『ミスFLASH2022』ファイナリストの173cmグラドル女優レスラー・後藤智香が後楽園ホールでプロレス初舞台!「桜井まいさんは同じ舞台で闘った同志」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、『ACTwrestling 後楽園ホール公演』で後藤智香(ごとうちか)がアクトレスガールズデビュー戦を行った。

 『女優によるプロレス団体』をコンセプトに所属選手を“アクトレスガールズ”と呼称して2015年に旗揚げされたActwres girl‘Zは、2020年よりアクションシーンに実際のプロレス技を取り入れた女優たちによるミックスメディア作品『アクトリング』と、プロレスを用いたよりエンターテインメント性の高い公演『アクトレスリング』の二軸で展開中。

 今回デビューした後藤智香は、173cmの長身を誇り、そのスタイルの良さから役者だけではなくグラビアアイドルとしても活動。グラドルとしては現在スターダムで活躍する元アクトレスガールズの桜井まいと同じく『ミスFLASH2022』のファイナリストに残った実績を持つ。


 第3試合の5対5タッグマッチに出場した後藤は、その長身を生かしたファイトスタイルで観衆を魅了していき、味方が劣勢となると積極的にタッチを求めて終盤の大混戦の中に飛び込んでいく。
 後藤を迎え撃ったのは、キャリア抱負なワイルド・バニー。後藤はバニーの強烈な打撃でふっ飛ばされ巧みな足関節技で苦戦するものの、後藤の4人の仲間が必死のサポートを入れていき、仲間3人のトリプルビッグブートがバニーにヒット。後藤はその隙を見逃さずにスクールボーイで3カウントを奪い、惡斗似の謎の美女から大金星を挙げた。

 試合を終えた後藤は「お待たせしました。お待たせしすぎたかも知れません。ということで、ついにデビューさせていただきました!本当に先輩方に勝たせていただいた試合だというのを、デビューできたっていうのを一生の糧にしてこれからも頑張っていきます!今度は自分の力でも勝てるように頑張ります!」と笑顔。

 そして、桜井まいのことについて触れられると、「同じ舞台で闘った同志なので、どこかでキッカケがあればまたお会いしたいと思っています。私が、というよりもミスFLASH時代を知っているファンの方が『桜井まいさんといつ闘うのかな』みたいのを楽しみにしてくださってる方が結構いらっしゃるので、やったら面白いのかなと思います。一緒に闘えるようになるまで頑張ります(笑)」とコメント。
 プロレスとアクトレスリングは似て非なる分野のエンターテイメントであるため同じリングでの対面は難しいが、プロレスという広い世界の中で2人がまた交わる日が来ることに期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る