UNIVERSAL王者MAOがまたまた挑戦者・正田壮史を一刀両断! 「オマエにはDDTにもプロレスにも愛がない!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月14日、都内で『Judgement2024〜旗揚げ27周年記念大会5時間スペシャル〜』(3月17日、東京・後楽園ホール)に向けて公開記者会見を行った。DDT UNIVERSAL王者のMAOが挑戦者・正田壮史をまたまた一刀両断にした。

 2月25日、後楽園で町田光を破り王座防衛したMAOに正田が挑戦表明。MAOは受諾はしたものの、3・6新宿FACEでの前哨戦後に「正田にはDDTにもプロレスにも愛がない」と辛らつな発言を残していた。

 冒頭、正田は「前哨戦の3・6新宿大会の後、MAOさんに僕がプロレス、DDTを好きじゃないんじゃないかと言われて。そのとき言い返せなくて。すごい悔しい思いをしたんですけど。でも、そのなかでDDT、プロレスをどう好きかを言葉だけじゃ説明できないんで。だからこそ、後楽園で絶対にUNIVERSALのベルトを獲って、僕がDDTの未来であるということを、そしてDDTをプロレスを大好きだというのを皆さんに伝えます」と意気込んだ。

 これを聞いたMAOは「いろんな言葉を投げかけて、何かいいのが返ってくるかなと思ったら、まだ返ってこなかったな。言葉で説明できないなら行動なんだろうけど、俺からしたら、オマエはDDTにもプロレスにも愛がない。プロレス好きだと思うけど、愛が足りないよ。シャーデンフロイデ(インターナショナル)やってるけど、俺のほうがクリス(ブルックス)にも、(アントーニオ)本多さんにも、マサさん(高梨将弘)にも愛があると思う。(高木)三四郎をどうこうしようというのも、俺が何年も前からやってたこと。でもそれは高木さんに愛があって、俺が夢見た高木三四郎を取り戻してほしくて、愛をもってやってる。だけどオマエはそうやったらおいしくなるだろうなって思ってやってる。そこに愛はない」とバッサリ斬り捨てた。

 そして、「俺は自分がやってきたUNIVERSALの防衛戦、DDTにもウソはない。UNIVERSALのベルトに愛がない証明が、そもそも俺に挑戦してきたこと。挑戦受けると決めた以上、正田壮史にも愛をもってやってる。挑戦してきたことはありがとう。愛をもって防衛戦をやる。いい未来をつくっていけたら面白いんじゃないかなと思ってます。ただ容赦はしません。今は俺に勝てる見込みはないだろうけど、そこで何を残してくれるのか、ホントにベルト獲っちゃうのか? 直前になって楽しみになってきました」と続けた。

 MAOは防衛に成功した暁には、海外での防衛戦を見据える。4月4日(現地時間)には米ペンシルベニア州フィラデルフィアでDDTの米国大会が控える。MAOは「DDTの米国大会でUNIVERSALの防衛戦をやらないというのは考えてないんで。DDTの大会じゃなくても、単身で米国に飛んでやってるんで。UNIVERSALの意味考えたとき、いろんな壁を超えていくベルトでありたい。国も性別も関係ないし、相手が生き物かもわからないし、そういうベルトにしていくだけ。米国でも自由にやりたい」と意欲満々。

 舌戦では完敗した正田だが「ベルトを獲ったら、今は僕がDDTの未来として、今まで負けて来た先輩方を指名して、防衛を重ねて。見てくださってる皆さんが、これからのDDTは大丈夫だと、これからもっとすごくなるという安心を与えたい」と力を込めた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る