プリプリ王者・辰巳リカが4・17後楽園での伊藤麻希とのV2戦に向けベルト死守を宣言

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが3月21日、東京・板橋グリーンホールで「スプリングツアー'21~The Bullet~」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の辰巳リカが4月17日の東京・後楽園ホールで行われる伊藤麻希との2度目の防衛戦に向け、王座死守を力強く宣言した。

 伊藤は3月7日(日本時間8日)、米フロリダ州ジャクソンビルで開催されたAEWのPPVマッチ「REVOLUTION」に電撃参戦して、米国、日本のファンをアッと驚かせた。帰国後の同18日、オンライン会見を行った伊藤は「AEWに参戦したけど、ここで満足できないし、まだまだ上にいきたい。それで東京女子で一番になりたいと思ったので。4月17日、後楽園大会、辰巳リカの持つベルトに挑戦させろ!」と挑戦表明。

 伊藤は2月21日、東京・成増アクトホール大会での「第1回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント」2回戦(辰巳、渡辺未詩組VS山下実優、伊藤組)で、変型伊藤スペシャルで辰巳からギブアップを奪っており、実績は十分で伊藤のチャレンジが決まった。

 挑戦者となる伊藤は帰国後、2週間の自主隔離期間で自宅待機中のため、3・21板橋大会を欠場したが、王者の辰巳は渡辺との白昼夢で同大会のメインイベントに登場し、山下、舞海魅星組と対戦した。

 両軍、一進一退の攻防が続いたが、10分過ぎ、舞海がミラマーレで腕を絞め上げ、串刺しラリアットを辰巳にたたき込むも、体勢を立て直した辰巳は渡辺との連係技・白昼夢エタニティを決めて山下を場外に排除。辰巳が舞海に串刺しヒップアタック連発を見舞うもカウントは2。舞海がラリアットで反撃するも、辰巳がヒップアタックを連発。トップロープに上った辰巳はミサイルヒップからドラゴンバックブリーカー、スリーパー、ドラゴンスリーパーとたたみかけ、最後は胴絞め式ドラゴンスリーパーで舞海からタップを奪った。

 辰巳は「完全勝利だ! 今日も調子がよかったですけど、4月17日、後楽園ホール大会、私の次のベルトの防衛戦の相手が決まりました。その相手はにっくき伊藤麻希のわけなんですけど、彼女は今海外に行って、Twitterも乗っ取りに遭って、話題をかっさらっているんですけど、待ってください! ここはどこなんですか? ここは東京でしょ? トーキョー・イン・ジャパン! 私たちは東京女子プロレスなわけなんですよ! だから後楽園で東京女子プロレスらしい、私と伊藤麻希の試合を世界中にアピールするから、皆さんどうか無理をせず、応援に来てください」とマイク。

 バックステージで辰巳は「伊藤麻希から熱烈なラブコールが来てしまったので、次の対戦相手はどうしようかなって考えていたんですけど、もう私は受けようと思って。タイトルマッチが決まったんですけど、ただでは終われないと思って。伊藤ちゃんも世界中に注目されているから、ここでチャンピオン辰巳リカを世界中にアピールできる大チャンスでもあるし、東京女子プロレスというものを世界中にアピールする特別ないい機会でもあるから。ベルトを守るのは大前提として、アピールを十分にしていきたいなって思っています」とキッパリ。

 2・21成増でのタッグ戦で伊藤にギブアップで敗れたことについて、辰巳は「されてません! ギブアップなど私はしていません。もう過去のことは振り返らないので。今の辰巳リカは誰にも負けません。もう重みが違いますから。大丈夫です」とコメント。

 さらに、辰巳は「伊藤ちゃんも『AEWに出たい』と言ってて、それを有言実行というか夢を叶えたわけだから、単純にすごいことだなって。でも、伊藤ちゃん、ちょっとチヤホヤされすぎて調子に乗って、丸くなってしまったと思うんですよ。私は一匹狼な伊藤ちゃんのとがっていた部分が好きだったので、今はちょっと丸くなっちゃってるから。そのとげとげしさを蘇らせたいなと思っています。とげとげして来いよ! 私も負けじといくから」と話した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る