7・4後楽園での「KING OF DDT」準決勝に向け佐々木大輔、竹下幸之介、火野裕士、樋口和貞の4強が気炎!竹下は「優勝して、8・21川崎のメインに立ちたい」とKO-D無差別級王座挑戦を視野に!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが6月21日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、DDT最強決定トーナメント「KING OF DDT 2021」ベスト4に残った佐々木大輔、竹下幸之介、火野裕士、樋口和貞が気炎を上げた。準決勝(佐々木VS竹下、火野VS樋口)、決勝は7月4日、東京・後楽園ホールで行われる。

 佐々木は「1回戦でUNIVERSAL王者(上野勇希)、2回戦でKO-D無差別級王者(秋山準)を撃破した私が最強であると、この時点で証明されている。あと2つ。勝つことは間違いない。まずは竹下。昨日、対戦が決まったときに、リング上で私が折られた肋骨が泣いていた(昨年11月22日、後楽園での竹下とのD王公式戦で負傷)。やっと復しゅうのときだよ。アイツを倒して、(賞金の)100万円で、この骨を治して・・・。コイツをぶっ倒して、決勝で火野の裕ちゃんに5秒くらいで負けてもらって、私が優勝します」と不敵に言い放った。

 竹下は「佐々木さんが自分が最強だと言ってましたけど、1回戦も2回戦も急所攻撃があっての勝ち。僕の急所は上野選手、秋山選手ほどヤワじゃないんで。基本的にはよけたりかわしたりできると思いますけど、一発、二発、殴ったり蹴られたりしたところで,僕は3カウント取られない。準決勝は佐々木大輔を倒して、決勝はどちらが上がってきても、真っ向勝負で優勝して、(8・21)川崎のメインに立ちたいと思います」とキッパリ。

 火野は「ハードなトーナメントですね。1回戦(坂口征夫戦)は落ちた気がするし、2回戦(HARASHIMA戦)はヒザが外れかけたんじゃないか。準決勝は、ええ顔してるね、この大きい選手。決勝は大ちゃん(佐々木)なら、ダムネーション的にはハッピーなんやけど。大ちゃんが上がってこれなかったら、(竹下は)急所鍛えてて急所攻撃効かないらしいから、もしかしたら大ちゃんが負けるかもしれん。もし彼が決勝に上がってきたら、ちゃんと肋骨折っといてあげる。そんな感じで優勝します」と優勝宣言。

 樋口は「準決勝まで上がって及ばずということが何回も続いてる。そういう状況を打破して、もう一歩先に進みたい。準決勝、高い壁ではありますけど、ここを超えなければ話にならない。全力で突破して。決勝のことは考えず、準決勝全力でぶつかって、結果見えてくるところがあると思う」とコメント。

 1回戦で1分、2回戦で4分と短時間決着が続いている佐々木は「とくにこだわってるわけじゃなく、私が最強過ぎて短時間で決着がついてしまってるだけだから。今回もそうなるでしょう」と余裕を見せた。

 肋骨を負傷させられたときのリベンジの話が出たが、竹下は「鍛えてない箇所はないんで。どこを狙われても、跳ね返すだけのフィジカルと、それにプラス、自信というメンタリティでも最高の状態だと思うので。何が来ても怖くないように、この試合に臨みたい」と発言。

 決勝に上がってくると想定している選手について、佐々木は「間違いなく,火野の裕ちゃん」と、竹下は「どっちが上がってきてもという心の持ちようなんで。去年の『KING OF DDT』3回戦で樋口に負けてるんでリベンジしたい気持ちがある。火野さんはたぶん今のプロレス界で一番の力持ちだと思うんで、力比べしてみたい気持ちもある」と、火野は「大ちゃんに上がってきてほしいけど、大ちゃんの必殺技である急所攻撃が効かないとなると、確実に竹下君が上がってくるね」と、樋口は「どちらが目の前にいてもという感じで、どちらが来てもぶつかっていくだけ」と話した。

 スーパーヘビー級の火野の印象に関して、樋口は「すごいなとの印象。力が強いですし、破壊力がハンパじゃない。それを乗り越えていかないと、先はない」と語った。

 火野が、かつて巻いていたKO-D無差別のベルトがだんだん見えてきたが、「あれ、重たいんですね。持ち運びが大変だった印象があります。あればあったで絵になって、かっこいいなと思えるけど、もし獲ったら会社に預けときます。持ち運びはしたくない。持って入場する姿、イメージしたらかっこいい。ベルトはほしい」と意欲。

 トーナメント優勝者は、夏のビッグマッチとなる富士通スタジアム川崎大会で行われるKO-D無差別級選手権において、挑戦者の最有力候補となることは必至。すでに竹下は、そこを明確に意識しているが、ほかの3選手は、そのことを問われると、佐々木は「(挑戦が)見えてから考えます。ベルトはベルトから寄ってくる。それに関しては何も考えていません」と述べた。火野は「流れに任せるというか。見てるお客さんたちが、『火野のベルト挑戦が見たい』だったら、もちろんやる。自分でこうしたいというのは、そこまで考えていない。お客さんがおもしろいこと、求めることをやっていきたい」と、樋口は「優勝したら必然的にそうなるということで。秋山準に挑戦して、KO-D戦線から、だいぶ後退してると思いますので、そこを見据えてるつもりです。今は『KING OF DDT』を一歩一歩上がっていくのが大事。目の前を大切にしていこうという気持ちです」と話した。

 竹下はトーナメント開幕にあたって、新技の変型チキンウイング・フェースロックを披露したが、「あの技はこのトーナメントのために開発したと言うより、昨年末、秋山選手に2回目負けた直後に開発したんです。3回目がいつあるか分からないけど、そのときが来たときのために。それにこだわってるというより、どれぐらいの攻撃力があるかを試し斬りしてる感じ。1回戦、2回戦、それでギブアップを取れて、攻撃力はその結果が証明してるんじゃないか。準決勝、決勝でも試すかもしれないし、試さないかもしれない」と語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る