって言ったら長州さんその後送ってくれたんですよ。そういう手紙を書いたら。そういういい話もあって、すごいお父さんと一緒に毎週のように後楽園行ってたんですよ。入場でバンバンイス当たったりとか。皆男の子だったら通る道ですよ。僕39ですけど、超見てましたからゴールデンとか。久々に血が滾りましたよ、ありがとう」と感謝を述べ、4Gamer×DDTの全試合が終了した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×