秋山準&大森隆男の同期生タッグが3・20両国でイラプションに制裁予告!「俺らはまだまだ叩き潰す力はあると思う」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月9日、都内のホテルで「Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~」(同20日、東京・両国国技館)に向け記者会見を開き、秋山準&大森隆男(全日本プロレス)の同期生タッグがイラプション(樋口和貞、岡谷英樹)への制裁を誓った。

 全日本時代の同期生である秋山と大森は世界タッグ、アジアタッグ王座を戴冠し、2014年には「世界最強タッグ決定リーグ戦」を制覇した間柄。今回、「秋山準デビュー30周年記念試合」として、久しぶりにコンビを組み、イラプションの2人と対戦する。

 樋口は「俺らにとって、30周年記念試合というのは関係なくて。個人的には秋山準にはいろいろと悔しい思いをさせられてるわけで、思うところはある。キャリア30年は長いと思う。でも、この2人に両国で土つけられるわけにはいかない。両国は俺の原点。そんなに周年を祝ってほしいなら、自分の頭でのぶちかましで2人まとめて祝ってやろうかと思います。覚悟しとけ」と不穏な発言。

 岡谷も「正直花を持たせる気はない。秋山準とは少しの間、ユニットで組ませてもらったんですけど、あの頃の自分じゃないんで。イラプションの若い闘志をぶつけて、この2人に勝ってやります。俺が一番目立った上で勝つんで!」と挑発。

 これを聞いた大森は「最初はDDT25周年、秋山選手の30周年に参戦できるということで光栄に思ってました。だけど、聞くところによると、ムダにキャリアが長いだとか、老害だとか裏で言ってるらしいじゃないか。叩き潰すぞ。遠慮はしないから」と怒り心頭。

 秋山は「DDT25周年で、大森選手も30周年ということで、そういう試合を組んでもらったのはありがたいと思ってます。2人は威勢のいいことを言ってますけど、普通の30年じゃないということを、リング上で身をもって分かると思うんで。楽しみにしとけ」と不快感を露わにした。

 DDTの25周年記念興行でのタッグ結成について、秋山は「大森選手に出てきてもらって、全日本にも彼にも感謝してます。お互い30周年で、もうそんなに組む機会もなかなかないんで、目いっぱい暴れたいと思います」と意気込み。

対戦相手の印象に関して、大森は「ツラ構えがよくないですね。俺らは大先輩で大兄弟子。相撲界でも大兄弟子って敬わない? 俺らに対するリスペクトがかけらも見えない。非常に嘆かわしいことだ」、秋山は「言ったものはリング上で返さないと。どんどん言ってくればいいと思うし、俺らはまだまだ叩き潰す力はあると思うんで」と制裁を予告していた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る