納谷幸男が斉藤レイとのメガトン対決制し「D王」開幕2連勝!「今年のD王、何がなんでも優勝する。この歩みを止めるつもりはない」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月2日、東京・新宿FACEで『D王 GRAND PRIX 2023 in Shinjuku【DAY1】』を開催した。同団体のシングル最強を決めるリーグ戦のBブロックでは、昨年度準優勝の納谷幸男が‟巨漢双子“斉藤ブラザーズの弟・斉藤レイ(全日本プロレス)とのメガトン対決を制して、開幕から2連勝を飾り、勝ち点を4に伸ばした。

 納谷は201センチ、110キロ、レイは192センチ、145キロ。超大型選手同士の対戦で、両者は開幕前から互いを強く意識していた。試合はのっけから激しいショルダータックル合戦。場外へ転じると、レイはイス攻撃、鉄柱にぶつけるなどラフ殺法。リングに戻ると、納谷はエルボー連打、串刺しボディアタック、エルボードロップで猛攻。レイもブレーンバスター、サイドバスターで逆襲。納谷がニーリフト、レイがラリアットの応酬で意地の張り合い。レイがドリル・ア・ホール・パイルドライバーもカウントは2。納谷はヘッドバット、張り手、ニーリフトから世界一のバックドロップを決めて勝負あり。

 開幕戦でのクリス・ブルックス戦での勝利に続き、好調ぶりを発揮した納谷は「斉藤レイ! いい選手だな。オマエとだったら、もっと続きがしてみたいと思ったよ。今日の結果を見て、全日本のほかの選手は黙ってないよな。俺はこの続き、DDTじゃなくて、全日本まで出向いてやってもいいと思ってるよ。うれしい返事、期待してるよ」と力を込めた。そして「俺は今年のD王GP、何がなんでも優勝する。この歩みを止めるつもりはない」とキッパリ言い切った。納谷の次戦は12・3新宿で平田一喜と対戦する。

 1勝1敗となったレイは「言い訳はしない。俺の負けだ。俺よりシングルの経験を積んでるだけあって、アイツのほうが少し上だったな。だが俺はただの1敗しかしてねぇ。D王もまだまだこれからだし、納谷との決着もこれからだ。オマエもまだやり足りねぇだろ。来年、全日本プロレスに参戦しろよ。俺以外にもデカくてバケモノみたいなのがゴロゴロしてるぜ。次は必ず、ぶっ倒してやる。楽しみにしてろ。次の相手は(12・9大阪で)平田、ぶっ潰す」と悔しさを露わにした。


 Bブロックのそのほかの公式戦では、MAOが試合中に音楽がかかるカオスな状況のなか、旋風脚で平田を仕留めて初勝利。MAOは「我がD王に一片の悔いなし。もう満足しちゃった。今日勝ったことで俺のD王の運命がどうなったか分かんないけど。次(12・3新宿)はクリス。俺たちのD王GP、ラウンド3だ。リングアウト負け、リングアウト勝ちしてるから。明日もさほどリングは使わない。アイツとはリングで決着はつけない。それだけはハッキリ言っておく」とコメント。


 クリスはプレイングマンティスボムでKANONに勝利し、1勝1敗に。「KANON、去年のD王も同じブロック。そのときはあまり面白くなかった。今のKANONはもっと強くなった。もっと強くなれると思う。ダムネーションT.Aがつまらないなら連絡してください」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る