15年ぶりにアジャコングやデビル雅美などが巻いた女子プロレスの至宝が復活!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、4・29『GAEAISM』大田区総合体育館大会にてAAAW王座を15年ぶりに復活させる事が発表された。

 長与千種が1995年に創設した女子プロレス団体『GAEA JAPAN』が、昨年旗揚げ日である4月15日に復活興行を行う事が発表されていたが、新型コロナウィルスの影響で延期に。
 それ以降は『Road to GAEAISM』と銘打たれた試合が長与千種の『Marvelous』や里村明衣子の『センダイガールズ』で行われていたが、ついに来月4月29日に復活を果たす。
 今回その復活興行『GAEAISM-Decade of quarter century-』に向けてGAEA JAPANの至宝ベルト『AAAW王座』の封印を解き、メインイベントにてこのベルトの全権利を賭けてセンダイガールズとマーベラスが対抗戦を行う事となった。

 ベルトに関して中島幸一郎GAEAISM 運営事務局長は「AAAWはオール・アジア・アスリート・ウィメンズの略称であり、1996年11月2日GAEA JAPANシンガポール大会でタイトルが創設されました。長与千種選手がAAAWヘビー級シングル、里村明衣子選手が加藤園子選手とのタッグでAAAWジュニアヘビー級タッグの初代王者となりました。2005年4月のGAEA JAPAN解散興行においてシングル・タッグの最終王者(シングル=アジャコング、タッグ=植松寿絵&輝優優)がタイトルを返上。そこから約15年が経過し、4月29日にAAAW王座を復活させる理由は3つあります。一つは、GAEA ISMという概念が両団体の若い選手にとっても、ファンの皆様にとっても、ベルトという目に見える形になるということ。一つは仙女とマーベラス、GAEAの血を受け継ぐ両団体の決着戦の舞台に、GAEA10年の歴史そのものであるAAAW王座をかけることで、このメインイベントがGAEAの過去と未来が融合する大会。まさにGAEA ISMを体現する試合となること。そして最後の一つとしてAAAW王座を未来に託す事で、4・29以降の女子プロ界に発展につながればという願いを込めております。私からは以上となります」と今回の経緯を語る。

 長与は「久々にこのベルトを見て感無量でございます。はっきり言ったらこのベルトは重すぎます。なぜならば、巻いた歴代の選手たち、すごい選手ばかりです。どこかの、例えばマーベラスがポンとどっかで作ってきたベルトとはわけが違います。ですから、死闘となることはもう覚悟させ、リングに上げていきたいと思います」と思いを語る。

 里村は「このベルトは私の青春そのものだったので、10代の時から20代半ばまでの全てをかけたベルトでした。ですが私はGAEA JAPANが解散した2005年から、15年間途切れること無くセンダイガールズで活動してきて、GAEA JAPANのGAEA ISMというものはもちろん持っていますし、それプラス自分の団体に里村明衣子イズムというものも付け足して若手に指導してきたつもりです。センダイガールズには現時点でベルトはあるので、勝利したあかつきには道場で神棚代わりに飾って、選手たちのプロ意識がそれで高まっていくんじゃないかなと思います。今までの全ての、GAIA JAPANの歴史までを勝ち取っていくつもりで闘わせます」と闘志を燃やした。

 当日の対戦カードは未定だが、タッグマッチないし6人タッグマッチなど複数選手参加での対抗戦となる予定。
 デビル雅美、アジャコング、北斗晶、豊田真奈美、ライオネス飛鳥などそうそうたる選手たちが巻いてきたAAAW王座の復活に期待が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る