SKE48荒井優希らの「1998年度組」が新旧チャンピオンチーム相手に敗退も大奮闘!「強くなって、“私たちもボロボロにされてたよね”って言えるくらい成長していきたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが5月5日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場で「GO GO DO IT」を開催。SKE荒井優希、鈴芽、宮本もか、遠藤有栖の「1998年(平成10年)度組」が新旧チャンピオンチームに敗れるも、大奮闘して団体の明るい未来を灯した。

 同団体が同所に進出するのは、2019年9月1日以来、2年8ヵ月ぶり2度目。2020年9月に興行が予定されていたが、コロナ禍で流れたため、久しぶりの大阪でのビッグマッチ開催となった。

 メインイベントはデビュー3年目の鈴芽、2年目の宮本、遠藤、そして2年目に入ったばかりの荒井の同学年組が新世代チームを結成。プリンセス・オブ・プリンセス王者・中島翔子、プリンセスタッグ王者・瑞希、インターナショナル・プリンセス王者・伊藤麻希、元プリンセス・オブ・プリンセス王者・辰巳リカ(緊急渡米のプリンセスタッグ王者・坂崎ユカに代わって出場)の新旧チャンピオンチームと対戦した。

 試合形式は60分3本勝負。1本目、チャンピオンチームは開始早々、伊藤と辰巳が不穏なムードになったものの、遠藤のキャメルクラッチを脱出した辰巳が足4の字固め。カットされると、スリーパーからドラゴンスリーパーの必勝パターンで遠藤からギブアップを奪い先取。

 2本目、新世代チームは荒井が瑞希にドロップキック、串刺しビッグブーツを叩き込むなど、4人で猛攻。荒井は中島にフルネルソンバスター、サソリ固めを決め、ロープに逃げられると、必殺のFinally(カカト落とし)を狙ったが中島は回避。瑞希が場外の鈴芽、宮本、遠藤めがけてダイブを敢行して3人の動きを止めた。中島はダブルアーム式DDTからダイビング・セントーンをさく裂させ、荒井から3カウントを奪取。これでチャンピオンチームが2-0で勝利を収めた。

 結果的にはストレート負けだったが、浅いキャリアで新旧チャンピオン相手に奮闘した荒井は「ストレートで負けてしまって。届かない壁というか、先輩たちの強さを感じたんですけど、私たちも強くなって、“そういえば、私たちもボロボロにされてたよね”って言えるくらい成長していきたいと思いました」とコメント。

鈴芽は「強い相手だったけど、この4人で組めてくれてうれしかったし、これからもやりたい」、宮本は「こうやって切磋琢磨できるのは幸せなことなので。どんどん成長していきたい」、遠藤は「この4人で組めてくれしかったし、今日負けたけど、次やったとき、もっと成長して、勝つつもりで頑張ります」と前を向いた。

 一方、前回のエディオン第2大会に続き、プリプリ王者としてリングに立ち、新世代のチャレンジを退けた中島は「楽勝とはいかなかった。でもベルトを持ってるかぎりは負けられない。あの子たちにも全力で向かっていきたいし、気を抜くつもりはなかった」と話した。さらに、「(1998年度組は)打たれ強さもですけど、自分たちの得意技でモタモタしないですよね。その辺の素早さとか。こっちはいっぱい手数はあるけど、一瞬を見逃さないというか・・・」と評価した。

 また、同団体では10月29日にエディオン第2大会を開催することが決まった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る