2・23バーレスク東京での路上プロレスに向け高木三四郎&阿部史典がポールダンス特訓を敢行! 「練習の成果を見せて、しゅんまおからKO-Dタッグ王座を獲る!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月23日、六本木のショークラブ・バーレスク東京で行われる路上プロレスで、KO-Dタッグ王座(王者はしゅんまお=MAO&勝俣瞬馬)に挑むチーム煩悩大社長(高木三四郎&阿部史典)が決戦に向けポールダンス特訓を敢行した。

 チーム煩悩大社長はかねて、この一戦でポールダンスを使った攻撃を披露することを宣言していたが、その経験はゼロ。

 そこで2人は某日、東京・板橋区南常盤台にある「Pole & Fitness Studio Lycoris」にポールダンス世界チャンピオンのkeiko先生を訪ね、指導を仰いだ。

 本来、2人の目的は路上プロレスでポールダンスをどう使うかを学ぶためだったが、ポールダンスの世界はそんなに甘いものではなかった。プロレス技に生かすためには、まずはポールダンスの基礎を学習することが必須。

 練習は柔軟に始まり、初歩的なポールダンスの指導がスタート。プロレスとは筋肉の使い方も違うとあって、2人は戸惑いを隠せず。だが、阿部は筋がいいようで比較的早く初歩的な動きを習得。しかし、高木は体重105キロで、ヒザと肩に爆弾を抱えるとあって、厳しい指導と痛みで悲鳴を上げまくり涙目。

 それでも、2人はなんとか練習についていき、ギリギリ基礎的な動きがマスターできた段階で、プロレス技への転用の指導が始まった。keiko先生はポールに捕まって、ぶら下がった状態から蹴りやヘッドシザースの要領で首を絞める技を提案。実際に2人がやってみると、これがなかなか威力があり、勝敗を左右する技になりそうだ。

 みっちり90分に及ぶ特訓を終えた阿部は「今日の痛みを超える痛みはプロレスには存在しない。努力の賜物だと分かった」、高木は「見ることしかなかったけど、奥が深い。体幹、バランスが大事だなと思いました」と感想を述べた。

 そして、2人は口を揃えて「バーレスク東京では、特訓の成果を見せて、しゅんまおに勝って、KO-Dタッグのベルトを獲ります!」と王座奪取を誓った。

 なお、今大会はぴあが提供するライブ配信サービスPIA LIVE STREAMにてPPV生配信される。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る