道頓堀プロレス6.14港区民センター大会で若手とベテラン軍が激しく火花!1回戦がすべて若手vs.ベテランの最強男決定トーナメントも決定

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

6月14日、大阪・港区民センターで開催された道頓堀プロレス『ゴールデンサバイバー2015』開幕戦。メインイベントではHUB&ヲロチ&南条隼人がTORU&リアルイヌナキン&三原一晃と対戦。

20分を超す熱戦となったが、最後は巧妙にレフェリーのブラインドをついての丸め込みでヲロチが勝利。するとHUBがマイクで「俺たちにはまだ奥の手がある。28日ベルトを獲るのは俺らだ」とタッグベルト奪取宣言。
しかしTORUが引き上げるHUB、ヲロチを呼び止め「ベテラン軍として若手の壁になると言ってたあんたのやり方が今のやり方でいいんですか?って聞いてるんや」と食ってかかると、HUBは「今の道頓堀には若手にもチャンスがいっぱいあるのにお前らがモノにしないから満員にならないんじゃないのか? 俺とヲロチはもうお前らに頼らない。俺らが積み上げてきたものでこの道頓堀の会場いっぱいにしてやるぜ」と吐き捨てると引き上げる。

2015-6-14道頓堀プロレス港区民センター大会②TORUは最後に「キャリアを縦にツベコベ言われるのはもうウンザリ。お客さんを呼ぶ、盛り上げる、熱い試合をするのに若手もベテランもない。もうキャリア云々言わせないためにも6月28日は俺とイヌナキンが防衛して大阪のプロレス界を盛り上げていく!」とタイトル防衛を宣言した。

また、次期シリーズ『道頓堀最強男決定トーナメント2015』を開催。エントリー選手は16名で、1回戦はすべて若手vs.ベテランで6月28日の試合前に公開抽選を行うことが発表された。
現段階で決定しているエントリー選手は空牙、HUB、ヲロチ、岸和田、ガメラス、南条、冨宅、スミラ・ピート、TORU、イヌナキン、正岡、タダスケ、三原、織部、大久保の15名。

ゴールデンサバイバー2015 開幕戦
日時:2015年6月14日(日)
開場:17:00 開始:17:30
会場:大阪・港区民センター

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○翔太
9分17秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
●小山寛大

▼第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○マグニチュード岸和田
11分8秒 逆片エビ固め
●大久保寛人

▼第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○正岡大介/ダイナ御堂
10分35秒 ランニングニーパット→片エビ固め
佐野直/●ユン・ガンチョル

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
冨宅飛駈/ガメラス/○スミヒデアキ
11分9秒 変形チキンウイングアームロック
太陽塔仮面/菅沼修/●めでタイガーマスク

▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
空牙/○ビリーケン・キッド
16分10秒 コウモリ吊り落とし→片エビ固め
ラ・ピート/●織部克巳

▼第6試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
HUB/○ヲロチ/南条隼人
20分15秒 首固め
TORU/リアルイヌナキン/●三原一晃

【記事提供/道頓堀プロレス】

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る