米国から凱旋帰国した坂崎ユカが隔離期間を終えて完全復活!「私はすごく恵まれた環境で育ったんだなっていうのを感じました」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、後楽園ホールにて東京女子プロレス『第8回東京プリンセスカップ』が開催。第5試合では坂崎ユカAEW凱旋試合として山下実優&小橋マリカvs坂崎ユカ&乃蒼ヒカリが行われた。

 坂崎は約1年4ヶ月ぶりにアメリカ・AEWへの遠征を行っていたが、先月末に帰国。日本における新型コロナウイルス感染症隔離期間を終えて、この日が凱旋試合となった。

 坂崎と山下がお互いの成長を確かめ合うような技の応酬から、坂崎が空中殺法で押し込み小橋もヒカリとの連携攻撃で迎撃。
 だが山下がヒカリをパワー殺法で押し込むと、小橋がマシンガンチョップを叩き込んでいく。だがヒカリをジャーマンで叩きつけた山下に坂崎が魔法少女スプラッシュを投下してカットすると、最後はマリカをスライディングラリアットからマジカルメリーゴーランドで叩きつけ凱旋試合を勝利で飾った。

 試合を終えた坂崎は「帰ってきたらみんなキラキラしててめっちゃたくましくなってるなって、ちょっと離れるとより分かりますね。山下とか特に思いますね。蹴りがあんなに多様な選手は他にもいないですし。私はすごく恵まれた環境で育ったんだなっていうのを改めて感じました」とコメント。

 日本とアメリカの違いに関して聞かれると「あっちはテレビと同時に大会がスタートしているので、CMとかそういうのも入ってくるんですよ。レフェリーが試合中に『今CM中』とかって、別に聞きたくないのに教えてくれるんで(笑)そういうのでリズムを自分で切らさないように闘うっていう部分だったりとか、今までにない経験をさせてもらったんで、これはこれでプロレスの幅が広がったのかなと思います」と笑顔を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る