【試合詳細】6・22 新日本プロレス後楽園ホール大会 【NEVER6人タッグ王座】後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIvsEVIL&高橋裕二郎&ディック東郷 飯伏幸太&天山広吉&小島聡&永田裕志vs鷹木信悟&内藤哲也&SANADA&BUSHI YOH&SHO&オカダ・カズチカ&矢野通vs石森太二&エル・ファンタズモ&外道&邪道

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021』
日程:2021年6月22日(火)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:328人

▼シングルマッチ 20分1本勝負
●上村優也
10分12秒 タイチ式ラストライド→エビ固め
[鈴木軍]○タイチ

▼シングルマッチ 20分1本勝負
●辻陽太
13分58秒 首4の字固め
[鈴木軍]○ザック・セイバーJr.

▼8人タッグマッチ 30分1本勝負
[CHAOS]○YOH/SHO/オカダ・カズチカ/矢野通
10分4秒 3K→片エビ固め
[BULLET CLUB]石森太二/エル・ファンタズモ/●外道/邪道

▼8人タッグマッチ 30分1本勝負
飯伏幸太/天山広吉/○小島聡/永田裕志
18分41秒 ラリアット→片エビ固め
[L.I.J]鷹木信悟/内藤哲也/SANADA/●BUSHI

▼NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/CHAOS】後藤洋央紀/○石井智宏/YOSHI-HASHI
32分3秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
【挑戦者組/BULLET CLUB】“キング・オブ・ダークネス”EVIL/高橋裕二郎/●ディック東郷(みちのく)
※王者組が6度目の防衛に成功

NEVER6人タッグ王座V6の石井&後藤&YOSHI-HASHIへ永田&天山&小島が挑戦表明!タイチ&ザックが上村&辻に弟子入り提案&IWGPタッグ王座次期挑戦者に指名!

第1試合


 ゴングとともに上村が突っ込んでいってエルボー連打からドロップキック、フライングフォアアームと連撃し、タイチが得意の場外戦に引き込んでも上村が鉄柵攻撃で圧倒し、エプロンからのダイビングクロスボディも披露。
 さらに上村は闘いをリング上に戻すとエルボー連打で畳み掛け、串刺しジャンピングエルボーを発射も、タイチがかわしてジャンピングハイキック一発で上村をダウンさせる。
 タイチはコーナーダウンした上村へ構わずローキック連打を見舞い、エルボー連打で粘る上村にソバットからサッカーボールキック、拷問コブラ with 喉輪。タイチは上村が立ち上がるのを待ってミドルキックを発射も、上村がキャッチしてエルボー連打からドロップキック。さらに串刺しドロップキックからバックドロップ、逆エビ固め。続けてかんぬきスープレックスで叩きつけ、スワンダイブ式ダイビングクロスボディを発射も、タイチが回避して自爆させ、アックスボンバー。さらにタイチ式ラストライドを上村がウラカン・ラナで切り返して見せるが、タイチはジャンピングハイキックからタイチ式ラストライドで叩きつけてカウント3。

<試合後コメント>
タイチ
「まだまだだな、小僧。でも、いいよ。お前と辻、いいな。もっと強くなりたかったらよ、俺の部屋に来てよ、稽古つけてやるよ、朝から。朝稽古つけてやる。辻もよ、いい反応してたよ。俺の右の……いや左の下手投げをこらえたからな。上村の野郎も右の下手投げ、すぐ立ち上がった。いいじゃない。その後、閂(カンヌキ)か? お前も相撲道あるじゃねえか。俺のところに来い。俺が親方になって、お前らをいい関取に育ててやる。内藤、SANADAよりいいんじゃねえの? まあ、ないけど、この後、もしザックが負けることがあるなら、札幌は先にお前らにやらせてやるよ、辻と上村。内藤、SANADA、やるんだったら、もっと熱いものくれよ、俺に。新弟子みたいに、序二段、序の口のあいつらみたいに熱いものくれよ。伝わんねえな。札幌が盛り上がんねえぞ。ただでさえ、また内藤vsタイチかって、札幌も思ってんじゃねえの? もうちょっとチャレンジャーらしく熱く来いよ」

上村優也
「(スタッフに肩を借りて、息も絶え絶えにフラフラな足取りで現れて)クソッ! 俺が見たかった、戦いたかったタイチは今日みたいなタイチだ。でも、まだまだ、まだまだこんなもんじゃねえ。もっと強くなって、もっとデカくなって、あんたの前に、俺が勝つまで何回でも立ってやる。今日はまだ始まりです。ありがとうございました」

第2試合


 ゴングが鳴ると、素早いバックの取り合いから腕の取り合い、グラウンドでの足の取り合いが展開される。一旦距離を取ってから手4つで組み合い、腕力で勝る辻が押し倒していき、リバース・ロメロスペシャルと憧れのメキシコの技術を見せる。ザックが冷静に対応してグラウンドで足を固めていき、辻のスリーパーホールドやリストロックをするすると抜け出しながら組み伏せていくレスリングテクニックで圧倒。辻も十字架固めから入る多彩な丸め込みで食い下がりドロップキック。
 辻は場外に逃れたザックを追っていくこと無くリング内にいざなう余裕まで見せつけ、辻がコーナーエルボー連打。ザックもエルボースマッシュで反撃し、ネックツイストから極楽固め。さらにリバース・インディアン・デスロックを狙うが辻が決まり切る前にブレイク。ザックが辻の顔面を蹴りつけて挑発していき、スタンド・グラウンドと自在のネックロック。辻がボディスラムで強引に首攻め地獄から抜け出すと、ショルダータックルで吹き飛ばしてからアバランシュホールド、キャメルクラッチ、背中へのランニングボディプレス、サーフボードストレッチと背中へのダメージを集中させていくが、ザックはサーフボードストレッチをグラウンドから絡め取ってヒザ十字で切り返すという流石のテクニックを見せる。
 辻がブレイクしてザックの顔面をビンタでひっぱたくと、顔色を変えたザックが怒涛のエルボースマッシュ連打から飛びついて胴絞フロントネックロック。辻が振り払って逆エビ固めを狙うと、ザックが下からウラカン・ラナ。辻もキックアウトしてスピアーで反撃し、リバース・ゴリースペシャル。しかし、ザックは驚異的なボディバランスで上半身を起こして首4の字固めで絞め上げると、辻はガクリと倒れ込み、レフェリーが慌てて試合を止めた。

<試合後コメント>
ザック・セイバーJr.
「生意気な野郎だ。ツジはいくつだ? ヤングライオンを名乗ってるが、見た目は45歳くらいだ。映画の『ナチョ・リブレ 覆面の神様』を彷彿とさせるな。背中にくらったダメージはデカい。大したもんだな、ツジ。(日本語で)イイネ! ヤングライオン2人とも実力はあるが、お前は”オールドライオン”の方がしっくりくるぞ。お前は頑張ったが、まだまだだ。俺の足元にも及ばないレベルだ。ツジはルチャ・リブレの技に拘ってるようだが、無駄だ。今日は珍しくテッカーズ(テクニック)を見せてきたじゃねえか。そこは認めてやる。この間ウエムラを俺の道場に入れてやると言ったが、ツジも俺の'VEGAN SOY BOY TEKKERS DOJO'に来ていいぞ。名前はもっとキャッチーなものに変えた方がいいかもな。それからナイトウの野郎、コソコソと仕組みやがって。SANADAは悪いことはしない奴だと知っているから責めないが、ナイトウの野郎はずる賢い。俺たちがサインしたのは調印書でもないっていうのに。チャンピオンとして、あいつらにチャンスをやってもいいと最初は思っていたが、こんなことになったらもうお前にベルトに挑戦する資格はない。だからウエムラ&ツジ組に変更だ。もうシングルで2人とも片付けたとはいえ、俺はナイトウなんかよりはこの2人をもっと高く評価している。ナイトウ、お前には挑戦させてやらない! 俺たちがサッポロでベルトを防衛する相手はツジ&ウエムラ組だ。絶対にお前じゃない、ナイトウ!」

辻陽太
「ザック・セーバー・Jr.……、やっぱりスゲーや。どんな相手でも、自分のスタイルを貫いて戦ってくる。こんな時代に、母国であるイギリスに帰らずに日本に残ってずっと戦い続けてる。まさにプロフェッショナルだ。正直言って、俺が目指しているのは彼のような“ブリティッシュスタイル”ではない。ただ、今までの自分がどこまで通用するのか、今日は試してみたかったんだ。“ブリティッシュスタイル”も面白いかもしれないな。だが! 俺が目指しているのはあくまでもメキシコ、“ルチャ・リブレのリングの上"だ!」

第3試合


 BULLET CLUBの面々がToo Sweetポーズを決めようとしたところでCHAOSが奇襲し、オカダが外道をマネークリップで絞め上げて秒殺決着かと思われたが、外道が落ちる寸前で石森がカット。BULLET CLUBの面々がオカダに集中攻撃をかけるが、オカダがビッグブートで次々と蹴散らし、邪道&外道を2人まとめてDDT。矢野にタッチ。
 矢野はコーナーマットを外して外道に投げ渡し、邪道の竹刀攻撃も見切ってかわし、Tシャツを着用したまま試合をしていたことで背中へのひっかき攻撃への対策も万全。しかし、邪道&外道が2人で押さえつける中でファンタズモがTシャツを剥いだ上での背中ひっかき。救出に来たSHOも背中ひっかきで撃退し、外道がSHOを、邪道がYOHをフロントネックロックで固める中でファンタズモがSHOへ、石森がYOHへ踊るようなステップから同時の背中ひっかき。さらに外道が金具むき出しのコーナーに矢野を叩きつけてTシャツを完全に脱がせてしまい、ファンタズモにタッチ。
 ファンタズモはむき出しになった矢野の背中へひっかき攻撃。
代わる石森も背中ひっかき攻撃。さらに矢野を金具むき出しのコーナーに叩きつけようとするが、矢野はこれをかわして髪を掴んで引き倒し、SHOにタッチ。
 SHOが石森、ファンタズモをショルダータックルで吹き飛ばし、石森へ手首を取りながらのミドルキックを連打。さらにダッシュミドルから石森をエルボー合戦にいざなう。SHOは左右のエルボー連打からロープに飛ぶが、石森はハンドスプリング式オーバーヘッドキックで反撃し、ファンタズモにタッチ。
 ファンタズモはスピニング・バックブリーカーを狙うが、SHOがブレーンバスターで切り返してYOHにタッチ。
 YOHはファンタズモとのエルボー合戦に打ち勝ち、トラースキックを発射も、ファンタズモが回避してスクールボーイ。YOHも丸め込みで対抗しファルコンアロー。カットに来た邪道をオカダが排除していくが、ファンタズモはYOHに延髄斬りから投げっぱなしジャーマン。外道にタッチ。
 外道はチンクラッシャーからトラースキックを発射も、YOHがキャッチしてドラゴンスクリュー。カットに来た邪道を矢野が金具むき出しのコーナーに叩きつけて撃退すると、石森が矢野へスワンダイブ式ヒップドロップ。オカダは石森へドロップキックを発射も、石森が回避するとファンタズモがランニングニーでオカダを排除。SHOがファンタズモをスピアーで撃退すると、YOH&SHOが石森へダブルのジャンピングニー。さらに外道へSHOがバッククラッカー、YOHがドロップキック、さらに2人で外道へ3Kを叩き込んで3カウント。

<試合後コメント>
矢野通
「よし! 君たち、よく聞きたまえ! よ~く聞きたまえ! (KOPW2021のトロフィーを持ちながら)最近なかなか日が当たらないこのタイトル、KOPW2021! トゥー・サウザンド・トウェンティ・ワン! これを、これを、これを、俺が東京ドームに出るために、これを懸けて東京ドームで戦ってやる! よく聞けよ。これを懸けて東京ドームで戦う。誰でも来い、誰でも! 誰でもいいんだぞ、誰でも! 何人でも! 誰でも何人でもだ、オイ! なあ、各選手に応援してるファンの奴らがいるだろ。全員を幸せにするためには……わかるだろ! 祭りだ! 祭りだ! ロイヤルランブルだーッ!」

YOH
「(指を折りながら)トカレフ、ワルサー、リボルバー、イーグル……、どんな銃で来てもこっちはもう準備できてるから。2匹のマシンガンで迎撃だ」

SHO
「(IWGPジュニアタッグのベルトを大事そうに抱きしめながら)明日はこっちがベルトを持ってて、あっちがチャレンジャー。そう、向こうが攻めてくる。そこを俺たちがガッチリ迎えて、ガッチリ迎撃して、このベルトはあいつらのどんな攻めからも必ず守ります。とりあえず今日、大事な大事な大事な大事な前哨戦、3Kで勝てて良かったぜ」
石森「これで前哨戦も終わって、いよいよ明日だな。3Kの言う本気? それも楽しみにしてるけど、爽やかなそよ風とか言ってないで……(ここで突然鼻血を出したファンタズモが姿を現し、それを見た石森は英語で)Oh! ELP! You’re OK?」

エル・ファンタズモ
「大丈夫だけど、今の俺はひでえ顔してるだろ! かわいい顔が鼻血で台無しじゃねえか! こうなったら作戦変更だ。先週から俺たちの秘策を見せてやると言ってきたが、練り直したほうがいいな。だけど結果は変わらない。勝つのは俺たちだ。楽しいタイトルマッチになると思ったら大間違いだ。ベルトだけじゃない。今度は俺たちがYOHとSHOの顔を鼻血まみれにしてやる! 今、お前たちファンは俺たちがBULLET CLUBで可愛いだけのタッグチームだと思ってるかもしれないが、明日はBULLET CLUB史上最高にバイオレントな闘いを見せてやる!」

石森太二
「(ファンタズモが立ち去るのを見て)あ~あ、怒っちゃったよ(笑)。ファンタズモ怒っちゃったよ。これはよ、爽やかなそよ風とか言ってないで、暴風化して、大電流を流さねえと、そのベルト、間違いなく俺たちのものになるぞ」

第4試合


 IWGP世界ヘビー級王座戦を控えた鷹木と飯伏の対面でゴングが鳴ると、ロックアップでの押し込み合いから鷹木が離れ際にチョップ。これを回避した飯伏がショルダータックルでぶつかっていくも鷹木が倒れず耐え、エルボー合戦へと発展。鷹木が連打で押し勝つと飯伏がソバットからフランケンシュタイナー。鷹木も即座に起き上がってショルダータックル。両者距離を取りタッチへ。
 天山と内藤の対面となると、内藤が天山のロックアップをスカして挑発していく。BUSHIが天山の襟足を掴んで邪魔すると、内藤がナックル連打からロープに飛ぶが天山がショルダータックルで反撃。天山は真モンゴリアンチョップ連打から小島とともにエルボー&真モンゴリアンチョップのサンドイッチ攻撃。さらに永田もジャスティス・モンゴリアンチョップ。天山は内藤に串刺しボディスプラッシュからブレーンバスターで叩きつけ、ヘッドバッド、逆水平チョップで攻め込んでいくもBUSHIがエプロンからキックを見舞い、内藤のマンハッタンドロップからSANADAが低空ドロップキック。さらに内藤がヒザへのエルボードロップからニーロックで痛めつけ、SANADAにタッチ。
 SANADAは天山の足をロープにくくりつけて踏みつけ、ヒザへのエルボードロップからBUSHIにタッチ。
 BUSHIは天山をコーナーに叩きつけ、ロープを使ったニーロックからヒザへのドロップキック。内藤にタッチ。
 内藤は天山をコーナーに叩きつけて振り子式ドロップキックのフェイントからヒザへの低空ドロップキック。さらに変形足4の字固め。カットに来た小島にはSANADAが足4の字固め。天山の付き人を務めていた内藤、全日本時代に小島の付き人を務めていたSANADAをタッグワークで翻弄する。
 SANADAと天山の対面となると、SANADAが天山の頭にグーパンチもあまりの石頭にSANADAが拳を痛める。天山は真モンゴリアンチョップからマウンテンボムで叩きつけ、永田にタッチ。
 永田はSANADAにビッグブートでなぎ倒してからミドルキックを連打。さらに串刺しビッグブートからエクスプロイダーの体勢もSANADAが耐えるとダブルアーム・スープレックス。カットに来た内藤をフロントスープレックスで撃退するが、SANADAはアトミックドロップからパラダイスロックを狙うが、永田が下から蹴り上げて脱出。ならばとSANADAはスワンダイブ式ミサイルキックを見舞って鷹木にタッチ。
 鷹木は永田にランニングニーからパンピングボンバーを狙うが、永田がキャッチしてエクスプロイダー、飯伏にタッチ。
 飯伏はミドルキック連打で倒してスワンダイブ式ミサイルキック、その場飛びムーンサルト・プレス。さらにシットダウン式ラストライドを狙うが、鷹木がショルダースルーで切り返し、串刺しラリアット。飯伏は「効かねえよ!」と叫んでコーナーエルボーで反撃も、鷹木もリバースしてコーナーでエルボー&ナックルを連打。さらに「キタキタキタァ~!」とパンピングボンバーを発射も、飯伏がハイキックで撃ち落とす。鷹木は怯まず龍魂ラリアットで叩き伏せ、BUSHIにタッチ。
 BUSHIは鷹木とともに飯伏をロープに振るが、飯伏はオーバーヘッドキックで2人まとめて吹き飛ばし、小島にタッチ。
 小島はBUSHIにマシンガンチョップからジャンピングエルボー、さらに「いっちゃうぞバカヤロー!WOW!」と叫んでコーナーに上るが、SANADAがデッドリードライブでカット。BUSHIは小島のラリアットをかわしてミサイルキック。さらにフィッシャーマンズ・スクリューの体勢も、小島がコジコジカッターで切り返し、残る3人も加わってBUSHIにトレイン攻撃。飯伏のソバットから天山の真モンゴリアンチョップ。さらにテンコジカッターの体勢も、内藤がカット。小島はBUSHIに串刺しラリアットを発射も、BUSHIがこれをかわすと鷹木&SANADAが飛び込んできてカットし、BUSHIがバッククラッカーからテリブレを狙うが、小島が耐えると延髄斬り。さらにロープに飛ぶが、小島がカウンターのラリアットで吹き飛ばして一発で3カウント。

<試合後コメント>
永田裕志
「フー、さてと。肩慣らしは……終わったな」

天山広吉
「オーケー、ロス・インゴ、ロス・インゴ、あのザマかって、うん。オレが獲った訳じゃない。でもね、第3世代、そして飯伏。うん。アイツらから獲った。うん、コジが、ガッチり獲った。これが何を意味するか。うん、教えてほしいよね。うん、このままの勢いで、うん。コジ、そしてオレも、永田さんも、もちろん。いってやりますよ。オーケー、カモーン!」

小島聡&飯伏幸太
「さ、どうする“ロス・インゴ、ベルナブレス・デ・ハポン”! んー? 内藤哲也、39歳の誕生日、おめでたいけど、オレは39歳の時、もーっともっと、スゲー元気だったぞ! オレが39歳の時は、もーっともっとスゲー強かったぞ! 他のプロレスラー全員圧倒するぐらい強かったぞ! ああ? 同じ戌年同士、一回り違う年齢差で、オレはまだここまでやっていける」
※ここで飯伏がバックステージへやってきて
飯伏「小島さ〜ん!」
小島「お! 飯伏くん!!」
飯伏「ボクも、39歳です!」
小島「お、戌年!」
※小島と飯伏がガッチリ握手し
飯伏「ハイ」
小島「戌年だ、そうか!」
飯伏「いや、あやしい」
小島「戌年だ! 戌年は凄いっていう。オッシャ、戌年頑張りましょう。っていうことだ。ありがとうございます」
飯伏「今から39歳、1982年、昭和57年の、戦いが始まります。東京ドームで待ってます。(さり際に)57年(生まれ)が全てを支配しますよ……」

内藤哲也
「Hoy es 22 de junio. 今日は6月22日。Hoy es mi cumpleaños. 今日はオレの誕生日。¿Dónde está Taichi-san? タイチ選手はどこですか? ¿Dónde está Zack-san? ザック選手はどこですか? Quiero un regalo de cumpleaños. 誕生日プレゼント、欲しいなぁ〜。カブロン!」

鷹木信悟
「飯伏! 飯伏!! 飯伏幸太よー、オイ。いい蹴りしてんなあ。だがオイ! こんなもんじゃねーだろオイ。もっと強烈な蹴り持ってんだろ飯伏! オイ、がっかりさせんなよ。おまえ、まだスイッチが入ったフリしてんだろ? なあ。この前のコメント、見たぞ、オイ。“なぜ、鷹木に指名されたかわからない”。オイ、今さら何言ってんだよ。ええ? 『G1』2連覇、今年の東京ドーム1.4も1.5もメインを勝利して初代IWGP世界ヘビー級王者。オイ、おまえを指名しない理由があるか? なあ? これ以上おまえに何か理由を必要かおまえ。オイ、飯伏。気合が入ってないんだったらな、オイ! 7.25の前に叩き潰すぞこのヤロー!」

第5試合


 裕二郎のディーヴァとしてピーターが昨年2月以来久々の登場。両軍入場するとベルトが一時返還され、BULLET CLUB側にも確認を求めるが、BULLET CLUBがこれを奪い取りベルトで殴りかかる奇襲。
 東郷が石井をリングに戻してナックルでいたぶっていき、フェイスロック。裕二郎にタッチ。
 裕二郎はいつの間にかコーナーマットが外されていた金具むき出しのコーナーに石井を叩きつけ、EVILにタッチ。EVILが石井を場外に放り出し再び場外戦へ。
 EVILは石井の逆水平チョップを不敵な笑みで受け止めつつ石井の頭をペチペチと叩く挑発からサミングで怯ませ場外に放り出し、リングの下からイスを取り出してホームラン。さらにリングに戻して東郷とともにサミングを見舞い、そのままタッチ。
 東郷は石井にフィストドロップ。裕二郎にタッチ。
 裕二郎はスライディングキック2連打からフィッシャーマン・バスターを狙うが、石井が耐えるとコーナーに振ってビッグブート。さらにロープに飛んでビッグブートを発射も、石井が回避してバックを取りジャーマン。後藤にタッチ。
 後藤は裕二郎へショルダータックルからヒップトス、さらにYOSHI-HASHIをヒップトスで投げ落としてからエルボードロップ。続けて牛殺しの体勢も、裕二郎が指に噛み付いて脱出し、足払いから顔面にスライディングキック。さらにフィッシャーマン・バスター。続けて後藤をロープにくくりつけてビッグブート。さらにラリアットを発射も後藤がラリアットで迎撃し正面からぶつかり合い相打ちに。両者タッチ。
 YOSHI-HASHIとEVILの対面となると、YOSHI-HASHIが逆水平チョップで攻め込んでいきヘッドハンター、スイングネックブリーカー。さらにブレーンバスターを狙うが、EVILが髪を掴んで脱出しトラースキック。またも場外に放り出して場外戦へ。EVILはYOSHI-HASHIを背中から鉄柵に叩きつけ、リングに戻してサイドバックブリーカーからScorpion Deathlockも、石井がカットしてEVILへブレーンバスター。裕二郎が石井を金具むき出しのコーナーに叩きつけてカットすると、EVILがYOSHI-HASHIにラリアットを狙うが、後藤が飛び込んできて激烈一閃。さらにYOSHI-HASHIのダンニングダブルニーからバタフライロックが決まるも、EVILが逃れようとするとスリーパーホールドに切り替える。EVILがレフェリーをひっつかみながらロープ際までたどり着くと、場外から東郷がイスでYOSHI-HASHIの背中を思い切りぶん殴る。YOSHI-HASHIが思わず手を放すと東郷がスポイラーズチョーカーを手にリングに上がろうとするが、石井がこれを阻止。EVILはYOSHI-HASHIに串刺しラリアットからダークネスフォールズ。EVILもダメージが大きく、ふらつきながら「終わり!」とEVILの体勢に入るが、YOSHI-HASHIがトラースキックで吹き飛ばし、バッククラッカーで追撃して石井にタッチ。
 石井はEVILに突っ込んでいくが、EVILはレフェリーを盾にして攻撃を阻止し、改めてロープに飛ぶ石井の足を場外から裕二郎が引き倒した隙を突いて東郷にタッチ。
 東郷は裕二郎とともに石井にダブルショルダータックルから裕二郎がギロチンドロップ、東郷がセントーン。東郷は不敵に笑いながら自身の頬をペチペチ叩いて打撃を誘い、石井がロープに飛ぶとカウンターのラリアットでなぎ倒してからクロスフェイス。さらにペディグリーを狙っていくが、石井はショルダースルーで切り返し、後藤が飛び込んできて村正でアシスト。さらに石井が東郷をコーナーに上げて雪崩式ブレーンバスター。さらに石井がパワーボムを狙うが、東郷が着地すると石井は組み付いてバックドロップ。石井はスライディングラリアットを発射も、東郷はこれをキャッチして十字架固めから入るクロスフェイス。これをYOSHI-HASHIがカットすると飛び込んできた裕二郎にスピンキック。さらに後藤とともに後藤ごとハントを狙うが、裕二郎がレフェリーを盾にして阻止し、レフェリーが昏倒した隙にEVILがイスを持ち込んで王者組を殴打。さらに裕二郎が後藤、YOSHI-HASHIをステッキで殴打して撃退。さらに裕二郎が石井をステッキで、EVILがイスで殴打していき、東郷がイスの上へのペディグリー。ぐったりとした石井をEVILが無理やり引き起こして東郷とともにマジックキラーも、石井が2.9でキックアウト。
東郷はペディグリーからダイビングセントーンを狙うが、後藤がデッドリードライブで投げ捨てて救出し、裕二郎には裏GTR。さらにYOSHI-HASHIがEVILをラリアットで吹き飛ばして救出。
 石井は東郷のラリアットをラリアットで撃ち落とし、さらにラリアット。石井は雄叫びを上げて気合を入れると、東郷へパワーボム。さらに後藤&YOSHI-HASHIがGYRを叩き込むアシストを見せ、石井がスライディングラリアットから垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、東郷が着地してレフェリーへプッシュ。レフェリーが顔を背けた瞬間に顔面にナックルを叩き込み、EVILがEVILを狙うが、YOSHI-HASHIがトラースキックで撃退。混乱のさなかで東郷が石井にスクールボーイを見舞って隙を作り、裕二郎が石井へピンプジュースを狙うも後藤がスリーパーホールドで阻止。しかしEVILと裕二郎がレフェリーのブラインドを突いて後藤&YOSHI-HASHIへ急所蹴り。勝負は石井と東郷に託される。
 東郷はレフェリーが昏倒しているのを見るとスポイラーズチョーカーで石井の首を絞めようとするが、石井が抜け出してヘッドバッド。さらにEVIL、裕二郎をラリアットで撃退して東郷にもラリアットから垂直落下式ブレーンバスターという怒涛の猛攻を見せてカウント3。

 試合後、石井はEVILと額を突き合わせて睨み合い、EVILが去っていくと勝ち名乗りを受ける。
 しかし、そこへ永田裕志&天山広吉&小島聡がリングに上ってくる。

永田「お前らCHAOSが新日本プロレスの本体を腰抜け呼ばわりしているそうだが、なんなら試してみるか?石井、どうする?」
石井「『お願いします』だろこの野郎!」

 石井が言い終わりなるエルボーを叩き込むも、永田は微動だにせず強烈なエルボー一発で石井をKO。残る5人が「コノヤロウ!ナンダコノヤロウ!」と因縁をつけ合う90年代ライクな問答が展開され、睨み合いの末に永田が満面の笑みで敬礼ポーズを決めながら去っていく。

YOSHI-HASHI「オイ!もちろんやってやるよコノヤロウ!ただ、石井さんのコメントしか見てないようだけどな、俺が言ったのみてないだろ。いいか、このNEVER6人のタッグベルトは、俺たち3人が防衛し続けるのは、永遠だ!」

<試合後コメント>
後藤洋央紀
「面白いじゃねえか。いつでもいいぞ、いつでも。久しぶりにストロングスタイルの試合ができそうだな。楽しみだ」

YOSHI-HASHI
「正直、防衛重ねる中であの3人と戦うっていうのは薄っすらとなんとなく頭の中にあったから。いつでもやってやるよ。このNEVERのタイトルのベルト、凄いペースで防衛戦やってるだろ、オイ! 今こんな時期だからこそ、オイ! いつでもやってやる。明日でも来週でもいつでもこのベルト懸けてやってやるからな。でも、リング上で言った通り、そう安々とこのベルトは獲れねえし、俺たちがこのベルトを防衛するのは永遠だ」

石井智宏
「三バカトリオ来たな。試してみる、か? ふざけんな! お願いしますだろうが。おめえらよ、今日の俺らの試合見たか? 今日だけじゃねえ、俺らのタッグ、シックスメン、エイトメン、全部見てみろ。てめえらの生ぬるい試合とはちげーんだよ。わけがちげーんだよ。今のままだったらよ、獲れるわけねえだろう。だから、猶予をやるよ。とりあえず明日バレットか? もうバレットとは終わったんだ。お前ら3人入れ。あと、本隊にまだクズどもがいるな。二人用意しろ。いっちょ揉んでやるよ」

EVIL
「ふう~、石井てめえ、これで終わったと思うなよ。忘れた頃にでも、てめえを潰しに行ってやるからな。よく覚えておけ」

永田裕志&天山広吉&小島聡
永田「さて、ウォーミングアップは今日で終わりかな。そろそろ動きますか、ねえ小島さん」
小島「そうですね」
永田「天山さんも」
天山「しばらく新日本のリングで俺たち、タイトル戦線に絡んでなかった。いや、遠かった。でもね、満を持して、俺たち3人があいつらに挑戦、見ての通り俺ら挑戦する。ガッチリ行こうよ」
小島「OK!」
永田「モヤモヤしてたもんね、アメリカ帰りで」
小島「そうだね。俺ら3人から見たら、あの3人ともみんな若造だから。全然。ベテランこそ正義だから」
天山「獲って当たり前やな」
小島「ベテランこそ最強。それを証明してやる」
永田「まあ、いいよ。腑抜けかどうか、腰抜けかどうか、思い知らせてやりますよ、3人で。行きましょう!」
小島「行きましょう!」
天山「よっしゃー! 見とけ、オラ! 物事が変わるのは一瞬やろ?」
小島「そうだ!」
天山「俺らが変えてやるわ!」
永田「誰かが言ってたな、そんなこと(笑)」
天山「OK! カモーン!」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る