征矢がAKIRAとワイルド会見&ワイルド特訓!船木は賛同者のイケメンと狂気の蹴擊特訓

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月23日、都内WRESTLE-1事務所にてAKIRAと征矢学がワイルド会見を開催。
両者はWRESTLE-1の10.8後楽園ホール大会でシングルマッチを行い、試合に敗れた征矢にAKIRAが「責任の取り方は勝った俺が決めさせてもらう。俺とタッグを組め!」とタッグ結成を呼びかけ11.1両国国技館大会で初タッグを結成する事になっている。
しかし、会見では征矢がAKIRAを「野上さんはワイルド1年生。ワイルドを名乗った以上、死ぬまで名乗り続けなければいけない。」と自身の持つワイルド論を強要。
AKIRAが野生動物の生態を集めたDVDを鑑賞しワイルドを研究しようと提案した事にも「1年生の野上くんとしては良い判断。48ワイルドあげましょう。」と完全に上から目線。
しかし、いざDVDを鑑賞しだすと征矢はウトウトと眠ってしまう。AKIRAに「寝ていただろ!?」と追求されるも「瞑想していたんです。瞑想で特訓を思い付きました!」と苦しい言い訳をし、話題を変えるかの様にAKIRAを道場に連行。

公開練習では征矢のワイルドボンバーがAKIRAに誤爆道場でもウォーミングアップのチューブトレーニングで征矢が手を離しAKIRAにチューブが激突。練習生を捕まえ合体攻撃を試すも征矢のワイルドボンバーがAKIRAに誤爆するなど最後までチグハグ。リング上に大の字になるAKIRAを尻目に、「ダメだ、こりゃ。」とまったく悪びれずに道場を去った征矢。
今回のワイルド特訓を見る限りでは11.1両国大会でのAKIRA&征矢のコンビネーションには黄色信号が灯った様にしか見受けられなかったが、持ち前のワイルドでこの状況を覆すのか!?

征矢「11月1日両国大会に向けて、タッグチームとして意思の疎通をする為に“ワイルド特訓”をこれから行いたいと思っています。」
AKIRA「責任という形で11月1日の試合が決まったんですけど、俺の考えている“ワイルド論”と言うものと、征矢学が持っている物をいつまでも語り合っていても平行線を辿るので、あえて征矢学はある種、支持をされているので僕が学ぶ形で教えを乞う形で征矢学のワイルドに近づいてみようと。そこで得る物もあるんじゃ無いかと思い秘密特訓したいと思います。僕の目標としてはブロディ&スヌーカ組の様なタッグチームになれればなと思っています。」
征矢「やっと野上さん、やる気が出て来ましたか?でも、良いですか?ワイルド1年生と言う気持ちで臨んで下さい。そして、ワイルド名乗る上でひとつだけ言わして頂きたいのが、ワイルドを名乗った以上、死ぬまで名乗り続けなければいけないんです。」
AKIRA「1年生か…俺は30年間、ワイルドをやって来たつもりだったけどな。人生を賭けてワイルドを追求しなければいけないって事か。厳しい世界だな。」
征矢「タッグチームを組む上で、ブロディ&スヌーカの様に見た目も大事になってきます。第一印象、見た目は大事です。コスチュームを合わせましょう。」
AKIRA「合わせるのか…ピンクとか俺は恥ずかしいけどな。」
征矢「ピンクは私の趣味です。そこは各々で。タッグチームとして一つになる上で合わせるのは妥当じゃないかと思うんです。野上さんが俺に合わせて下さい。」
AKIRA「結局、そう言う事かよ。まぁ、いいや。やっぱり野生を追求するって事でさ、この間、本屋でこのDVDを発見したんだよ。『最強アニマル決定戦』って、これどう? ヒントが隠されているんじゃないかと思うんだよ。」
征矢「観てみましょうか。1年生の野上くんとしては良い判断だと思いますよ。」
AKIRA「何点ぐらいですか?」
征矢「48ワイルドあげましょう。早速、見てみましょう。」
※DVDを鑑賞しだすが、数分経つと……
AKIRA「オイっ! 寝てんなよ!」
征矢「……いや、寝てないですよ。瞑想してました。」
AKIRA「じゃぁ、今何が映ってた?」
征矢「…ゾウが、人を食ってました。」
AKIRA「食わねえよ! 今、キリンだよ!」
征矢「もう、動物が戦うシーンってのは動物愛護協会に喧嘩を売っているみたいでどうかなって思うんですよ。でも、これを観て良いトレーニング方法が思いつきましたよ! 寝てたとか言われましたが、凄く瞑想をして考えていたんですよ!」
AKIRA「なるほど、出来上がった?」
征矢「行きますよ! 着替えてトレーニングしますよ!」

その後、WRESTLE-1道場に移動した両選手はチューブでトレーニングをするも、征矢学選手の手が滑りAKIRA選手にチューブが激突。
その後、練習生を相手に合体攻撃を試すも、征矢学選手のワイルドボンバーがAKIRA選手に誤爆しAKIRA選手はリングに大の字に……。
「ダメだ、こりゃ。」と自らは何も悪びれずに征矢学選手はAKIRA選手を独りリングに残し去って行ってしまった。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る