【#プロレス今日は何の日】2000年7・13 WAR後楽園ホール ハヤブサvs天龍源一郎

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

2000年7月13日 WAR 後楽園ホール
ハヤブサvs天龍源一郎!

ハヤブサは学生時代から盟友・ミスター雁之助とともに学生プロレスに励み、2人でFMWに入団。その超人的な身体能力から繰り出される空中技の数々は芸術と呼ぶに相応しい美しさを誇りました。僕なんかは第一回スーパーJカップの「飛びすぎるハヤブサ(飛距離があり過ぎ)」に完全に魅せられたクチです。
一方、天龍はプロレス界を渡り歩き様々なドリームマッチを実現。ジャイアント馬場&アントニオ猪木両名からのピンフォールや、大仁田厚との電流爆破デスマッチ、高田延彦と96年夏冬のシングルマッチなど数々の伝説を作って今度はハヤブサとは!
この日初対決となる“龍vs隼”大いに注目されました!

体格に勝る天龍が天龍チョップで激しく打ち込めば、ハヤブサは全体重を浴びせかけるトペ・コンヒーロで反撃!
しかし天龍も負けじと場外のハヤブサへ「俺も行くぜ」と両手で狙いを定めてから天龍ロケット発射!さらにグーパンチ(まあ私個人的にはゲンコツと呼んでるんですけども)や逆水平チョップで畳み掛ける!

重い打撃に対してハヤブサも上から落とす旋風脚!さらにファルコンアローからファイヤーバード・スプラッシュ!

しかし天龍はこれを返してみせると膝までキャンバスに着く重爆ラリアット!全身立ち昇る気合を入れ、決着は問答無用のパワーボム!

敗れこそしましたが、圧倒的な体格差、キャリアの差がありながら天龍の技全てを受けに受けたハヤブサに会場は大大歓声を贈ったのでした!
試合後のハヤブサの表情、すべてを出し切った感のある爽やかさと、嬉しさが入り混じったようなイイ笑顔なんですよ。

しかし、この戦いの翌年にハヤブサは試合中のアクシデントで頚椎を損傷し、長い長い欠場へ。約14年もの間リング復帰を諦めずにリハビリを続けて来ましたが、復帰が叶うことなく2016年3月3日にくも膜下出血によりお亡くなりになりました。

願わくば、願わくば戻ってきて欲しかったですね……。

しかし我々はハヤブサのファイトを忘れません!お楽しみはこれからだ!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る