【インタビュー】なぜ美女レスラー安納サオリが日本初のバットマン舞台化でキャットウーマンに選ばれたのか

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 日本初のバットマンシリーズ実写舞台化となる『ニンジャバットマン ザ・ショー』がついに開幕。11月6日~11月30日までの25日間・計70公演が東京・池袋にあるTheater Mixa(シアターミクサ)にて毎日開催される。

 バットマンシリーズにおいて日本制作のアニメーション映画である『ニンジャバットマン』を原作とし、ジョーカー役に吉本興業所属のコメディアンであり『仮面ライダーW』では刃野幹夫役などを務めたなだぎ武さんが決定。バットマン役にはミュージカル『テニスの王子様/河村隆 役』・『はじめの一歩/鷹村守 役』・『からくりサーカス/加藤鳴海 役』などで筋肉とアクションに定評のある俳優の滝川広大さんが選ばれた。
 そして女性キャストとなるハーレイ・クイン役にハロー!プロジェクトの元アイドル(アンジュルム)である室田瑞希さん、キャットウーマン役に女子プロレスラーの安納サオリが抜擢されることに。
 制作・演出を『ガンダム00』や『東京リベンジャーズ』など有名2.5次元舞台をプロデュースするOfficeENDLESSが手掛けることも発表され、クナイや扇子など非売品のバットマングッズがつく特別チケットも存在。アメコミファンならば一度は見に行くべき舞台になっている。

 今回女子プロレスラーの中からキャットウーマンに選ばれた安納サオリは、アイドルや女優活動を行いながら2015年にアクトレスガールズでプロレスデビュー。スターダムや全日本プロレスなど団体問わず出場する人気選手となり、2019年にフリーとなってからもテレビ出演などが増え確固たる地位を確立している。
 実際の試合姿が目に止まりオーディションに進んだという安納は、世界的に有名な作品に女子プロレス界を代表して選ばれたと言っても過言ではない。その安納は一体どの様な思いでこの舞台に臨むのか?本番を直前に控える安納に思いを聞いた。

――ゲネを終えられてこれから本番が始まりますが
「今回私舞台というものが数年ぶりになるんですね、(リングのように360°ではなく)一面だけを見ていただくという空間が。なのでこうドキドキワクワクして稽古に挑んだんですけど、まさかのショーという形でニンジャバットマンを表現されるって事を知った時に、『あ~私ダンスできない!』とか『プロレスとアクションは違うから』っていう気持ちで最初は不安でいっぱいだったんですよ。しかも私腰の骨折ってましたし(※キャスト発表された4月時点では試合中に腰の骨を3ヶ所骨折)。でも、稽古重ねるにあたって共演者の皆さんとかほんと優しくて。いろんな世界のプロフェッショナルの方々が集まっている現場なんですね。なので皆さん意識高くてほんと毎日刺激的ですし、勉強になりますし、稽古してるんですけど学ぶことがたくさんあったなって。そこをついに出せる開幕だなと思っております」

――今まで女優をやられていてプロレスラーになって、今度はクレジットにプロレスラーとして書かれる立場で女優としてキャスティングされました。プロレスラーとして出る経験が役に立ったり過去との違いは
「伝えるって事は一緒じゃないですか?プロレスだとしても、この作品ニンジャバットマンとしても。そこの根本のところの気持ちは全く変わりとかはなくて。ただ切り替えが大変でした。キャットウーマン安納サオリ、プロレスラー安納サオリっていうのが、これからも本番中に、本番があってその後試合っていうスケジュールが結構あるんですね。そこの切り替えを今楽しんでる自分が居て、今日はキャットウーマンの安納サオリか~明日はプロレスラー安納サオリか~っていうそんな日々を楽しんでます」

――期間中にタイトルマッチまであるという
「そうなんですよ!知ってました!?13日(アイスリボン)大田区総合体育館で、(インターナショナルリボン)タッグのベルトに挑戦するんですけど、14日からもまたここ本番あります。朝(11:30~)、昼(14:30~)ですよ。ベルト巻いたらベルト巻いて出ちゃおうかな(笑)怒られちゃうかな?結構演出家さんプロレス好きだって言ってたので、そこは切り替えなんで置いておきますけど、でも勝って絶対巻いて、巻いた状態でさらにレベルアップしたキャットウーマンを見せれたらなという感覚も私の中ではありますね」

――今までアン・ハサウェイやハル・ベリーなど様々な人がキャットウーマンを演じられてきましたが、自分の中でのキャットウーマン像や共通する部分は
「私はキャットウーマンは、しなやかなアンチヒーローだと思っていて。なんか憎めないですよね。なんか振り回しちゃうし、セクシーで、でも男前で。結構自分のなりたい女性像でもある。カッコイイなって思いますし、そこに一歩でも近づいて行きたいなと思って今回のキャットウーマンと戦ってます。私が。キャットウーマンの役作りと戦ってるのかな?キャットウーマンと戦ってますね」

――舞台上ではドロップキックやムチを使う場面もありましたが、普段のプロレスラーの動きが活かされてますね
「プロレスラーじゃなかったらあれは出せないですよね、あの技は(笑)痛いでしょうしね。私は痛くなかったですけど。でもそういうのが出せるのも私の武器になってるなって思いますし、プロレスやってなかったらもしかしたらこの舞台出てないかもしれないしって思うとプロレスやってて良かった、プロレスラーで良かったってすごく感じますね」

――衣装や外見でここに注目してほしいという部分はありますか?
「普段より露出してない安納サオリ。でもエロいぞ。これですね!」

――女子プロレスファンの人たちも、ちょっと布の面積多いなと思っても見に来て欲しいと
「でもセクシーだよって。そこですね。いつもより布の面積多いけど、セクシーな安納サオリ見れちゃうぞ!ですね(笑)」

――動きや表情でセクシーさは出せるぞと
「そこは見て感じていただけたらなって私は思います」

――今回ファンからの応援は祝い花ではなく名入り招木(木札)が送れる形になっており、尾崎魔弓選手からも来ています
「そうビックリした!ほんとビックリしましたよ嬉しいですね!ありがたい!尾崎さんどっかで見に来るって言ってましたよ。これはもう怖いっす。『お前あの蹴り微妙じゃない?』とか言われたらどうしようかと思ってます(笑)『もっと上あがるっしょ』とか言われたら・・・がんばります!」

――そういう点では他のプロレスラーたちにも見て欲しいという気持ちはありますか?
「やっぱちょっとこう、声を出せないじゃないですか今回の作品って。プロレスも闘ってる時に言葉で伝えるってそんなにしないじゃないですか?ちょっと似てるとこあるなって私は思ってて。身体で表現したり表情、感情で表現するっていうのは似てるなって思ったので、見て何か感じていただけたら嬉しいなと思いましたし、私も感じていただけるように表現してステージの上に立ちたいなと思います」

――改めてプロレスファンに向けてのメッセージをお願いします
「リングの上ではないステージ上の安納サオリを、是非是非見に来てください。期待しててください❤」

 安納は全70公演中23公演に出演が決定しており、日替わりで変わるアンサンブルキャストとの掛け合いも含めると全く同じ公演というのは少ないだろう。ショーの最後にはお客さんも撮れる記念撮影タイムもあり、キャットウーマン姿の安納サオリを是非その目と写真に残して欲しい。

【安納サオリ出演日】
安納出演日チケット一覧はこちら→https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=34610
7日(日) 11:30~/14:30~
9日(火) 11:30~/14:30~
10日(水) 14:30~(完売)/17:30~
14日(日) 11:30~/14:30~
15日(月) 11:30~/14:30~
17日(水) 14:30~/17:30~
18日(木) 11:30~
19日(金) 11:30~/14:30~
20日(土) 11:30~(完売)/14:30~
24日(水) 11:30~/14:30~
25日(木) 11:30~
27日(土) 17:30~
30日(日) 14:30~/17:30~(千秋楽)

【安納サオリ応援木札申し込み】
https://batman-ninja.jp/manegi/

BATMAN and all related characters and elements (C) & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. (s21)

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る