新日本5.30後楽園大会 BEST OF SUPER Jr. XXII、KUSHIDAvs.フィッシュ、田口vs.オライリー、ライガーvs.外道

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

BEST OF SUPER Jr. XXII
日時:2015年5月30日(金)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,702人(超満員札止め)

▼第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○本間朋晃/デビッド・フィンレー
11分34秒 こけし→体固め
小松洋平/●田中翔

▼第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
タイガーマスク/●ジェイ・ホワイト
9分59秒 パッケージドライバー→体固
○チェーズ・オーエンズ/バルバロ・カベルナリオ

▼第3試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
○オカダ・カズチカ/ロッキー・ロメロ/バレッタ
12分55秒 レインメーカー→片エビ固
高橋裕二郎/●コーディ・ホール/ニック・ジャクソン

▼第4試合 10人タッグマッチ 20分1本勝負
後藤洋央紀/真壁刀義/棚橋弘至/柴田勝頼/●キャプテン・ニュージャパン
16分50秒 横入り式エビ固め
中邑真輔/石井智宏/○矢野通/桜庭和志/YOSHI-HASHI

▼第5試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
○獣神サンダー・ライガー【2勝2敗=4点】
12分36秒 ヨーロピアン・クラッチ
●外道【2勝2敗=4点】

▼第6試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
○田口隆祐【3勝1敗=6点】
13分15秒 オーマイ&ガーアンクル
●カイル・オライリー【3勝1敗=6点】

▼第7試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Bブロック公式戦 30分1本勝負
○KUSHIDA【4勝1敗=8点】
16分29秒 ホバーボードロック
●ボビー・フィッシュ【2勝2敗=4点】

盟友の思いも背負いフィッシュに勝ったKUSHIDA「100倍返しで代々木のリングに」
揺れてもブレない田口がオライリーに○!外道はライガーに痛恨の●!真壁と石井が…

第1試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第1試合本間が先発で出て来ると、田中が小松を下げて先発を買って出る。コーナーに押し込んで張り手を見舞った田中はエルボーを連打。本間もエルボーで応戦するが、田中はジャンピングエルボーを連打し、ようやくなぎ倒す。そのまま本間をガブった田中に小松がタッチ。
本間も下がってフィンレーにタッチすると、まずはバックの取り合いに。リフトして叩き付けたフィンレーはヘッドロックに捉えていく。小松がヘッドシザースで切り返してヘッドロックを返すと、フィンレーもヘッドシザースで脱出。

ロープに飛んだ小松はコルバタで投げてからアームドラッグ。タッチを受けた田中はリストロックに捉えるが、フィンレーもバックに回ってスリーパー。ロープに逃れた田中だが、本間が背中にダブルチョップを落としていく。さらにショルダースルーで投げ捨てると、頭を踏みつけてから逆片エビ固め。
小松がカットに入ろうとすると、自ら技を解いてフィンレーにタッチ。レッグロックからガブっていったフィンレーはエルボースマッシュをカチあげる。だが、ロープに飛んだフィンレーにカウンターのドロップキックを叩き込んだ田中は小松にタッチ。ランニングエルボーでなぎ倒した駒はコーナー最上段からウルトラタイガーアタック。

逆エビ固めに捉えた小松だが、本間がヘッドバットでカットに入る。続いて本間は小松に逆水平チョップから串刺しジャンピングエルボー。さらにフェースクラッシャーから小コケシを投下するが、かわした小松は低空ドロップキックを叩き込んで田中にタッチ。ロープで勢いを付けてのジャンピングエルボーから串刺しジャンピングエルボー、俵返しと決めた田中は、本間の蹴り脚をキャッチして逆片エビ固め。
さらに小松もカットに入ろうとするフィンレーにカニ挟みを見舞って倒すと逆片エビ固めに捉える。ロープに逃れた本間だが、小松&田中はダブルのドロップキック。さらにフィンレーにもダブルのドロップキックを見舞って場外へ追いやる。すかさず田中は本間をジャーマンで投げていくがカウントは2。

田中は威嚇してくる本間に張り手を見舞うとロープに飛ぶが、本間はカウンターのコケシロケットを発射。さらに倒れたところにトドメのコケシ(=頭を斜めにして前のめりに落下するダイビング・ヘッドバット)を投下して3カウント。試合後、本間は田中の健闘を称えて握手を求めるが、田中がその手を払うと小松も拍手。

<試合後コメント>
本間朋晃
「いやすごい、すごい、すごい! あの二人、やっぱり、新日本プロレスでデビューして、新人じゃないですよ、あれはすごい! なんていったってあの身体、何より何より気持ち! 気持ち! 確かに現時点では、小松に勝てなかったかもしれねぇ、でも田中! お前、小松にあってお前にあるもの、よーくお前そこ、真面目に考えれば絶対負けねぇ。絶対負けない。今日は、第1試合、最高に緊張したけど、最高にハッピー。なんでかって? 皆にこの試合、お客さんを幸せにできた。そういうことだよ。ありがとうございました」

小松洋平
「のし上がって行くからな、この2人で。新日本プロレス、支える柱になるからさ。今のうち、目に焼き付けておけよ」

第2試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第2試合タイガーがリングインするなり近づいていって威嚇するカベルナリオ。試合が始まると、まずホワイトを捕まえてグラウンドに持ち込んだカベルナリオ。しかしホワイトはヘッドシザースで脱出。体臭のキツさをアピールするホワイトに対し、自ら脇の臭いを嗅ぎ、さらにその手を舐めて大丈夫だとアピールしたカベルナリオだが、タイガーもオーエンズもタッチを嫌がる。
それでも両者がタッチしてタイガーとオーエンズがリングインすると、挑発するオーエンズに張り手を見舞ったタイガーは、リープフロッグからのドロップキック。さらに走り込んだオーエンズをリープフロッグでかわして場外に追いやると、ホワイトにタッチ。

ショルダータックルでなぎ倒したホワイトはアームホイップを狙ったが、踏ん張ったオーエンズはショートレンジラリアット。カベルナリオはホワイトをハイジャックバックブリーカーで担ぎ上げると、コーナーに投げつける。
どうにかタッチしようとするホワイトだが、オーエンズとカベルナリオは徹底的にタッチを阻止。ホワイトはエルボーで反撃するが、オーエンズはソバットから走り込む。そこをDDTで切り返したホワイトは、カベルナリオをショルダースルーで投げてタイガーにタッチ。

タイガーのダイビング・クロスボディーはカベルナリオを飛び越して背後のオーエンズにヒット。さらにカベルナリオの攻撃をオーエンズに誤爆させたタイガーは、カベルナリオを回転十字固めで丸め込む。カウント2で返したカベルナリオにオーエンズが誤爆の抗議をすると、誤ったカベルナリオは四つん這いになってトレイン攻撃を狙う。
しかしタイガーが逆にカベルナリオを踏み台にしてオーエンズにミサイルキック。タッチを受けたホワイトはエルボーの乱れ打ちからオーエンズにカウンターエルボー。さらに串刺しランニングエルボーからコーナーに登る。

ダイブしたホワイトをかわしたオーエンズは変形の山折りを狙うが、着地したホワイトは逆エビ固めを狙う。これを首固めで切り返したオーエンズ。カウント2で返したホワイトだが、カベルナリオカベルナリオが飛び込んできてリバーススプラッシュを投下。さらにカベルナリオはタイガーを場外に追いやると、三角跳びプランチャ。その間にオーエンズがホワイトに変形山折りからパッケージドライバーを決めて3カウント。

<試合後コメント>
チェーズ・オーエンズ
「今日の対戦相手のジェイ・ホワイトは、俺の生け贄にするにはちょうどいい相手だった。次は田口を必ず倒してやる」

第3試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第3試合「ロッポンギ」コールが起こる中、バレッタとニックが睨み合い。この2人の先発で試合が始まると、ニックがバレッタの攻撃をコーナーからのバック転でかわして「S●ck IT!」と挑発。しかし「S●ck IT!」とやり返したバレッタはロープに押し込んでのノーザンライト・スープレックスを決めると、ロメロとの連係攻撃を繰り出す。
続いてオカダがリングインするが、ニックは「S●ck IT!」と挑発すると裕二郎にタッチ。髪の毛を掴み、サミングを見舞った裕二郎は頬をペチペチと叩いて挑発するが、オカダはカウンターのビッグブーツからスリングショット式アトミコを投下。

ニックが飛び込もうとしたが、ロープに躓いて転倒。それを見て大笑いしたロメロは脚を踏んづけて「オオバカ〜」と挑発。さらにロープに飛び乗ってニックを挑発し、うまく場外に落としていく。すかさずエプロンからダイブしたロメロだが、待っていたホールがキャッチしてエプロンい投げつける。
オカダとバレッタにも裕二郎とニックが攻撃していく。さらにリング上では裕二郎がロメロに釣り鐘ストンピング。裕二郎がロメロの上半身をロープから外に出すと、そこに走り込んだホールがエルボースマッシュでカチあげる。

ロメロがホールの串刺しラリアットをかわしてニックに誤爆させるが、その前にホールが控えのオカダとバレッタを攻撃していたためタッチ出来ない。すかさずネックハンギングで吊り上げたホールだが、ロメロはどうにか脱出して走り込む。だが、ホールはカウンターでシュミット流バックリーカーを決めると、そこにニックがスリングショット式レッグドロップで合体。
どうにかロープに飛び乗ったロメロだが、背後からホールが突き飛ばし、さらに場外に引きずり出して羽交い締め。そこにニックがケブラーダを発射するが、ロメロがかわして誤爆。ニックはロメロの脚を掴んでタッチを阻止するが、ジャンピングソバットを叩き込んだロメロはオカダにタッチ。

裕二郎の攻撃をニックに誤爆させたオカダは、裕二郎にDDTからのベースボール・スライド(=スライディング式ドロップキック)。さらに串刺しランニングエルボーからリバース・ネックブリーカー(=こうもり吊りの体勢から相手の後頭部にヒザに叩き付ける)を狙うが、踏ん張った裕二郎はフィッシャーマンバスターを返す。
10分が経過し、ホールがオカダを肩口まで担ぎ上げてのガットバスターから、ジャンピング・ビッグブーツを叩き込む。さらにBULLET CLUBはトレイン攻撃を決ると、ホールがオカダにスピアー。

ロッポンギ・ヴァイスが合体攻撃を狙うが、ジャンプしてかわしたホールはダブルラリアットで吹っ飛ばすと、オカダにアウトサイダーズエッジの体勢。リバースでかわしたオカダに裕二郎が襲いかかるが、かわして誤爆を誘い込んだオカダ。さらにロッポンギ・ヴァイスがニックにダブルのジャンピングニーを叩き込むと、オカダがホールにドロップキックからのダイビング・エルボードロップを投下。
そして盤石のレインメーカーポーズから必殺のレインメーカー(=相手の腕を掴んで引き込むように決めるアックスボンバー)を叩き込んで3カウント。試合後、CHAOSの3人でコーナーに登ると、ロメロも嬉しそうにレインメーカーポーズを披露。そんなロメロをバレッタが不機嫌そうな表情で見つめていると、ロメロはバレッタの背後から両手を掴んでレインメーカーポーズをやってみせた。

<試合後コメント>
オカダ・カズチカ
ーー今日は普段見られない顔合わせのカードということで、いつもとはちょっと違う空気の試合をお客さんも楽しんだという感じでしたが?
「違いましたか(苦笑)」

――明るく楽しいという……
「いや別に結果的にそうなっただけであって、最初からそんな明るく楽しくやろうなんて思っていないし(苦笑)。ニックがロープに引っかかったりとかは狙ってやったわけじゃないですからね。僕の視線は大阪城ホールに向いてますし、その辺は間違えないでやっています」

ロッポンギ・ヴァイス
ロメロ「ヘイ、見てくれ(レインメーカーポーズをする)ヘーイ!」
バレッタ「NONONO!」
ロメロ「NO?」
バレッタ「ロッポンギバイスポーズはこうだろ(とポーズを取ろうとするがロメロはレインメーカーポーズ)何考えてるんだ! それはオカダのポーズだろう!」
ロメロ「今夜後楽園ホールではBULLET CLUBを倒したし、スーパージュニアの決勝は俺たちの対決が決まっている、素晴らしいじゃないか! そして俺が勝つ」
バレッタ「いやいやいや、俺が勝つ」
ロメロ「何言ってるんだ? 俺が勝つ」
バレッタ「ほんといい加減にしろ! 俺が勝つに決まってるだろう」
ロメロ「俺が勝ってニューヨークで豪遊するんだ!」
バレッタ「俺が勝ったら日本食でパーティーだ!」
ロメロ「君が勝つと日本食でパーティー? ゴチソウサマデシタ! ゴッチャンデス! ゴッチャンデス!(※バレッタは無言で去っていく)ナンダヨー……(※レインメーカーポーズを決め)ヘーイ! ロッポンギ! ロッポンギ!」

第4試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第4試合①柴田は桜庭を、石井は真壁を睨み付ける中、後藤と中邑の先発で試合開始。ロックアップから後藤がコーナーに押し込むとクリ0ンブレイクするが、コーナーに座り込んだ中邑は「見えてない」というジェスチャー。怒った後藤が殴りかかると、体勢を入れ替えて踏みつけた中邑だが、後藤はすぐに立ち上がりエルボーからアームホイップで投げていく。
続いて柴田と桜庭がリングイン。牽制のローから手四つの力比べになると柴田が押し込む。しかしグラウンドに引き込んだ桜庭。スイープされて下になった柴田は巴投げで投げていくと、桜庭をコーナーに押し込んで張り手。ここで石井がリングインすると、柴田も真壁にタッチ。

エルボー合戦からショルダーブロックでなぎ倒した真壁は、パワースラムで叩き付ける。だが、石井もエルボーと逆水平チョップを交互に叩き込むと、串刺しラリアットをお見舞い。さらに左右のエルボーを打っていくが、真壁も左右のハンマーで応戦。劣勢になった石井は張り手から人間魚雷で真壁のアゴに飛び込んでいく。前のめりにダウンした真壁を棚橋が場外に転がして出す。場外カウントが数えられるが、カウント18でどうにか戻った真壁。
しかし、いまだ立ち上がれない真壁。朦朧とする真壁を自軍のコーナーに連れてきた石井は挑発しながらストンピングを落とすとYOSHI-HASHIにタッチ。串刺しラリアットを叩き込んだYOSHI-HASHIは中邑にタッチ。ニーリフトから真壁をコーナーに上に乗せた中邑は串刺しランニングニーで突き上げる。

いまだ朦朧とした様子の真壁だが、蹴っていく中邑に「来いよ」と手招き。胸を突き出して蹴りを受け止めた真壁はナックルパートで殴り倒すと、矢野を引きずり込んで中邑ちまとめてダブルラリアットで吹っ飛ばす。さらに石井とYOSHI-HASHIもラリアットで蹴散らして後藤にタッチ。
YOSHI-HASHIに串刺しラリアットを叩き込んだ後藤は、中邑に串刺し式村正(=ニールキック)からのバックドロップ。さらにラリアットでなぎ倒す。10分が経過し、エルボー合戦から中邑がスーパーマンパンチ式エルボー。だが、後藤も返す刀で牛殺しを決める。エプロンからYOSHI-HASHIが挑発すると、エルボーを見舞った後藤は中邑に襲いかかる。

だが、背後に回った中邑は後転してから後藤の後頭部にボマイェ。タッチを受けた柴田と桜庭が同時に飛び込むが、桜庭はヒザ蹴りを叩き込む。しかし柴田もスリーパーからコブラツイスト狙う。だが、桜庭はこれを決めさせず、飛行機投げから三角絞めに捉える。柴田はロープに脱出するが、桜庭はYOSHI-HASHIにタッチ。
キチンシンクを返した柴田は棚橋にタッチ。フライング・フォアアームを叩き込んだ棚橋だが、ヘッドハンター(=前方回転ネックブリーカー)を返したYOSHI-HASHIオクラホマスタンぴート。さらにパワーボムを狙ったが、後藤がラリアットでカット。

次々に選手が飛び込んでくる中、コーナー下で座り込んだYOSHI-HASHIに柴田が串刺し低空ドロップキック。さらに棚橋に向かってYOSHI-HASHIをホイップすると、棚橋がスリングブレイドを決める。続けてハイフライフローを投下したが、剣山で迎撃したYOSHI-HASHIは矢野にタッチ。棚橋の髪の毛を掴んで場外に投げた矢野は「ヤノ・トウ・ルー!」ポーズを狙う。
しかしロープを掴んで逆上がりで戻った棚橋がポーズを阻止。15分が経過し、棚橋はキャプテンにタッチせずに矢野にドラゴンスクリュー。満を持してキャプテンにタッチすると、キャプテンは地獄突きの乱れ打ちから矢野にジャンピングショルダー。しかしダイビング・ヘッドバットをかわした矢野はロープへ。

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第4試合②背後から柴田が蹴り、棚橋が張り手を叩き込むと、キャプテンがヒラボトム。カウント2でカットされると、キャプテンはカリビアンデスクリップ(=コブラクロー)を狙うが、矢野はレフェリーを盾にして防御。さらに背後に回った矢野はキャプテンのコスチュームを引っ張って頭の上から被せていく。まったく前が見えないキャプテンを棚橋に投げつけた矢野。急所に当たり悶絶する棚橋。さらに矢野はキャプテンにも背後から急所攻撃をお見舞いしてからスクールボーイで丸め込んで3カウント。
してやったりの矢野だが、収まらない真壁と石井は揉み合いながら客席まで雪崩れ込む。後藤や中邑が割って入り両者を分けるが、2人とも記者席のテーブルを持って睨み合った。

<試合後コメント>
新日本本隊
真壁「久しぶりだな、バカ野郎! 上等だ、おい! 石井! 覚悟しておけ。いつ何時でもテメェとやってやる……」
※ここで石井が乱入
石井「この野郎、そんなもんか! ヘバってんな。ヘバってんじゃねぇよ、この野郎!」
※遅れてきた棚橋が真壁を制しながら
棚橋「さげろ、田中! さげろ!」
真壁「あのクソ野郎に言っておけ! バカが、クソが。いいか! チャンピオンはこの俺だ。ふざけたこと言っていないで、結果出してみろ!」

第5試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第5試合開幕戦の後楽園大会で田口を撃破した外道が、今度はライガーと後楽園で激突。ロックアップからコーナーに押し込んだライガーだが、体勢を入れ替えた外道はクリーンブレイク。腕の取り合いからヘッドロック→ヘッドシザースで脱出の応酬。そこからヘッドロックに再び捉えた外道は執拗に絞め上げていく。
どうにかロープに飛ばしたライガーは伏せかわし。しかし外道はそこへいきなり外道クラッチを狙う。辛くも回避したライガーは足をすくって倒しレッグロック。監獄固めに捉えたライガーはそこから変形のグラウンド卍にスイッチ。

どうにか脱出した外道にチョップを叩き込んだライガーだが、外道はライガーの右足をロープの上に乗せると、軸足の左ヒザに低空ドロップキック。悶絶するライガーの左足を鉄柱に叩き付けていった外道はイスを手にする。レフェリーが奪い取ると、イスを片付けている隙に外道はライガーに急所攻撃。
苦しそうなライガーは見てレフェリーが外道に詰め寄るが、その瞬間を見られていない外道は知らんぷり。レッグロックに捉えた外道はライガーがロープに逃れると、リバースのインディアンデスロックに捉えていく。かなり苦しそうなライガーだが、辛くもロープに脱出。

すると外道は間髪入れず足4の字固めへ。ライガーは「折ってみろ!」と挑発するが、外道が足に力を入れるとのたうち回る。それでも反転したライガーだが、外道は元の位置に戻していく。もう一度反転したライガーだが、外道はそのままロープに転がっていってブレイク。外道はドラゴンスクリューからの足4の字固めを狙うが、ライガーは首固めで切り替えアス。
カウント2で返したライガーは掌底はかわされたものの、ケブラドーラ・コンヒーロで叩き付けると、串刺し攻撃を狙う。かわした外道はエプロンからスタンガンでトップロープに喉を叩き付けると、ロープに両足を乗せてのエビ固め。気が付いたレフェリーが抗議すると、背後から礼ガーがスクールボーイ。

ライガーのラ・マヒストラルを押し潰した外道は外道クラッチを狙うが、回避したライガーはカウンターのテーズプレスでカウント2まで追い込むと、アッパー掌底を叩き込む。これもカウント2で返したライガーは垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、外道は背後に脱出。しかし両手を掴んだライガーはヨーロピアンクラッチで抑え込んで3カウント。

<試合後コメント>
外道
「チクショウ! 痛恨だよ、バカ野郎! あ〜クソッ!」

ーー敗れはしましたが、ファンは名人戦を見たという気持ちだったのではないでしょうか?
「そんなもん知ったこっちゃねぇよ(苦笑)。俺は大阪でケニー・オメガに挑戦しなくちゃいけないんだよ。勝たなきゃいけないんだよ、勝たなきゃ! チクショウ! フ●ック!」

第6試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第6試合オーマイ&ガーファンクルサングラスをかけ、ノリノリの様子で入場してきた田口。さらに股間が何やら膨らんでいるが、そこに手を入れた田口は中からバナナのおもちゃを取り出した……
試合が始まると、まずはオライリーがヘッドロックに捉える。田口もヘッドロックで切り返すが、ヘッドシザースで脱出したオライリー。飛び付き腕十字を仕掛けたオライリーだが、田口はオーマイ&ガーアンクルホールド(=アンクルホールド)で切り返す。

脱出したオライリーは田口のドロップキックをかわすとミドルキック。しかし田口も紙一重でかわしていく。ショルダータックルで倒した田口だが、お互いにジャンプしてかわすとオライリーはフロントキック。しかし田口もジャンピング・ヒップタックを返していく。回転エビ固めを狙った田口だが、回転を踏ん張ったオライリーは腕十字へ。
どうにかロープに逃れた田口だが、オライリーは左腕にショルダーアームブリーカーを決める戸、腕決め式ボディスラムから左腕へのスライディングニー。さらにキチンシンクからボディシザースに捉えたオライリーはレッグクラッチホールドから後転してキャメルクラッチ。

ここで大きな地震が起こるが、リング上ではオライリーはそのままシットダウン式コブラツイスト。オライリーは回転エビ固めを狙うが、後転した田口は顔面に低空ドロップキック。さらに顔面に低空ドロップキックを連発した田口だが、3発目をかわしたオライリーはそのまま足を絡ませて反転するとシャープシューターを決める。
ロープに逃れた田口はカウンターのヒップアタックを狙ったが、かわしたオライリーは田口のケツを蹴り上げる。それでも田口はオライリーを場外に追いやると、ノータッチトペコンを発射。オライリーをリングに戻した田口はスワンダイブ式ヒップアタック。かわしたオライリーだが、田口はそこに走り込んでのヒップアタック。

さらに座り込むオライリーの顔面にランニング・ヒップアタックを連打すると腰振りパフォーマンス。オライリーは回転エビ固めを狙うが、踏ん張った田口はヒップトス。田口はスリーアミーゴ(=3連続高速ブレーンバスター)を狙ったが、3発目を逃れたオライリーは横回転のダブルアーム・スープレックスを連続で決めていく。
田口もどうにか3発目を防御すると、エルボー合戦からオライリーが蹴りとヒザ蹴りのコンビネーションから水面蹴り。10分経過し、ミドルキックを連打したオライリーは飛びヒザ蹴りから張り手。田口も反撃するが、オライリーはショートレンジラリアットからアイルビーバックからアサルトポイント(=レッグロック・スープレックス)。

カウント2で返した田口にローリングラリアット。しかし田口が張り手を返すと、両者フラフラ状態に。フロントネックロックで飛び付いたオライリーだが、田口はその状態からオライリーの左足を掴むと、オーマイ&ガーアンクルホールドに捉えていくが、オライリーも反転すると、下からシャープシューター。
田口は首固めで切り返すがカウントは2。ならばと延髄斬りからどどんで叩き付けるが、これもカウントは2。ならばとオーマイ&ガーアンクルホールドに捉えると、ヒザ裏に自分の足を入れてステップオーバー式のオーマイ&ガーアンクルホールドで絞め上げ、ようやくギブアップを奪った。勝った田口は再び股間にバナナのおもちゃを入れると、コーナーに登ってオーマイ&ガーファンクルポーズ!

<試合後コメント>
田口隆祐
「……苦しい、苦しい試合でした。強かった。タッグでもちょっとしかreDragonの2人とは当たったことがなかったんですけど、こんなにストロングだとは思わなかった。フロント・スリーパーで落ちそうになりましたけど、クッシーとタイトルマッチでやった時に、あのかたちを経験してたんで助かりました。汗ですべったのもラッキーでした。開幕戦で外道に蹴られた急所がこんなに、こんなにも立派になって帰ってきましたよ。奥さま方、小さいお子さまをお持ちの、夫婦生活に不満のある奥さま方。元気な田口の息子が帰ってきましたよ。どうしますか? どうしますか?」

第7試合

2015-5-30新日本プロレス後楽園_第7試合尾崎リングアナが「先ほど大きな地震がありましたが、会場の安全が確認できましたので試合を続行いたします」のアナウンスのあと、大「クシダ」コールの中で試合開始。片足タックルでテイクダウンを奪ったKUSHIDAは背後から飛び付いて腕十字を狙う。防御したフィッシュだが、KUSHIDAはカニ挟みで倒すとガブっていく。どうにか首を抜こうとするフィッシュに対して回転体でついていったKUSHIDAはヘッドロックに捉える。
ロープに振って逃れたフィッシュだが、KUSHIDAはショルダータックル。しかしフィッシュもソバットから飛び付き腕十字を狙う。防御したKUSHIDAはフィッシュをエプロンに出すとオーバーヘッドキック。場外に転落したフィッシュに向かってダイブしようとしたKUSHIDAだが、フィッシュが距離を取るとエプロンに着地。

しかし足元を蹴って倒したフィッシュは場外でKUSHIDAを痛めつけてからリングに戻すとニークラッシャー。そこからKUSHIDAの左ヒザを徹底的に痛めつけていったフィッシュは、スリングショット式アトミコを投下。さらにビクトルヒザ十字を決めたフィッシュだが、KUSHIDAはどうにかロープに脱出。
なおもローキックで左ヒザを痛めつけていったフィッシュは、コーナーに登っていく。しかしKUSHIDAは転がって距離を取って防御。仕方なくコーナーから降りたフィッシュは、KUSHIDAの動きを止めてから改めてコーナーに登ってダイビング・ヘッドバットを投下。しかしKUSHIDAがかわして自爆。

エプロンに出たKUSHIDAはジャンピングキックを叩き込むと、ロープ越しにショルダーアームブリーカー。さらに左腕にミドルキックを連打してからハンドスプリングエルボー。さらにスライディングで股下をくぐったKUSHIDAは、下から腕を取ってのアームロック。どうにかロープに逃れたフィッシュは左ヒザへのローキックからロープへ。
しかし追走したKUSHIDAは倒立キックで場外に追いやると、トペコンを発射。さらにフィッシュをリングに戻したKUSHIDAはパントキック(=下から顔面を蹴り上げる)で左腕を蹴り上げると、ホバーボードロック(=アームロックの体勢から後転して改めてアームロック)を狙うが、決めさせずにロープに逃れたフィッシュ。

10分が経過し、KUSHIDAはショルダーアームブリーカーからバズソーキック。かあしたフィッシュはエルボーを叩き込むが、KUSHIDAも投球フォームからのグーパンチ、その名もマサヒロ・タナカをお見舞い。しかしフィッシュもブロックバスターを返すと、串刺しランニングニーからターンバックル・エクスプロイダー。
フィッシュのタックルを切ったKUSHIDAはロー。だが、足へのローで迎撃しあフィッシュはドラゴンスクリューからジャンピングエルボー。さらにファルコンアローでカウント2まで追い込むと、KUSHIDAをコーナー上に座らせてから自らも登っていくが、KUSHIDAが逆にショルダーアームブリーカーで叩き落とす。

しかし立ち上がったフィッシュは下から蹴っていくと、もう一度コーナーに登って最上段から雪崩式ファルコンアローで叩き付ける。カウント2で返したKUSHIDAだが、その瞬間ヒザ十字固めに捉えたフィッシュ。大「クシダ」コールの中、何とかロープに逃れたKUSHIDA。15分が経過し、フィッシュはボディブロー。KUSHIDAも左腕への打撃からコンプリート・ショットでコーナーに叩き付けると、左腕へのパントキック。
そこからKUSHIDAは盟友アレックス・シェリーの得意技であるスライス・ブレッド(=不知火)を狙うが、肩口に担いでキャッチしたフィッシュ。しかし変形の山折りを狙ったところをホバーボードロックで切り返したKUSHIDA。ロープに逃れようとするフィッシュをもう1回転させてリング中央に戻して絞め上げたところでフィッシュがタップ。

勝ったKUSHIDAはマイクを持つと、引き上げようとするフィッシュと握手をしてから「シェリーがケガしちゃった分、その分100倍返しで代々木のリング必ず立ちます! ベスト・オブ・スーパージュニアをもう1段階、2段階、3段階、100段階上に持って行きます! 任せてください! あと、スミマセン。ホントにホントにスーパージュニアで後楽園ホールが満員に完売になって本当に嬉しいです。ホントにありがとうございます」と締めのマイク。

<試合後コメント>
KUSHIDA
ーー苦しい闘いでしたが、見事に勝利を収めました。
「苦しすぎますね。これで優勝じゃないんですかね。あれ? 優勝決定戦じゃないんですか? それくらいハードな試合でしたね。ボビー・フィッシュ、僕らがアメリカ遠征した時のROHヘビー級の挑戦者ですよ。その挑戦者に勝ったってことは……? ヤラしい話、そんな未来も見えましたね。落とせなかった」

ーーシェリー選手が欠場したことでその思いを背負って闘っているというのは、試合からも感じられましたが?
「シェリーの2点はフィンレー以外には均等に与えられたから。もちろんみんな2点取ってるじゃないですかってツッコミはあるかもしれないですけど、僕にとっての公式戦、決勝やる前の公式戦を、これも運命ですね。できなかった。休むことになってしまった。期待してくれた、最終日にチケットを買ってくれた人には本当に申し訳ないと思う。けれどもここまで来たら決勝。去年を上回るすごい試合をして。新日本の1年の中で一番『BEST OF THE SUPER Jr.』が好きですって言ってくれる人が一人でも増えたらいいなと心から願っています」

ーー対戦相手だけでなく、自身のコンディションとの闘いもあるかと思いますが?
「はい。もう絶好調ですね。心に余裕もあるし、遊びもあるし。それすべて俺が一歩一歩上がってきた階段のおかげ」

ーー決めることはできませんでしたが、シェリー選手の得意技であるスライス・ブレッドを出していましたね。
「そうですね。シェリーへのメッセージとして決めたかったけど、甘かったですね。なんか今年のスーパージュニアはハイフライヤーもいないし、新鮮な顔ぶれも(いないというのは)、やってる僕も自覚してるし。ただ完成された新日本プロレスのリングの中で、リングという美しい海の中にフィンレーだとか小松とか、いろんな未完成な、僕だってそうだし、それが僕にとって心地よいですね。サラサラと。水の循環がいいというか。それが『BEST OF SUPER Jr.』の醍醐味でしょう! 必ず、必ず代々木のリングまでたどり着きます!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×