【試合詳細】3・7 スターダム後楽園ホール大会 【アーティスト】中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカvs岩谷麻優&スターライト・キッド&飯田沙耶 林下詩美vs朱里vsビー・プレストリー ジュリアvsゴキゲンです☆

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Road to YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』
日程:2021年3月7日(日)
開始:11:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:502人(コロナ対策限定人数)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
[Donna Del Mondo]○ジュリア
3分3秒 バックドロップ→体固め
[STARS]●ゴキゲンです☆

▼シングルマッチ 30分1本勝負
[大江戸隊]○小波
5分21秒 バズソーキック→片エビ固め
●レディ・C

▼次期アーティスト王座挑戦イリミネーションマッチ
○[Queens Quest]渡辺桃/AZM/○上谷沙弥
1-0-0
●[大江戸隊]刀羅ナツコ/鹿島沙希/琉悪夏
●[Donna Del Mondo]舞華/ひめか/なつぽい

<1人目>
[Queens Quest]渡辺桃/○AZM/上谷沙弥
4分35秒 OTR
[大江戸隊]●刀羅ナツコ/鹿島沙希/ルアカ

<2人目>
[Donna Del Mondo]舞華/ひめか/○なつぽい
5分40秒 エンドレスワルツ
[大江戸隊]鹿島沙希/●琉悪夏

<3人目、4人目>
[Queens Quest]渡辺桃/AZM/○上谷沙弥
6分51秒 OTR
[Queens Quest]渡辺桃/●AZM/上谷沙弥
[Donna Del Mondo]舞華/ひめか/●なつぽい

<5人目>
[大江戸隊]○鹿島沙希
8分17秒 起死回生
[Donna Del Mondo]舞華/●ひめか

<6人目>
[大江戸隊]○鹿島沙希
9分10秒 起死回生
[Queens Quest]●渡辺桃/上谷沙弥

<7人目>
[大江戸隊]○鹿島沙希
9分41秒 起死回生
[Donna Del Mondo]●舞華

<8人目>
[Queens Quest]○上谷沙弥
11分22秒 スター・クラッシャー→片エビ固め
[大江戸隊]●鹿島沙希
※Queens Questがアーティスト王座挑戦権獲得

▼3WAYバトル 30分1本勝負
[大江戸隊]○ビー・プレストリー
11分6秒 クイーンズ・ランディング
[Queens Quest]●林下詩美
※もう1人は[Donna Del Mondo]朱里

▼アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者組/COSMIC ANGELS】○中野たむ/白川未奈/ウナギ・サヤカ
20分59秒 タイガー・スープレックス・ホールド
【挑戦者組/STARS】岩谷麻優/●スターライト・キッド/飯田沙耶
※第25代王者組が2度目の防衛に成功

たむ&白川&ウナギがSTARSとの因縁戦を制してアーティスト王座V2!赤の王者・詩美が次期挑戦者のビーに敗北!丸坊主になったジュリアが新コスチュームで登場!

第1試合


 先日の日本武道館大会で坊主になったジュリアが新コスチュームで登場。

 ゴキゲンが四方にアピールするのを見届けたジュリアがガットショット。ロープに振ろうとするが、耐えたゴキゲンの地獄突きを避けてダブル地獄突きをキャッチ。だがゴキゲンは足を踏みつけて動きを止める。
 ジュリアがロープに振るがうつ伏せになったジュリアを飛び越えて横に寝そべるとポーズを決める。ならばとジュリアは背中に乗りキャメルクラッチから髪を掴んで引っ張っていくが、ゴキゲンは逆にキャメルクラッチから髪を掴もうとするが掴む髪がなく「ナイデース!」とポーズを決める。
 ゴキゲンはジュリアの手を握ってコーナーに登りロープ渡りからリングに飛び込みアームホイップ。
 コーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、ジュリアは二度三度と足を伸ばしてカット。

 ジュリアはゴキゲンに近づき容赦ないビンタを叩き込み、顔面を蹴りつけロープに飛んでビッグブーツ。避けたゴキゲンがダブルの地獄突きからブレーンバスターを狙うが、ジュリアが逆にブレーンバスター。さらにヘッドバッドからバックドロップで叩きつけ、踏みつけフォール。これで3カウント。

ジュリア「ジュリアのことが好きで好きでたまらない諸君、なんか、ロッシーがなんか喋れって言うから(苦笑)まあ、色々なことが無くなっちゃったけど、まあこれから再起していくところを皆さん、どうか、見ててください。これからのジュリアから目を離すなよ。アリーヴェデルチ、またな」

<試合後コメント>

ジュリア
「日本武道館大会を終えて、この最初の試合。後楽園ホール。私は色々残してきましたけど、ここで一旦すっきりリセットされた気分です。第1試合からやり直してね。コスチュームもちょっと準備できてないですけど、髪も生やしてまた1個1個階段を登っていって、またメインイベントに立てるようにやり直します。これからもよろしくお願いします」

――今日は第1試合でしたが、これはあらゆる意味での出直しを見せるものでしょうか
「まあ、そうですね。でも今までのジュリアとは何も変わらないので」

――改めて、髪を切ってみて心境はいかがでしたか
「うーん、いや、悔しいっすよ。恥ずかしいし。なんかハゲ跡もいっぱい見つかったし(笑)みじめ、みじめですよ、自分が。また、ね。メインに立って、ベルト巻いて、皆さんの前で熱い試合が出来るようにがんばりますので」

――今日のコスチュームは仮のものということでしょうか
「そうですね。一旦、今まで着ていた黒いコスチュームを着てみたんですけど、ホントに似合わなくて。なので、自分の私物と、ミリタリーショップ行って買ったりして。でも、髪生えてきたらまた変わってくると思うんで。まあ、それも楽しみながらやっていきたいと思います」

――リング上でたむ選手も「これはこれでカッコいい」という言葉を残されていましたが、ご自身はどう思われますか
「うん、これはこれでいいんじゃないですか?みんながいいって思ってくれるんだったら。でもやっぱ、あまりにも今までとイメージが違うというか、キャラ変?しちゃってるんで。やっぱ入場する前とかす~ごい緊張しましたね。デビュー戦のときみたいな気持ちで」

――私生活で違いを感じることはありますか
「今までは、お風呂出て髪の毛乾かしてアイロンして、色々塗って……って大変だったんですけど、それが全部……。ドライヤーもいらないし、まあ、楽っちゃ楽ですよね」

――外でその姿を見せることに恥ずかしさはありますか
「帽子をずっと被ってます。あとさっき、控室入ったらみんなビックリしてました。『男性の人が入ってきた!』って思われたみたいです(笑)」

第2試合


 リストの取り合いから小波がヘッドロックで捕らえ首投げからサッカーボールキック。さらにPKも、避けたレディ・Cがスクールボーイからショルダータックル。
 ロープに飛ぶが小波がミドルキックで迎撃し、ロープに飛んでスライディングレッグラリアート。
 小波は首4の字で捕らえ、そのまま顔面をリングに叩きつけていくがレディ・Cはロープに足を伸ばしブレイク。

 レディ・Cはエルボー連打も小波は髪を掴んでリングに叩きつけると投げようとするが、レディ・Cが逆にボディスラム。フォールも2。

 小波はボディブローもレディ・Cがコーナーに振り串刺しビッグブーツ。さらにロープに飛んでビッグブーツからフォールも2。

 レディ・Cはチョークスラムを狙うが、耐えた小波が胴絞めスリーパー。だがレディ・Cはそのままコーナーに下がって潰すとビッグブーツ。避けた小波がスクールボーイから顔面に低空ドロップキック。フォールも2。

 小波はフェイスロックで捕らえるがレディ・Cはロープに足を伸ばしブレイク。

 小波はバックを取るも、耐えたレディ・Cがエルボーをガードして河津落とし。ロープに飛んでケンカキックからフォールも2。

 レディ・Cはロープに飛んでいくが、小波がスリーパーで捕らえるもレディ・Cはロープを掴みブレイク。

 小波はフィッシャーマンスープレックスホールドも2。

 小波はバズソーキックからフォールし3カウント。

第3試合


 先発は舞華と桃。ロックアップから桃がヘッドロックで捕らえるが、舞華が背中にエルボーを叩き込みリストの取り合いへ。ヘッドロックの応酬から桃が首投げで倒しサッカーボールキック。さらにPKも、避けた舞華がスクールボーイから、走り込んできた桃をショルダータックルで迎撃。ロープに飛ぶが、ナツコがエプロンから羽交い締めにし舞華とタッチ。

 桃に琉悪夏がコンプリートショットから鹿島がフットスタンプ。ナツコがセントーンを投下しフォールも2。
 ナツコは担いで桃を場外に投げ捨てようとするが、これは上谷とAZMがカットし場外乱闘へ。

 リングに戻ったAZMとなつぽいがハイスピードな攻防を見せるが、AZMがドロップキックからストンピング連打。
 AZMがなつぽいをコーナーに振るが、ナツコがなつぽいの背中にタッチしAZMにショルダータックル。
 琉悪夏とナツコがAZMにダブルのショルダータックルから次々セントーンを投下し琉悪夏のセントーンとナツコのギロチンドロップの同時投下。
 ナツコはAZMをコーナーに叩きつけて串刺し攻撃も、AZMが避けてQQでトレイン攻撃。
 AZMがコーナーに登りダイビングフットスタンプからフォールも2。
 AZMはコーナーに駆け上がるが、ナツコが突き飛ばしてエプロンに落とすと、ロープに飛んで走り込むが、AZMはロープをたるませるとナツコがそのまま場外に落下しOTR。ナツコ失格。

 琉悪夏が出てきてAZMにビッグブーツからフォールも2。
 琉悪夏はロープに飛んでクロスボディアタックからフォールも、ブリッジして抜けたAZMがロープに飛んで低空ドロップキック。

 QQでトリプルドロップキックからAZMがPK。フォールもなつぽいがドロップキックでカット。
 なつぽいは3回転ラ・マヒストラルで3カウント。琉悪夏失格。

 AZMがなつぽいにエルボーからロープに飛んで走り込むが、舞華がAZMを担ぎ、なつぽいがロープに飛んで走り込むが桃が担いで舞華と睨み合う。
 なつぽいとAZMは着地しそれぞれの相手にドロップキックから走り込むが、桃と舞華はロープをたるませエプロンに落とすと、ロープに飛んで走り込むが、AZMとなつぽいはそれぞれにロープを使ったスタナーで迎撃。
 エプロンでエルボーの打ち合いをするAZMとなつぽいだったが、AZMがガードし投げようとする。耐えたなつぽいがトラースキックも、キャッチしたAZMがスクールボーイを狙うが、上谷がリングから二人にドロップキックを叩き込むと二人は場外に落下しOTR。AZMとなつぽいは失格。

 上谷が走りこんで来たひめかにガットショットからロープに飛ぶが、ひめかはショルダータックルで迎撃し担ごうとするも、桃がカットし上谷とともにひめかをロープに振る。だがひめかはダブルラリアットでなぎ倒し、上谷にラリアット。避けた上谷がニールキックからフォールも2。
 上谷はロープに飛ぶが場外からナツコが足を掴んで引きずり落とし、鹿島がリングに上がりひめかにビッグブーツ。ロープに飛ぶが舞華がショルダータックルでカットし、ひめかがラリアットでなぎ倒す。


 ひめかはアルゼンチンで担ぐが、鹿島が起死回生で3カウント。ひめか失格。

 舞華が鹿島にストンピングからブレーンバスター。フォールも桃が蒼魔刀でカット。

 桃は鹿島にPKからフォールも2。
 桃はピーチサンライズを狙うが、耐えた鹿島が桃のハイキックも避けてコルバタ式の起死回生で3カウント。桃失格。

 舞華がロープに飛んで鹿島にラリアット。さらに投げようとするが鹿島が起死回生で3カウント。舞華失格。

 上谷が鹿島に低空ドロップキックから倒立ボディプレス。フォールも2。
 鹿島がロープに振るが、上谷はエプロンに降りてスワンダイブクロスボディアタック。上谷はノーザンライトスープレックスホールドも2。
 上谷は動かなくなった鹿島をフォールしようとするが鹿島は首固めも2。
 上谷は顔面にストンピングからスタークラッシャーで突き刺しフォール。これで3カウント。

<試合後コメント>

渡辺桃&AZM&上谷沙弥
上谷「ハイ!アーティスト、挑戦権!獲得しました!自分はアーティストに挑戦するの初めてなんですけど、初めてはやっぱりワクワクしますね。武道館が終わって、この3人、武道館では結果としては思うような結果ではなかったですが、会場で見ていた人、私達の勢い知ってますよね?必ずこの3人でアーティストのベルト、巻いてやります!」

第4試合


 ビーと詩美が睨み合うが、朱里がビーをドロップキックで場外に落とす。
 朱里と詩美はバックの取り合いから朱里がカニばさみで倒しヘッドロック。詩美がボディにエルボーからヘッドロックで絞り上げ、ロープに飛んでショルダータックル。再度ロープに飛ぶが、朱里はアームホイップからアームロックで捕らえ腕十字。これはビーがカット。

 ビーは朱里をコーナーに振り串刺しエルボー。詩美にも串刺しエルボーを狙うが、朱里がビーにスリーパー。詩美がそこへ走り込み二人まとめて串刺しエルボー。場外に降りたビーを詩美が追うが、セコンドの小波が詩美を、ナツコが朱里を攻撃し場外乱闘へ。

 リングに戻り、ビーが詩美に首投げから低空ドロップキック。フォールも2。
 詩美がエルボー連打もビーはエルボーを背中に叩き込みネックブリーカードロップ。フォールも朱里がカット。

 朱里はビーにストンピング連打からボディに膝蹴り。詩美とともにビーをロープに振ってダブルのショルダータックルで倒すと、詩美のエルボードロップと朱里のギロチンドロップの同時投下。

 詩美が朱里にガットショットから、朱里を前落としでビーに叩き込むが、朱里はそのままビーをフォールも詩美がカット。

 ビーは詩美にエルボー連打。さらにガットショットから延髄斬り。朱里がビーにビッグブーツからネックチャンスリーで投げ捨て、詩美が朱里にラリアットも、避けた朱里がジョン・ウーから串刺しニー。
 朱里は詩美にもネックチャンスリーからフォールも2。

 朱里はコーナーに登るが、ビーは延髄斬りで場外に落とし、詩美の後頭部にエルボーからロープに飛ぶが、詩美は避けてアルゼンチンで担ぎバックフリップ。詩美はコーナーに登るが朱里がエルボーからデッドリードライブで落とし、朱里がコーナーに登ると詩美の後頭部にダイビングコタロークラッシャーを投下しフォールもビーがカット。

 朱里はビーにミドルキック連打も、キャッチした詩美がドラゴンスクリュー。ビーはロープに飛ぶが、詩美が追走ラリアットを叩き込み場外に落とす。
 詩美はコーナーに登り朱里にミサイルキックからフォールも2。

 詩美は朱里にエアレイドクラッシュからフォールも2。
 詩美は担ごうとするが、朱里が切り返して胴締めスリーパー。そのまま十字固めも2。
 朱里はラ・マヒストラルもビーがカット。

 ビーは朱里にエルボー連打も、詩美がビーに投げ捨てジャーマン。朱里が詩美に投げ捨てジャーマン。
 朱里はロープに飛ぶが、ビーが追走エルボーからロープに飛ぶが、詩美がビーに追走エルボー。詩美が朱里に走り込むが朱里はハイキックで迎撃し、ビーが朱里へトラースキック。トリプルダウン。

 ビーと詩美がエルボーの打ち合い。ビーがエルボー連打からラリアットを巻き込んだ変形ブレーンバスター。フォールも朱里がカット。

 朱里がSTOからフォールも2。
 朱里とビーがエルボー合戦も、詩美がダブルラリアットを放つが二人は避けると朱里が詩美にジャンピングニー。だが詩美は朱里をラリアットでなぎ倒すも、ビーが詩美にジャーマンスープレックスホールドからレッグロックスープレックスホールドも2。
 ビーは詩美の後頭部に串刺しVトリガーからクイーンズランディング。これで3カウント。

ビー「詩美、私がこのベルトをもう一度巻く日も近いわ。モモ、モモ、モモショッパイ。でも、それを今日超えたわ。詩美がイチバンショッパイね!ベルトは返すわ、短い王者を楽しんで」
詩美「おいビー、私はしょっぱくない。そしてお前が強いこともよくわかってる。だからこそ今日私は勝たなくちゃいけなかった。でも、4月4日、横浜武道館、こうはいかないからな。私が、トップ外国人のお前に勝って、世界の林下詩美になってやるよ。そしたら、お前の唯一言える日本語のショッパイも、そこで封印させてやるよ」

<試合後コメント>

ビー・プレストリー
「私は以前赤いベルトのチャンピオンだった。そして今、2度目の赤いベルトを巻く機会が訪れた。詩美は私に絶対に勝つことが出来ない。横浜武道館では私が華麗に勝利することになる」

――今日の試合は3WAYマッチで、以前SWA王座を争った朱里選手とも対戦しました
「以前朱里は私を倒してSWAのベルトを巻いた。ただ、今日戦ってみて朱里は私を倒すことは出来ないと感じた。朱里との戦いはもう終わったこと。私は詩美を倒して赤いベルトを巻いてみせる」

第5試合


 先発はウナギとキッド。ウナギが走り込みエルボー連打からエルボー合戦。ウナギがエルボー連打からロープに振るが、キッドはラリアットを避けるとジャンピングフォアアーム。
 キッドはエルボー連打からロープに飛ぶと、ウナギのエルボーを避けてコルバタで投げ捨てる。キッドはドロップキックも、避けたウナギがショルダータックルで倒すがキッドはすぐに立ち上がり、ラリアットを避けて首投げもウナギはヘッドシザースで捕らえるがキッドは抜けて距離を取る。両者タッチ。

 白川と飯田がロックアップから飯田がロープに押し込みお互い体勢を切り返しあいながらコーナーへ。飯田がクリーンブレイクも、白川が走り込みショルダータックル。飯田がロープに飛んでショルダータックルも、お互いショルダータックルのぶつかり合いとなるが飯田が打ち勝つ。だが白川がすぐに立ち上がりショルダータックルで倒すと、たむとウナギが出てきてロープに振り、ダブルのショルダータックルからダブルのバックエルボー。白川がサッカーボールキックからウナギとたむのサッカーボールキックと白川の低空ドロップキックのサンドイッチ。フォールも岩谷がカット。
 白川がロープに飛ぶが、飯田がキャッチし力づくでボディスラム。飯田がストンピング連打からコーナーに叩きつけてキッドにタッチ。

 キッドはチョップから岩谷にタッチ。
 岩谷はレーザービームチョップから飯田にタッチ。
 飯田はダブルチョップから首投げで倒しスライディングバックエルボー。フォールも2。
 飯田はストンピングからコーナーに叩きつけキッドにタッチ。

 キッドは白川の顔面を蹴りつけ、ガットショット連発からボディスラム。フォールも2。
 キッドは白川をジャベで捕らえるがウナギがカット。
 キッドは白川にストンピング。白川が立ち上がるとエルボーを打ち込んでいくが、キッドは強烈なエルボーでふっ飛ばし、髪を掴んで引き起こすとコーナーに叩きつけ岩谷にタッチ。

 岩谷はネックロックから首投げで倒し、エプロンのたむとウナギを蹴りつけて場外に落とすと白川の背中にサッカーボールキック。フォールも2。
 岩谷はキャメルクラッチで捕らえるが白川はロープに足を伸ばしブレイク。
 岩谷はボディに乗りフットスタンプ。フォールも2。
 岩谷はロープに飛ぶが白川が低空ドロップキックで迎撃し、ロープに飛んでフライングクロスチョップ。白川はウナギにタッチ。

 ウナギは走り込んで開脚フェイスバスターからギロチンドロップ。フォールも2。
 ウナギはボディスラムから大ふへん固めでとらえるが飯田がカット。
 ウナギは飯田にガットショットから岩谷と同士討ちさせ、次々カカト落としから二人まとめてギロチンドロップ。フォールも2。
 ウナギはたむにタッチ。

 たむはハイキックも、避けた岩谷がハイキック。お互いミドルキックを避けるとエルボーの打ち合いからたむが髪を掴んでロープに押し込みエルボー。
 岩谷は髪を掴んでビンタからエルボー。さらにエルボーを打ち込んでいくが、たむはなかなか倒れず岩谷のエルボーは首から側頭部へと連打していく。膝をついたたむに岩谷は容赦なくエルボー連打も、動かなくなったたむを見てレフェリーが岩谷を止める。
 岩谷はロープに飛ぶが、たむはバックをとってバックドロップ。フォールも2。
 たむはコーナーに登るが、岩谷はチョップから正面に登り雪崩式フランケン。すぐに立ち上がったたむに岩谷はトラースキックからフォールも2。
 たむはミドルキック連打も、岩谷はキャッチしドラゴンスクリューからアンクルホールド。白川がローリングエルボーでカット。
 飯田が白川にダブルチョップ。ウナギが飯田にビッグブーツ。キッドがウナギにフェイスバスター。岩谷がロープにもたれかかるたむに低空ドロップキックからキッドにタッチ。

 キッドはたむに低空ドロップキックから投げようとするが、耐えたたむがソバットからロープに振って胴回し回転蹴り。避けたキッドがクリストを狙うが、これを止めたたむがリバースDDT。フォールも2。
 たむは投げようとするが、耐えたキッドがライトニングスパイラル。フォールも2。
 キッドはコーナーに登るが、白川がカットしウナギがデッドリードライブ。飯田が白川を、岩谷がウナギを蹴散らそうとするが、それぞれコーナーに振るもSTARSはコーナーに駆け上がりブーメランアタックで迎撃。さらにSTRASはコズミックエンジェルスにそれぞれ低空ドロップキックで場外に叩き落とし、キッドがコーナーからのプランチャ、岩谷がトペ・コンヒーロを発射。
 リングに戻り、たむを岩谷が担ぎ、飯田とキッドとともに合体フェイスバスター。
 キッドがたむにキッチャーマンもウナギがカット。
 キッドがたむにムーンサルトを投下するが、たむが避けて自爆させると、キッドに走り込むがキッドはカウンターのネックブリーカードロップ。
 飯田がたむにダブルチョップから岩谷がトラースキック。キッドがキッちゃんボムで叩きつけてフォールも白川がカット。
 キッドはたむの顔面を蹴りつけて倒すと、クリストからのタイガースープレックスを狙うが、ウナギが蹴りつけ白川がダイビング袈裟斬りチョップ。受けきったキッドがたむに走り込むが、たむは胴回し回転蹴りで迎撃。フォールも2。
 たむはタイガースープレックスの体勢も、キッドはロープに足をかけて耐えるが、たむは強引に中央に引きずると切り返したキッドがバックドロップも着地しロープに飛ぶ。だが白川が追走ラリアットからロープに飛ぶが、飯田が白川に追走ドロップキックから投げようとするが、耐えた白川がファイヤーマンズキャリーからストマックブリーカーで迎撃。
 たむがキッドのバックを取り、白川のフライングクロスチョップからのジャーマンスープレックスホールドも岩谷がカット。
 たむはエルボーからタイガースープレックスの体勢も、キッドがカサドーラで丸め込むがたむが切り返すもそのまま切り返したキッドはフォールも2。

 たむはキッドの後頭部にバイオレットシューティングからコズミックエンジェルズで同時カカト落とし。
 たむがキッドをタイガースープレックスホールドで叩きつけて3カウント。

たむ「皆さん!おまたせしました。待ってないって?そんなこと言わないで。コズミックエンジェルス、アーティストのベルト防衛しました!この、アーティストオブスターダム、絆のキラキラベルト、コズミックエンジェルスがこれからどんどんどんどんどんどん、防衛していきます。早くも、次の挑戦者が決まったみたいですよね?クイーンズクエスト?どこにいるの?(QQがリングへ)」
上谷「はい、今日、クイーンズクエストがアーティスト挑戦権を獲得しました。ということで、次は私達がこの3人でアーティストのベルトを巻きたいと思います。いつでもどこでもというわけではなく、次の後楽園大会で挑戦したいんだけど、どうかな?」
ウナギ「いいよ、やろう。ただ、いろんなベルト挑戦してるみたいだけど、これそんな簡単じゃないから。私達がチャンピオンなので、いろんな挑戦者をお待ちしております。3月26!・・・?・・・3月26後楽園でやりましょう」
(握手するがウナギが強烈に上谷の手を握り上谷がボディに膝蹴り)
ウナギ「次の防衛戦も決まったんですが、ここで、また一つ、偉い人、もう一つお願いがあります。次、私と、みなちゃんで、ゴッデスに挑戦したいと思います。7番勝負も終わりまして、武道館もオールスターランブルも優勝したので、ただいま天下無双の修羅モードに突入しておりますので、どんどん新しいものに挑戦していきたいと思います」
白川「ウナギね、今いい調子だよね。私も、この2ヶ月の間に、ニュータイプに覚醒しちゃったんで。どんどんどんどん、強くなっていきますよ。そして、ひめか、大好きなひめかが持ってるゴッデスのベルト、彼女から、剥がしたいと思います」
たむ「頼もしいですね。私も、白いベルトのチャンピオンになって、アーティストのベルトを3人でどんどんどんどん防衛して、ちゃんみなとウナギがゴッデスのベルトを持って帰ってくる。これから、コズミックエンジェルス旋風、巻き起こしていきましょう!皆さん、コズミックエンジェルス号に振り落とされないようにしっかりつかまっていてくださいね。私達もあなた達もデリシャス!ん~まっ!」

<試合後コメント>

中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカ
たむ「アーティスト・オブ・スターダム、2度目の防衛に成功しましたッ!」
白川「Yeah!」
ウナギ「2度目だぁ!」
たむ「まだ2度目なんだって」
白川「長いからね、もっと防衛してると思ってた」
ウナギ「V3?V2?」
たむ「V2!ちゃんみながいない間、守ってたよ!」
白川「ありがとう!ベルトちゃんがすごく寂しがってたから、今日は渡せなかった」
たむ「これからどんどんどんどん防衛して、最多防衛記録、今度こそは!必ず更新するって!」
白川「たむさんが持ってたんですよね、最多防衛記録」
たむ「そう!」
ウナギ「最多防衛記録、何回ですか?」
たむ「4回か5回」
ウナギ「じゃ6回!」
白川「多分4回です」
ウナギ「フォーエヴァ~!」
白川「5回、5回守れば……」
ウナギ「無限、無限にまもろ!無限に!(※指で∞マークを描きながら)」
たむ「これは絆のベルトなんでね。で、2人は……知らなかったんですけど!ゴッデスのベルト挑戦するって……」
白川「サプライズです」
ウナギ「さぷらぁ~いず!」
白川「Surprise...」
ウナギ「でも、ウナも勝手に言っちゃった。未奈ちゃんに打ち合わせしないで言っちゃった(笑)」
白川「だからさぁ、言ったじゃん。『やりたいことある』って」
ウナギ「あ!『一緒かも』ってそれかぁ!一緒だった!うれしぃ~!」
白川「やっぱ、トリオ持ってるから、シングルもあるし、タッグをCOSMIC ANGELSに持ち帰るって気分ですね」
たむ「なるほどぉ。じゃあ全員ベルト2本持ちになれるってことですね」
ウナギ「イエ~イ!」
白川「やば」
たむ「そしたらぁ?あの写真が撮れますね」(※ベルトでビキニのようなジェスチャー)
白川「撮れますねぇ」
ウナギ「楽しみですねぇ!」
白川「これだと幅が狭いから(胸が)隠れなかったんですよね、やったけど」
ウナギ「やめて(笑)」
白川「東スポさんでやったんですよ。隠れなかったです」
たむ「しっかりゴッデスのベルト、持って帰ってきてください!信じてます!そして3月26日にはQQと防衛戦が決まりました!こんなところでくじけてはいられないので、QQは強敵ですけど」
ウナギ「(※試合後のマイクの途中に)笑われた!ざわざわってした!絶対守りましょう」
たむ「絶対絶対3人で守っていきましょう」
ウナギ「ざわざわ~って!!ゆるさない!」
たむ「COSMIC ANGELS号に振り落とされないようにしっかり突いてきてくださいね!私達も、あなた達も!デリ~シャ~ス!ん~まっ♪」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る