【#プロレス今日は何の日】1982年3・7 ノースカロライナ チャボ・ゲレロvs大仁田厚

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1982年3月7日 ノースカロライナ
チャボ・ゲレロvs大仁田厚!

NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座戦!
若かりし頃の藤波辰爾や木村健悟も戴冠した王座であり、全日本プロレスには当時の王者であったチャボが持ち込んで定着。新日本と全日本の外人引き抜き合戦が過熱していたという時代背景があり、このベルトもその渦中にあった熱いベルトです。

今の姿からは信じられないかもしれませんが、若かりし頃の大仁田は「炎の稲妻」とも呼ばれ全日本ジュニアの期待の星であり、「新日本のタイガーマスク、全日本の大仁田」と並び称されるほどの人気選手!リングインでもロープ掴んでグンっと飛び越えたりしておりました!

さて、この試合入場テーマはなくそそそっと順番に入場!ゴングと同時にズバっとスライディング気味にチャボの足を取りに行く23歳の大仁田!軽快です!
このアメリカツアーは馬場・鶴田・天龍と短波で合流しサーキット。倉持アナ情報によると、タンパでは渕さんがカレーをふるまったそうな。

リングサイドで倉持アナと共に見守る馬場さん、倉持アナが「全日本のレスラーもアメリカではよく頑張っていて、カブキは一試合のギャラが1,000ドルと破格になったそうですね!」と発すると、「いや、破格ではないですけどまあまあの額ですよ」と馬場さん。
※ちなみに当時のレートは240円ぐらいのようです

この遠征中に「ネックジャンピング」なる技を自分で開発したという大仁田(これもまた倉持さんより)、ロープに振ったチャボにタタっと走って首を左手に首を引っかけてジャンプ!うん、ネックブリーカードロップそっくりだが引っかけてからジャンピングしてるってことね!でもこれ開始3分ぐらいで早速かましてしまう!

途中、テリーファンクもリングサイドにやってきて大仁田のセコンドに!これは心強いとばかりにスピニングトウホールドを見せる大仁田!
なお、反対側コーナー後ろにはジムクロケットjrが陣取っております。

さあ、ショルダースルーからサマーソルトドロップ、ロープワークに振ってヒップアタックで場外に大仁田を蹴散らすチャボ!ふらふらっと立ち上がった大仁田にチャボロケット発射!大仁田の胸部にガツンとかます!

エプロンに上がってきた大仁田を鉄柱付近にガツン!さらにエプロンで掴まえるとおお~きくブレーンバスター!カウント2で返す大仁田!追撃のチャボジャーマンもカウント2で返す!
大仁田ジャンピングエルボーパットで反撃!チャボに傷口をガツン殴られ返すもロープに振ってクロスボディ!

カウント2で返しエアプレンスピンに入るチャボ!チャボが二回転目に入ったその時、グっと体を起こして体をひねり肩車された体制を取る大仁田!そのまま前方へローリングクラッチホールドで逆転の3カウント!技アリ勝利で初戴冠!

「大仁田君、大仁田君おめでとう!」と駆け寄る倉持アナ!勝利者インタビューを受けた大仁田の第一声は「バンザ~イ!」放送席にいる馬場さんをみつけると「社長~、社長ぉ~」と泣きじゃくる!

そしてメキシコを経由してベルトを持ち帰った大仁田、11月にはチャボにトロフィーで滅多打ちにされちゃう!血だらけの左腕で叫ぶ大仁田、今思えばこの年に「涙」と「血だらけ」のカリスマ二大要素を取得してたんですね(笑)

チャボさん、今日も天国でハッスルしてるかな・・・

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る