なぜ武尊はRIZIN大晦日で那須川天心の前に現れ「来年実現させる」と意思表示できたのか?

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2020年12月31日・大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント『RIZIN.26』。セミファイナルでは“神童”那須川天心(22、TARGET/Cygames)と“最強のムエタイ戦士”クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(26、ペットジャルーンウィットジム)が対戦したが、試合が開始される直前にKー1の3階級制覇王者で現スーパーフェザー級王者の武尊(29、K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が会場に姿を表しこの試合を見守った。

 そもそもの天心vs武尊戦のスタートはRIZINが旗揚げされた5年前の2015年にまで遡る。当時のK-1で行われていた『K-1 WORLD GP~-65kg初代王座決定トーナメント~』において、“魔娑斗二世”HIROYAの弟でありKrush55kg級王者であった大雅と、Krush58kg級王者であった武尊の王者対決が実現。この試合で武尊が勝利し世間の注目を集めると、RISEバンタム級王者となった天心がK-1の会場に現れ「RIZIN大みそかで戦いましょう」とラブコール。これに榊原信行RIZIN実行委員長も「受け入れたい」と語ったが、結果的に天心の出場はなく、武尊は中国人ファイターヤン・ミンと大みそかに対戦した。

武尊は「K-1の世界チャンピオンは世界一強いと自負しているので必ず倒す。K-1で試合が組まれれば受けて立つ」と宣言していたが、その後天心は翌年にブシロードが旗揚げした格闘技イベント『KNOCK OUT』のプレ旗揚げ戦で衝撃のKO勝利を果たし世間の注目を集める。
ここでも当然天心vs武尊は熱望されるが、実現にはK-1に出場するための契約が立ちはだかることとなった。魔娑斗などが活躍していた『K-1』は谷川貞治氏が設立した『FEG』によって運営されていたが、現在はサイバーエージェントも出資している株式会社M-1スポーツメディアによって運営。現体制では選手との契約が他団体に出場できない“独占契約”となっており、昨年RIZINに出場を果たした皇治が「家買えるぐらいの違約金を払った」と言っていたのはこの契約を破棄するためのものだ。

 サイバーエージェントグループのCygamesがKNOCK OUTと天心のスポンサーとなり出資元グループはK-1と同じにはなったが、2016年も両者の対戦実現には至らず、RIZIN2016大みそかでは29日&31日の両日に天心がMMAルールで出場。29日にニキータ・サプンと戦いTKO勝利した天心は、2日後の31日にカウイカ・オリージョからトライアングルチョークで一本勝ちし対世間として大ブレイク。このあたりから天心は武尊に関して「今はそこまで意識していません。やるならRISEでもK-1でもなくRIZINのような中立のリングで」と語り始めるが、RIZINが単発興行ではなく定期興行を打つ形になっている事と前述した選手との独占契約により交渉は難航。榊原委員長も先日の大みそか大会終了後に「K-1から損害賠償のカタチで訴えられた事もあるんです」と当時を振り返っている。

 2017年にはフェザー級王者として武尊は確固たる人気を築き、ファンからも天心戦を望む声があがると高田延彦も一個人として「二人のスーパースター武尊VS天心は今しかない!こんなスーパーファイトをイタズラに時間を費やし大人の事情で見る側に絶望感を抱かせる大罪はあってはならぬと思う」とSNSで発言し期待が高まるが、実現には至らずに高田は「RIZIN統括本部長である私が、先日他団体であるK-1所属選手のマッチメークに関して軽率な発言を行ってしまいました。これによりK-1関係者の皆様と武尊選手にご迷惑をお掛けしたこと、またファンの皆さまに要らぬ期待感を煽ってしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。
武尊は同年9月の試合後に休養が発表され、天心はこの年の大みそかRIZINで行われた『RIZIN KICKワンナイトトーナメント』に出場すると浜本“キャット”雄大を真空飛び膝蹴りでKOし決勝進出。決勝も1分27秒で藤田大和から3ノックダウンを奪いKO勝利し、会場のファンから武尊戦への声が上がると「皆さんのこの歓声が答えだと思うんで、是非来年中にやりましょう!トーナメントでもワンマッチでも何でもいい。ファンが望むカードをやるのが格闘家。僕は格闘家として生きていくと決めたので、ファンに求められる試合をします」と宣言した。
 榊原委員長も「武尊戦は長く言われすぎたので、たとえ実現したとしてももう今日と同じ熱量は作れないと思う。場所はK-1さんがやりたいというならK-1で問題ありません。こちら側の準備は整っているので、あとはK-1さん次第」とコメントしていたが、2018年での実現には至らず。

 2018年12月には武尊が皇治相手にK-1スーパー・フェザー級王座を防衛し、試合後には「時期はわからないですけど、僕は必ず実現させようと思っているんで」と天心戦について言及。天心は9月に堀口恭司から判定勝ちをおさめ、大みそかRIZINでプロボクシングの“元世界5階級制覇王者”フロイド・メイウェザー・ジュニアとボクシングルールで対戦し3ノックダウンで試合は終了。この試合後から天心のボクシング転向が話題に上がるようになった。

 2019年9月、RISEで行われた58kg級トーナメントの決勝で志朗から勝利した天心は「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。僕は格闘技界を盛り上げるため、人生賭けて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないですし、やりたい未来がまだまだたくさんあります。皆さんの声に応えるのが選手たちだと思いませんか? WORLDシリーズのように強い選手を集めて戦うのが本当の興行なんじゃないですか?僕は逃げも隠れもしないです。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください。俺は待ってます」とアピールし、バックステージでも「お互いやりたいのに、やれないのはおかしい」とコメント。
 武尊も11月の村越優汰戦の会見において「天心選手から対戦したいというのを長年言われてきて、もちろん僕も試合やりたいですし、そのためにずっと動いています。その件に関してはずっとそうですしこれからもそうですがK-1の中の方たちとずっと話を進めていてこれからもそのことはK-1と進めていく」と言及し、SNSで公に名前を出す事も増えてきたが年内の実現には至らず。
この年の大みそかで天心は故・三浦春馬さんとともに入場した江幡塁から1RKO勝利を奪い、RIZINと同時刻に放送されている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!~絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』に出演していたことが発覚し「テレビ業界の掟とかがあんまり分からなかったんで、ちょっと色々ゴタゴタあったかもしれないです」と、例年とは違う大きな壁を越えた対抗戦を実現させた。

 そして2020年、3月22日のさいたまスーパーアリーナ大会で武尊はISKA世界王者アダム・ブアフフとのダブル王座戦が決まっていたが、世界が新型コロナウイルスの蔓延により一変し、ブアフフも来日することが不可能となり中止に。変更カードとしてペッダム・ペットギャットペットから2RKO勝利した武尊は「今こそこういう時だからこそ、みんなに団体とか関係なく、格闘技で世界中にパワーを与えていきたい」と涙を流しながらリング上でコメントを残しており、ついに2020年大みそかで天心の前に姿を表すことが実現した。

 RIZINの会場に現れた武尊はマイクを持ち、
「この試合は何年もファンの方たちだったり、格闘技ファンだったり、みんなが熱望してくれてて、その試合がなかなか実現できないことに僕自身もそうだし、悔しい気持ちがあった。それを変えるために、この熱望されてから5,6年ですかね?僕自身もずっとやりたかったし、天心選手も同じだと思うし、ホントに格闘技界がこれからもっともっと良くなっていって、大きくなっていくための試合にしなきゃいけないと思う。僕は片方を脱退して、片方の団体に行くっていうやり方では実現したくなくて。そうすることによって、片方は絶対落ちちゃうし、この試合をするにあたって誰かが落ちたり傷ついたりする試合にしてはいけないなと思って、ずっと……どうにかホントに格闘技界が1つになるような試合ができることを思ってずっと動いてきたつもりだったんで。それがちょっとずつちょっとずつ形になってきて、たくさん待たせてしまってますけど、ホント去年の時点で僕は自分でリミットを作って『来年1年で実現出来なかったら格闘家は引退します』って宣言して今年を迎えたんですけど、その中で、今年はコロナだったりいろんな状況が変わって、それを実現することが出来なくて、やっぱりファンの方だったり、応援してくれる方だったり、信じて付いてきてくれてる皆さんに、あとは同じK-1で闘ってるファイターたち、僕に憧れてK-1始めてくれた子たち、そういう子たちにちょっとでも希望を見せたかったし、今年最後の日ですけど、僕の意思表示と、来年に実現させるって決意を込めて、RIZINの会場に今回は来場させていただきました」
と、来場した経緯を語る。

続けて、
「僕の理想の試合の形は、RIZINでもK-1でもない中立なリングを作ってそこでやりたいと思ってます。やっぱり格闘家はみんな分かると思うんですけど『自分より強い』って言われてるやつがいることが許せないんですよ。だけど、この試合は同じ団体の普通の試合とは違って、言い出したらキリがないくらい本当に色んなことがそれを拒んでいるっていうか。それだけ大きい問題だったし。だけど、逆を言えばホントにこれだけ試合ができなかったことも、この格闘技界を1つにするための大事な期間だったなって思うし。僕自身もホントに天心選手がいてくれたからこそ、今でも現役やってると思ってるんで。そういう意味ではすごい感謝してます。ホントにリングで早く向かい合いたいなって思ってます。僕から一言。僕も天心選手の試合を見て『早く闘いたいな』って気持ちは強くなったし、天心選手にも僕の試合見に来てほしいなって思うんで、1月24日、K’FESTAで待ってます」
と天心へのメッセージを送った。

 これを受けて天心は、
「ほんとに何も決まってないんで。僕も次の試合が決まってますし、向こうも試合決まってるんで、お互いそれにしっかり勝たないとなっていうのはあります。まだその試合がある、無いとかわかんないんで、そこに左右されてもいけないなと思いますし『決まれば全然やるよ』っていうスタンスですね。(武尊選手と自分を)アニメに例えると、ナルトとサスケじゃないかな?悟空とベジータとかじゃないですか?(僕が)ナルトですし、悟空です」
と、まずは目の前に決まっている試合に集中すると宣言。

 榊原委員長はこの件に関して、
「誤解のないように言いますと、3月14日のRIZIN東京ドームで来場した武尊選手と天心選手がやるということではないです。現実的に今起きてることっていうと、K-1のトップの人たちと我々とで、武尊天心戦というものの実現に向けて話し合いにつく所までは来ています。これはどう転ぶかわからないですよ?ひとつのアクションとして武尊選手の思いがもう限界まで来てたってことなんじゃないですか?やっぱり一歩踏み出す勇気を持って今回彼がアクションを起こしたことが、その一歩が道となってですね、よく猪木さんが言われるように一歩を動かす力になるんじゃないかなと思います。これはK-1に内緒できたわけでもなく、K-1としてオフィシャルに、きちっと我々と向き合ってお話をした中で来てるということで、そういう意味では格闘技界にとっての一つの何か新しいアクションのキックオフに今日武尊が来るという事がなっていったらいいなとそう思ってます。ただ、1月の24日に武尊は試合がありますし、天心は2月の28日に志朗との試合もあります。まず当然それぞれのプロモーションの中でその試合をしっかり結果を出していったその先での話だと思いますので、実現できるとしてもオリンピック前ぐらいまではかかるんじゃないですかね。多分どれだけ早くても3月とか4月に実現するということはないと思うんです」
とコメントを残した。

 武尊は1月24日に国立代々木競技場第一体育館で行われる『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4~』において、レオナ・ペタスを相手にK-1スーパー・フェザー級王座の防衛戦が決まっている。
天心は2月28日に横浜アリーナで行われる『RISE ELDORADO 2021』において、昨年11月に開催された『那須川天心挑戦者決定トーナメント』で優勝した志朗との戦いが決定している。

 「もう時間がない」「蹴りが使える那須川天心は残り数試合」と発言している天心だが、武尊との試合を間に合わせることができるのか?この試合の実現に向けて格闘技界の今後に注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る