4.27新宿での超戦闘プロレスFMWの本旗揚げ戦で、大仁田の「FMWを絶対に潰さん!」というフレーズと共にW★INGも復活

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

4月21日の弘前でのプレ旗揚げ戦を皮切りに、4.22仙台、4.23会津若松と東北各地を転戦した「超戦闘プロレスFMW」が、4月27日に東京・新宿FACEで本旗揚げ戦を迎えた。

第1試合開始前には、ハヤブサが「FMWは旗揚げした時も、新生FMWとして動き出した時も決して順調だったとは言えませんでした。今日、再旗揚げするFMWも、きっと厳しい道を歩むと思いますが、どんな時もあきらめないで、胸いっぱいの心で皆さんと一緒に歩んでいきたいと思います」とあいさつ。
かつて、FMWは「おもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス」を標榜していた。「超戦闘プロレスFMW」もまた、楽しいプロレスがあり、女子プロレスがあり、激しいプロレスがあり、怪奇派が登場するなど、まさに「なんでもあり」のプロレスを展開。

メーンイベントでは、大仁田厚&田中将斗&保坂秀樹のFMW軍が、村上和成&NOSWAWA論外&スーパーシューターのモンスター軍がストリートファイト・トルネード有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチで激突。
村上は4.21弘前大会に乱入し、大仁田を襲撃して、ボコボコにしており、大仁田とは初対決にして遺恨が深まっていた。

先にFMW軍がリングインし、後から入場したモンスター軍には村上の姿はない。セコンドのモンスターレザー、モンスターフレディ―がリングに上がって、大仁田を襲ったところでゴングが鳴った。
両軍が乱激戦を繰り広げるなか、やおらスーツ姿の村上が登場。本来、ストリートファイトマッチとは「街のケンカ」を模した試合形式であり、私服姿で闘うのがルール。つまり、村上なりにルールを順守してのコスチュームだったのだ。

弘前で赤っ恥をかかされた大仁田は、村上を見るや否や、場外に連れ出し、机上パイルドライバーを敢行。ただ、レザーとフレディ―が介入するため、完全に3vs.5の構図で、FMW軍は形勢不利。
それでも、論外を孤立させたFMW軍は一気にたたみかけ、大仁田がサンダーファイヤーパワーボムで論外から3カウントを奪い、FMW軍が勝ちどきを挙げた。

2015-4-27FMW新宿大会②ところが、一難去って、また一難。試合後、元W★INGの金村キンタロー(アパッチプロレス)が乱入し、大仁田を急襲。
モンスター軍とガッチリ握手を交わし、W★INGの旗を掲げた金村は「FMWが復活するんやったら、W★INGも復活する。W★INGは潰れても起き上がって、潰れても起き上がってきたゾンビや! 元W★INGの人間、この旗のもとに集まれ! 大仁田、とことんやろうや」と言うや否や、両軍入り乱れての大乱闘に発展。

モンスター軍、金村がリングから去ると、マイクを持った大仁田は「FMWは新日本だろうと、全日本だろうと、誰にも屈したことはない。高橋(英樹社長)とハヤブサが創ったこのFMWを絶対に潰さん!」とアピール。
大仁田は98年11月にFMWを離れたが、実に16年半の月日を経て、「FMWを絶対に潰さん!」との“あのフレーズ”も復活。気が付けば、リングを多くのファンが取り囲み、マットを叩き、“FMWの風景”も復活していた。

2015-4-27FMW新宿_W★INGが復活ただ、今ここにあるのは過去のFMWのリバイバルではない。新たな現在進行形のFMWなのである。
バックステージに戻った金村は「W★INGは潰れても生き返って、潰れても生き返ってきたプロレス界のゾンビや! 報道を見たW★INGの奴らは集まってくれ!」と改めて宣言。
論外は「W★INGって、大仁田が一番複雑な気持ちになるキーワードじゃないの? まだまだ、俺のコネクションもいっぱいいるから」とさらなる軍団増殖を予告。
大仁田と初対決となった村上は「何が楽しいかって…。血みどろ、客の悲鳴」と不敵な発言を残した。

大仁田は「W★INGとFMWの長い闘いの歴史に終止符を打つしかない。なんでもやってやるから来い! 5月シリーズから、FMW連合軍とW★ING連合軍の全面戦争じゃ。高橋とハヤブサが創ったFMWを俺は絶対に潰さん!」とコメント。
5月シリーズからはFMW連合軍とW★ING連合軍の全面戦争へさらに論外を呼びつけると、大仁田は「ちょっとでも手を抜く奴は飛ばせ。中途半端なことする奴は飛ばせよ」と一喝。それに対して、論外は「手なんか抜かない。俺にはいっぱい仲間がいるから、もっと凄いのを呼んでくる。次のシリーズ、楽しみにしといてください」と応じた。
村上が加入した上、金村のW★ING軍と共闘することになり、一大勢力となりそうなモンスター軍。5月シリーズは5.13大阪で開幕し、5.14鳥取、5.15天草、5.16朝倉、5.20新宿と全5戦が予定されている。次期シリーズは連日、FMW軍とW★ING軍&モンスター軍による激しい闘いが繰り広げられることになりそうだ。

なお、4.27新宿大会での休憩時間には、アイドルユニットのスクリーンズが登場し、映画『誘拐の掟』のPRをした。

FMW復活シリーズvol.1
日時:2015年4月27日(月)
開始:19:00
会場:東京・新宿FACE
観衆:550人(満員)

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●ワイルドベアー
10分9秒 逆片エビ固め
○菊タロー

▼第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
超電戦士バトレンジャー/リッキー・フジ/○マンモス佐々木
9分4秒 29歳→片エビ固め
●五所川原吾作/モンスターレザー/モンスターフレディー

▼第3試合 FMW女子プロレス タッグマッチ〜タカラトミー勝利者賞マッチ 30分1本勝負
ミス・モンゴル/○Ray
14分50秒 スカイツイスタープレス→片エビ固め
米山香織/●花月

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○KAI/吉岡世起
15分56秒 LAT→片エビ固め
アンディ・ウー/●芦野祥太郎

▼第5試合 ストリートファイト・トルネード有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ 60分1本勝負
○大仁田厚/田中将斗/保坂秀樹
15分41秒 サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め
村上和成/●NOSAWA論外/スーパーシューター

「FMW復活シリーズvol.2」日程
5月13日(水)大阪・大阪市港区民センター   19時開始
  14日(木)鳥取・鳥取市産業体育館(サブ) 19時開始
  15日(金)熊本・天草市民センター     18時半開始
  16日(土)福岡・朝倉市甘木体育センター  18時半開始
  20日(水)東京・新宿FACE         19時開始

<問い合わせ>
FMWプロモーション
03-6276-2282

「超戦闘プロレスFMW」公式ホームページ
http://www.fmwjapan.com/

【記事提供/FMWプロモーション】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る