第2代K-1スーパー・フェザー級王者 卜部弘嵩が現役引退を発表「この15年間全てが自分にとっては大事な時間でした」9.11よこはまつりで引退セレモニー

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7月27日(水)都内にて、9月11日(日)に神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~よこはまつり~」の第2弾対戦カード発表記者会見が行なわれ、第2代K-1スーパー・フェザー級王者 卜部弘嵩の引退が発表された。

 弘嵩はKrushでは初代・第4代スーパー・フェザー級王者として合計5度の防衛に成功。K-1では2015年11月に卜部功也との兄弟対決に勝利して、第2代K-1スーパー・フェザー級王座に就くなど、K-1の一時代を築いてきた。2022年2月27日のK-1東京体育館大会での島野浩太朗戦で敗れたあと、中村拓己プロデューサーと今後の話をしていく中で、弘嵩サイドから引退の申し出があったという。

 中村Pは「以前のK-1が活動休止になった後に、Krushのリングで『K-1というのはこういうものだ』というのを試合で見せてくれたのが弘嵩選手でした。弘嵩選手のような選手がいたからこそ、我々のK-1が復活して、そして今のK-1の土台ができた。弘嵩選手は今のK-1の幹を作った偉大なチャンピオンだと思います」とコメント。

 今大会では弘嵩の引退セレモニーが行われ「弘嵩選手が巻いたスーパー・フェザー級の新しいチャンピオンが生まれる大会で引退セレモニーを行うのも意味のあることだなと思います。我々のK-1がスタートして、チャンピオンになった選手で引退セレモニーを行うのは弘嵩選手が初めて。これからこういう選手が出てくると思いますが、K-1として送り出したい」と弘嵩への熱い想いも語った。

 会見に出席した弘嵩は「60戦・プロを15年間やってきましたけど、その前からずっと競技生活を26年間ずっとやってきて、自分の中で満足したから(現役は)いいかなと思いました」と引退を決めた理由を説明。印象に残った試合として弟・功也との試合を挙げつつ「この15年間全てが自分にとっては大事な時間でした」とプロキャリアを振り返った。

卜部弘嵩
「この度、引退を決意したのでご報告いたします。キャリアでいうと15年、60戦やってきました。僕の格闘技人生は色々ありましたけど、ずっと支えてくれた関わって下さった皆様に改めて感謝したいと思います。(引退を決意し奥様から何か言葉は?)うちの妻からは反対されることもなく、ずっと僕のキャリアの終盤を僕の傍で見てくれたので色んな気持ちを察してくれたんだと思います。多分納得してくれていると思います。

――引退を決めた理由は?
「60戦、15年間やってきましたけど、その前からずっと競技生活を26年間ずっとやってきて、自分の中で満足したからいいかなと。特に理由はないです。(一番印象に残っている試合は?)弟とやった試合は凄く印象に残ってます。あの年に2回兄弟対決をやって、あの時のトーナメントも凄く大変でしたし、また兄弟で対戦するかもしれないと思って、自分の中で気持ちを高めて。大袈裟じゃないですけど、自分の人生を全部懸けた1年だったと思います。だから弟との試合は全部を懸けた試合だったと思います」

――一番の思い出は?
「どれが一番かを決められないぐらい、このプロ生活は刺激的でこれからの生活でこの刺激は感じられないんじゃないかというぐらい、あのリング上、花道もそうですけど、なかなか他では味わえないぐらい大切な時間だったので全部が大事でした。最後まで全部が自分にとっては大事な時間でした。(第二の人生は何を?)格闘技とは全く別な事業、会社をやっていてそっちに集中しようかなと思っています。もちろんK-1は大好きですし格闘技も大好きなので、生涯武道、ずっと強さを求めて鍛えていきたいと思います。どこかで携わりたいという気持ちもあるので、その時はよろしくお願いします」

――今回の決断に関して功也には話をしたか
「割と早い段階で功也に話ましたし、 武尊も弟分なので二人にはすぐに話しました。彼らより長くやっているので特に止められたりははないですけど、お疲れ様という感じでした」

――対戦した相手で一番強かった選手は?
「その時によって強さの感じ方は違うと思いますが、自分がこの世の最強だと思って生きている時に戦った時の相手だったり、自分が調子悪い時に戦った相手への感じ方などその時によって違うと思います。僕も必死だったので、みんな強かったですし、その中でやはり功也は強かったという感じです。(逆に武尊に伝えたいことはあるか?)長い人生で格闘技人生は一瞬なので、自分のやりたいように好きなだけ全力で思いっきりやってほしいです」

――これからKrushやK-1で戦っていく選手にメッセージ
「THE MATCHでK-1勢が負けて悔しかったですし、K-1には朝久兄弟など強い選手がいるので絶対にやり返してほしいという気持ちがあります。(応援してくれたファンにメッセージ)本当に長いことありがとうございました。他にいうことはありません。以上です」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る