【#プロレス今日は何の日】1997年4・12 新日本プロレス東京ドーム 橋本真也vs小川直也

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1997年4月12日 新日本プロレス 東京ドーム
橋本真也vs小川直也!

IWGPヘビー級チャンピオンvsバルセロナ五輪銀メダリスト!
運命の2人が運命のイタズラで初対決!
リング下にはもちろんアントニオ猪木!

1996年のアトランタ五輪を5位に終えた小川は、アントニオ猪木&佐山サトルが創設したUFOに入団しプロレス入り!
この日の新日本デビュー戦でいきなり東京ドーム!そして相手はIWGPヘビー級王者!小川にかけられたとんでもない期待がうかがえます。

「何が柔道王だコラァ!」と聞こえてきそうなヒザをズドっと喰らわしズドンと蹴っとばす!

どおりゃぁ〜!橋本の払腰!柔道王から1本だぁぁ!そら小川も焦るで!

The柔道の小川、橋本の右ローを蹴られたその左足で引っ掛けて倒す(左足で内掛けをやる感じです)と反撃のヒザ十字!
ロープ付近のため橋本はサッとエスケープするも、正直『こいつとんでもねえな!』『やっぱりトップアスリートだわ』と思い知らされました

次いで引き込みから腕がらみ!エスケープした橋本に長州もゲキを飛ばす!しかし視線の先はアントニオ猪木なのか!

爆蹴りと袈裟斬りてバカスカ追い込む橋本!

豪快なバックドロップでもう1本だ!
『プロレス舐めんなコラァ!』が確かに聞こえてきた!
柔道の1番にプロレスの1番がブチかます!

DDTに入ろうと首をフックする橋本!

そこ狙ってたな小川!

自らの体を伸ばしながらフックを外し、まさかまさかの返し技STO炸裂ですわ〜っ!

すかさず裸締めで決着ぅ!
は、橋本ぉ〜っ!

喜びを爆発させ猪木に報告する小川!やっぱりトップアスリート、そこは感謝を忘れない!
今見ると長州・健介の慌てようやまた橋本の表情から複雑な感情を想像します。

当初、橋本真也vsケン・シャムロックのIWGP王座戦が予定されていたものの、それが中止になったことで決定に至ったこの一戦。これが両雄の人生に大きな転機となった戦いとなりました。

その後も両者の因縁は続いていき、様々なエピソードを生み出します。
小川が「新日本プロレスのファンの皆様、目を覚ましてください!」と叫んだあの試合、『負けたら即引退!』というあんまりなコピーの試合で敗れ橋本が本当に引退してしまったあの試合、折り鶴兄弟、ZERO-ONEのリングで“OH砲”が生まれたあの試合、橋本の死後にPRIDEへ出場した小川の入場で『爆勝宣言』が流れたあの試合。
BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴」に出演した小川が「破壊王の大好きだったGクラス、破壊王の分まで乗ってあげないと」と語ったあの瞬間・・・。

この2人についての皆さんがそれぞれ思い出すことおありかと思います。両雄の人生の転機になった一戦今日は存分に振り返ってください!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る