【第50回】VAPERレスラー谷嵜なおきのバトルニュースで取り扱い注意!~ダブプロレスとノってる男と~

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

ダブプロレスの谷嵜です。
1年経つのが早すぎますね。もうクリスマスシーズン、年末感が漂ってます。
年齢を重ねる度に月日が流れるのが早く感じるあの感覚。
ジャネーの法則と言うらしいですね。
6才の子の1年は1/6の感覚、80才の人の1年は1/80の感覚と言う事のようです。

そして未だコロナ禍と言う事ですが、1年前よりそれに対する捉え方も人々によって差はあるかと思いますが、緩くなっているのも感じます。
声援アリ興行と言うのも増えてきて我々からすればリング上で闘っている実感をより強く感じられます。
今年は天龍プロジェクトではこだやんとIJタッグの王者になったり、インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級のベルトも防衛を重ねる事が出来ました。
去年の11月に当時の王者だったJTOの新選手からベルトを奪い、その後も同じくファイヤー勝己選手、イーグルマスク選手、ダブプロレスに入団した伊東優作、福岡ではMYWAYのヴァンベールネグロ選手、広島で岡田剛史選手、インディージュニアの祭典ではフリーの梶トマト選手と2AWの花見達也選手との3WAYマッチで。
6度の防衛に成功しました。
どの試合も印象深く、対戦相手達の並々ならぬ意気込みとポテンシャルもしっかりと覚えております。
IJタッグではレッドブルーと名乗る仁木琢郎、椎葉おうじ組との防衛戦も印象深いです。
若く勢いに乗る彼らは強かったです。今回は勝てたけど次やったら本当に分からないくらいに追い込まれました。
プロレスにおける勢いに乗る選手の脅威と言うのを再認識させられました。
その勢いに乗ると言う事では椎葉おうじはキャリア的にもまだまだ若手で負ける事が多いけども、その将来性にも脅威を感じてます。

同じく勢いに乗る男、ダブプロレスのレイパロマ。
同じダブに所属してますが、今年の後半からの勢いは特に凄いと感じてます。
自分がまだダブプロレスに参戦し始めた頃はちょっと変わった和製ルチャドールくらいの印象しかなかったですが、いつの間にかパロマワールドを確固たるモノにして、ダブプロレス東京公演の新木場では内田祥一とメインでドッグカラーデスマッチを闘い、選手と会場中を感動の渦に巻き込んだのが印象深いです。
その後も天龍プロジェクトに参戦して、そこでもレイパロマと言う個性を存分に発揮してました。
龍魂杯での1回戦の佐藤光留選手との試合も負けはしたけど、現IJ王者をあと一歩のところまで追い込み存在感は王者以上だったかと思いましたね。
我々谷やんこだやんがIJタッグ王者だった頃にもノンタイトルながらレイパロマの猛毒と言われるケツ攻撃から3カウントを奪われ、負けてしまいましたし、ダブプロレスの大阪公演では凶器持ち込み4WAYマッチでグンソ、伊東優作、FREEDOMSの正岡大介とデスマッチエキスパートに囲まれる中頭から血を流し、ケツからも血を流しながらも勝利。
その姿には神々しささえ感じました。
レスラー生活20年以上もローカルな存在として過ごしながらも人間力と言う点ではグローバル以上のポテンシャルを秘めていると思われます。
今月半ばにはそのレイパロマとアラケンさんのジュリーズを名乗る二人にIJタッグのベルトも奪われてしまいました。
キャリアと人間力の持つ重み、深み、味わい等が今パロマには充満している。
そんな風に感じます。若い選手の勢いも怖いですが、ベテラン選手の勢いは更に怖いなと痛感してます。
そんなレイパロマもダブプロレスの年末の総決算である広島で行われるBump Bump Revolution18では現ダブ世界ヘビー級王者である木下亨平に挑みます。
若き王者に勢いに乗るベテランが挑む。これはロマンを感じます。
レイパロマの王者返り咲き。
十分あり得るかと思いってます。
煽りPV

他にもダブタッグ王座の決定戦もあり、近野剣心vs宮本裕向選手のスペシャルシングルマッチもあり、前回の広島でインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級をかけて闘った岡田選手と谷嵜が組んで若く勢いに乗る椎葉おうじ、政岡純組との一戦もあります。
みんな大好きカブキキッドも出場しますしね。
ダブ的盛り沢山な総決算に是非ともご来場頂きたく思います。

そのまま年を跨いで10日後くらいには新年会的なダブ正月もあります。
年明けは関東では新日本プロレスさんの1.4東京ドームがありそれに続いてレッスルマニアウィークのように東京で興行ラッシュとなり新年からプロレス!と言う文化が根付いて結構経ってるのではと思います。
しかし、関西方面では年越しプロレス的な事はあっても年明けからの興行初めは割りとゆっくりしているかと感じてます。
それをダブプロレスが変えて行きたい!と言う事での大阪でも年明けからプロレスやるぞと。
1月3日は大阪梅田のライブハウスTRADでダブプロレスの闘いは勿論、DJもいつもより多く、ダンサーも入れての新年会公演に是非ともご来場頂ければと。

年越しまでもう少し日はありますが、皆様今年1年応援ありがとうございました。
また来年もプロレス会場でお会いしましょう!
良いお年を!

ダブプロレス
12月24日(土)
「Bump Bump Revolution18」
広島マリーナホップマーメイドスペース
年内最終戦
18:00 OPEN 18:30 START
前売り
最前列指定席 7500円
自由席 5500円
当日各+1000円
18歳以下1000円(当日のみ、要身分証)

▼カブキキッドvsボンバー奥野

▼椎葉おうじ&政岡純vs谷嵜なおき&岡田剛史

▼DOVEタッグ王座決定戦
グンソ&伊東優作vs"brother"YASSHI&火野裕士

▼スペシャルシングルマッチ
近野剣心vs宮本裕向

▼DOVE世界ヘビー級タイトルマッチ
(王者)木下亨平vs(挑戦者)レイパロマ
 
ダブプロレス
1月3日(火)
14時30分
大阪梅田TRAD
オールスタンディング
前売り¥6,000
当日¥7,500

ダブプロレス
1月29日(日)
14時30分
神戸元町リングソウル
前売り¥5,000
当日¥5,500

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る