青木真也がUWF戦で勝利し田村潔司を挑発!「最後にやるんだったら俺しかいないだろ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京・両国国技館にてGLEATが『GLEAT VER.MEGA』を開催。第6試合ではUWFダブルバウトルールにてフジタ"Jr"ハヤト&飯塚優vs鈴木みのる&青木真也が行われた。

 GLEATは、2021年7月に田村潔司とNOAHの元親会社であるリデットエンターテインメントが旗揚げした団体。GLEATには令和のUWFを創ることを目的とする“LIDET UWF”と、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”、 総合格闘技の“GLEAT MMA”の3部門が存在し、今回は3部門の総力を結集する形でわずか2年で両国国技館進出を果たした。

 この日はLIDET UWF王者として君臨しているハヤトと田村潔司の弟子である飯塚がタッグを組み、本物のUWFを知る鈴木みのるとDREAMやONE Championshipで活躍している青木真也と対戦。


 試合が始まると鈴木がハヤトにローキックを出してしまうが、レガースとニーパッドをつけていないためルールでキックが禁止されており、レフェリーから口頭注意。ならばとタックルで倒しグラウンドで圧倒するとアキレス腱固め。さらに青木も出てきてハヤトの逆の足を極めていく。これにはレフェリーからイエローカードが出されロストポイントに。
 ハヤトは青木にネックロックからK.I.Dを狙うが、スルッと青木が逃れ鈴木が変わるとトーホールド。これをハヤトがK.I.Dで切り返すと、たまらず鈴木がロープにエスケープ。
 変わって出てきた飯塚が掌底ラッシュから膝蹴り連発。さらに鈴木のタックルにカウンターの膝蹴りを叩き込みダウンを奪う。
 連続してポイントをロストした鈴木だったが、バックを取ってジャーマンを狙った飯塚の一瞬のすきをつき鈴木が脇固めからバックを取り胴締めスリーパー。これで飯塚がタップして鈴木の勝利となった。
 試合後にベルトを掲げて挑発するハヤトだったが、青木と鈴木はスルーしてリングを後に。

バックステージで鈴木は「フジタだっけ?なんかキラキラしたおもちゃ持ってたけど、違う、見ればわかるだろ?俺がじゃない、お前が俺の前に立つ資格があるかどうか、それが問題だ」と言い捨てる。
 青木も「田村潔司とやるためにベルトが必要だったらそのベルトほしいよ。ベルト単品だったらいらない。それだけチャンピオンに価値がない。ベルトの先に田村潔司が見えるんだったらいつでもやってやる。いつまでももったいぶってると旬過ぎちまうぞって。動けんのあと少しだろ?最後に、最後にやるんだったら俺しかいないだろ。そのためにベルトが必要だったらベルトはほしい」と、赤いパンツの頑固者を挑発した。

 様々な選手が名前を出しているが、なかなかリングに姿を表さない田村潔司。青木がLIDET UWF王者となり、田村潔司を引っ張り出すことに期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る