「また一緒に悪いことしようぜ!」高橋裕二郎が内藤哲也とのNO LIMIT対決に敗北もHOUSE OF TORTUREへ勧誘!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・日本武道館にて新日本プロレス『NEW JAPAN CUP 2022』が開催され、内藤哲也が高橋裕二郎との元・盟友対決に勝利した。

 『NEW JAPAN CUP』は、新日本プロレスの春の風物詩として知られてきたヘビー級の選手たちによるシングルトーナメント戦。
 今年は歴代最多となる48選手が参戦し、2020年ぶりとなるジュニアヘビー級選手の参戦、新鋭のヤングライオン3名も参戦することとなり、新日本全体を巻き込んだ一大イベントとしての開催となった。

 開幕戦となるこの日は、1回戦として全8試合が開始。
 セミファイナルでは、かつて“NO LIMIT”として一斉を風靡した内藤哲也と高橋裕二郎の約8年ぶりの元パートナー対決が実現。
 裕二郎は「内藤、お前憶えてるか?昔は一緒にタッグを組んでいて、一緒に修行もしたし、海外にも行った。だからよ、明日は汚いことは一切なしだ。介入もしねえ。もちろんコイツ(ステッキ)も使わねえ。明日は正々堂々とやろうぜ」とクリーンファイトを行うことを宣言していた。

 この日、裕二郎は宣言通りステッキをリングに持ちこまずHOUSE OF TORTUREの仲間たちも引き連れずに現れた。
 試合はクリーンなレスリング戦を中心に展開され、互いに首への攻撃を集中させていく好試合に。中盤に裕二郎が内藤のコリエンド式デスティーノを切り返してのマイアミシャインを決めるが、内藤も即座にバレンティアを狙う体勢へ。裕二郎は下から組み付いてコーナーへと叩きつけることで脱出を図るが、レフェリーが逃げ遅れて衝突し昏倒してしまう。
 無法地帯となったリングにEVIL&SHOが現れて内藤を袋叩きにしていくが、裕二郎は「2人でやらせてくれ!頼むよ!2人でしたいんだよ、俺と内藤、1vs1で。頼む!頼む!」とひざまずいて懇願。2人が不服そうに引き上げていくと、裕二郎の姿に観衆から拍手がきる。
 しかし、内藤がよろよろと立ち上がると裕二郎はローブローを叩き込み、“してやったり”の笑みを浮かべながらステッキを持ち込んで内藤に殴りかかるが、内藤はこれをかわし、SHOがレフェリーの視界を遮っていることを確認してから急所蹴りを叩き込み、ジャックナイフ式エビ固めで3カウントを奪った。
 怒りのEVILがリングに飛び込んできて内藤にEVILを狙うが、内藤はマンハッタンドロップのようにホップアップしてからの急所蹴りを叩き込んで撃退。リングに寝転んで天に拳を突き上げ、完全勝利を見せつけた。

 バックステージに戻った内藤は、「すごく久々に今の高橋裕二郎を感じましたよ。若手時代を一緒に過ごし、一緒に海外遠征に出た、2年先輩の高橋裕二郎。当時は、彼の背中がすごく大きく感じてたよ。それがいつの間にか、小さく見えてしまい、そして視界に入らなくなってしまった。俺は今の高橋裕二郎を否定するつもりはない。だって、アレが今の高橋裕二郎なんでしょ?なら、自分の信じた道を突き進めばいいよ。そして、また俺の視界に入ってくればいいかな。アミゴ・パサード(昔の友達)。俺にとっては、外すことのできない人物なんでね。またシングルマッチで向かい合えるその日を、楽しみにしてるぜ。カブロン!」と道は違えども前に進み続ける盟友を讃えた。

 対する裕二郎は、「内藤、覚えてるか?昔はよぉ、相手のこと一緒にベルトでぶん殴ったりよぉ、一緒に悪さしたよな。思い出せよ。内藤ちゃん、また一緒に、あ、来るか?HOUSE OF TORTUREに。また一緒によぉ、悪いことしようぜ! な!」と内藤をHOTへと勧誘した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る