大田区で激闘繰り広げた山下実優と伊藤麻希が「121000000」再始動を白星で飾る!伊藤は「しばらくあなたの防衛ロードを応援する。時が来たらまた挑戦します」と通告

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが10月16日、東京・新木場1stRINGで「TOKYO JOSHI 2021 秋~花鳥月露~」を開催。同団体年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」(同9日、東京・大田区総合体育館)でプリンセス・オブ・プリンセス選手権を懸けて激闘を繰り広げた山下実優と伊藤麻希がタッグチーム「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」再始動を白星で飾った。

 9月4日の東京・板橋グリーンホール大会以来、約1ヵ月半ぶりにタッグを組んだ2人は乃蒼ヒカリ、小橋マリカ組と対戦。開始早々、山下と伊藤はサボテンの体勢に入って合体式のヘッドバットを狙うも、乃蒼に逃げられて不発。それでも立て直した2人は10分過ぎ、伊藤が小橋にヘッドバットをたたき込み、山下がリターンクラッシュを見舞うも乃蒼がカット。ならばと伊藤が乃蒼を逆エビ固めで抑えている間に、山下が小橋にアティテュード・アジャストメントを決めて3カウントを奪取した。

 マイクを持った山下は「今日も勝って改めて大田区のことを考えると、最高の場所で伊藤と闘えて本当に楽しかったし最高だった。そして大田区で本当にたくさんの人の応援のおかげで、私は勝って、このベルトを守ることができました」とアピール。

これを聞いた伊藤は「人の気持ちを考えられないの? 負けた人の目の前でそういうことをよく言えるよね。大体、伊藤のこと好きとか言うけど、オマエ言いたいだけじゃないの? 『サイバーファイトフェス』のときも、秋山(準)さんはヨシヒコを持って撮影してたじゃん。でもコイツはタッグパートナーの伊藤を呼ばなかった。まだ根に持ってるからね! オマエの好きはビジネスなんだよ! 伊藤のことは愛してない。オマエの愛はニセモノ」と突っ込んだ。

 すると、山下は「何で伝わらないかな? 私、ちゃんと言ってるじゃない。伊藤が大好きだって! 分かりませんか?」と叫ぶと、伊藤は「ありがとう」と言って、ひとまず落着。

 バックステージに戻っても、山下が「組むのも久しぶりで、並んで入場するだけでも結構ワクワクするくらいなんで。やっぱり私のパートナーは伊藤だなって」と言うと、伊藤が「でもそれもビジネスなんでしょ」と言い返してチグハグな雰囲気は続いた。

 それでも伊藤は「伊藤個人としても強くなっていかないといけない。また新しく目標ができたから。それに向けてまた走っていこうと思います。これからしばらくは、また応援しようと思います。あなたの防衛ロードを。そして時が来たらまた挑戦しますので、そのときまで必ず(ベルトを)持っておいてください」と山下に通告していた。

 元来、「121000000」は抜群のチームワークを誇ってきたタッグではないだけに、いささか不安ものぞかせたが今後の動向が注目されるところ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る